181109.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

皆さま、蠍座新月のパワーウィッシュは無事、書かれましたでしょうか

いよいよ

ジュピターイヤーが華々しくスタート致しますね

 

今後、ラッキースター・木星が本拠地である射手座に滞在する一年とは、

まさに木星のエネルギーが最も生き生きと発揮されることにより、誰もが幸運にあずかれる大発展期

 

木星が位置する場所とは、宇宙の「追い風」が吹く方向。

よって、今後1年間には、世のトレンドが「射手座」の支配分野に向かって動いてゆくということ

 

それでは今一度、射手座が司る分野を見て参りましょう

 

●海外旅行、アウトドア、スポーツ

●マスコミ、出版、法曹関係

●大学院、国家資格、専門教育

●大陸、草原、アドベンチャー

●ヒップ、太もも

●ジーンズ、レザーブーツ、ターコイズ、十字架&馬蹄モチーフ、紫色、プルーン

 

また、射手座はこれまで木星が滞在していた蠍座とは違い、

「広く、浅く」「ナチュラル&ヘルシー」「ざっくばらん」「大らか」「楽観的」など、

蠍座の「狭く」「深く」掘り進める「内向的」なエネルギーから、

より「広く」「未知なる」世界へと「ジャンプアップ」「グレードアップ」してゆく、とても「外交的」で「オープン」なエネルギー・シフトとなります

 

とは言え―

来月12月6日まではまだまだ「蠍座月間」とあり、

蠍座が得意とする、

「興味ある物事に全力で集中すること」他、

「ソウルメイト」「保険・遺産・不労所得などの大きなお金」「不動産」「仕事や家業の引き継ぎ」などへは、

宇宙からの後押しが大いに期待できます

 

何より、ジュピターイヤーにおいても、蠍座木星期中に培った物事を土台として運勢が発展してゆくということですので、

これまでの1年間で積み上げてきた物事というのは本当に、人生における「財産」

宇宙は人の努力と情熱とを、決して裏切らないのですね

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝によるラッキーアクションを伝えして参ります

 

11月9日 3:59 月は蠍座から射手座へ移動

 

書籍には、

 

「旅行の予約をするなら今日」とありますが、

これはまさしく射手座を表すアドバイスですね。


射手座といえばやはり海外旅行といった感じですが、

なかなか海外にまで足を延ばせない皆さまもいらっしゃるかもしれません

 

そのような場合、例えば国内旅行でしたら、どのように過ごすorどのような場所を選べば、より射手座的になりますでしょうか

 

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『射手座は何より「未知なる世界」「冒険心」を追及することに喜びを見出すサイン

なので国内でも、「全く行ったことのない場所」や「初体験」を選べば、射手座のエネルギーを受け取れるわ

 

なのだそうです

 

なるほど◎

ちなみにですがこのMは、

ジュピターイヤーには毎月、未経験の外国料理を食べ歩こうと決めております

 

12年に1度の大幸運期であるジュピターイヤーには、

好奇心の赴くまま自由に世界を飛び回り、見聞を広めながら参りましょう