190920.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

9月20日より、お彼岸の時季となりますね

 

 

 「彼岸(ひがん)」とは、仏教用語で「彼方(かなた)の岸」を意味します

 

 河を隔てた「こちら側の岸」である「この世・現世」=「此岸(しがん)」に対する「あの世・死後の世界」であり、

 

すなわち、「悟りの境地に至ること」、および、「この世を卒業し、悟りに至った人々が暮らす場所」。

 

 

よって、そんな尊い人々ご先祖様のほか、

 

現世を生きるわたし達よりも先にこの世を卒業された身内やご縁ある方々をうやまい、偲(しの)ぶひとときとして、

 

お彼岸は、仏教を信仰する国々の中でも日本独自の行事として、春と秋の2回、それぞれ7日間、行われます

 

 

その2回の中心となる日が、ズバリ

 

「春分の日」&「秋分の日」。

 

彼岸の「中日(ちゅうにち)」と呼ばれるこれら両日には、昼夜の長さが等しくなること、また、太陽が真東から昇り真西に沈むことから、

 

「西の彼方」にあるというあの世と現世との繋がりがもっとも強くなる時とされ、

 

よって、「中日の夕日を拝むと功徳(くどく)を得られる」ともいわれています

 

 

また、彼岸のはじまりの日を「彼岸の入り」、終わりの日を「彼岸の明け」と言い、

 

今年2019年は、20日に彼岸入りし、26日に彼岸明けとなります

 

 

毎年、亡き祖父へのお墓参り、ならびに、

 

実家の菩提寺へとお参りした際にふるまわれる、春のぼた餅&秋のおはぎを楽しみにしているという、このMでございます

 

 

そして、我らがkeikoさんいわく、秋分の日とは、「変化を付け、次へと発展させる」タイミング

 

一年の起承転結に当たる春分・夏至・秋分・冬至には、改めて現状を見つめ直し、次に打つべき一手を考えること

 

まさしく、自分自身のいのちの原点に対して感謝の想いを向けるというお彼岸中には、特にふさわしい開運アクションですよね

 

 

何よりいちばんの功徳とは、「今この時を生きられていること」。

 

今を楽しみ、人生を謳歌し切ることこそ、わたし達が成し遂げるべき務めかと存じます

 

 

れでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるラッキー・アクションをお伝えして参ります

 

 

9月20日 5:58 月は牡牛座から双子座へ移動

 

 

ダイアリーには、

「ふたつ同時進行の方がうまくいきそう」とありますが、

 

これは、射手座と並ぶ「ダブルサイン」である双子座に根差したアドバイスです。

 

 

Q、とても器用なことで知られる双子座さんですが、

 

その逆に、双子座デーに気を付けたい事柄があれば、

 

keikoさん、どうぞ教えてください

 

 

『例えば、ふたつ同時進行の弱点を言えば、どっちつかずになる可能性もはらんでいること

なので、同時進行をする際には、かけるエネルギーのバランスを考えること。

Aに対して6割・Bには4割など、優先順位や重要項目は絞り、把握しておいてね

 

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

 

 

エネルギーバランスを考える

 

まさしく、お彼岸にピッタリなアドバイスですね

 

 

この時期には、次なる飛躍を見据え、行動しながら、

 

精神的な内観作業も実践してまいりましょう

190917.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

9月18日~22日は、二十四節気・白露(はくろ)の末候に当たる、

 

玄鳥去(つばめさる)」の時節となりますね

 

 

「玄(げん)」には「黒い」という意味があり、玄鳥(げんちょう)とは、ツバメの異称。

 

春先には人家や商店の軒先でかわいらしい子育て風景を見せてくれたツバメちゃん達が、越冬のために、南へと旅立つ頃

 

 

環境省が行った足環調査によれば、

 

日本で繁殖したツバメは、台湾・フィリピン・マレー半島などの東南アジア地域へと移動し、暖かな冬を過ごします

 

 

そんな越冬地では、秋~春先にかけて、日本や韓国・中国などから渡ってきたと思われるツバメたちが、夜な夜な、数万羽単位で電線に並んで眠る姿のほか、

 

ビルの壁の突き出た部分や、街路樹として植わっているヤシの木などをねぐらとしている姿が見受けられます

 

 

ツバメを目撃できるのは、たいていは夜間~朝方にかけての時間帯らしく、

 

日中は町周辺の山などにおり、夜が近付くにつれ、段々と群れをなし始めるのだとか。

 

そして、仲良く集団で眠った後、日の出前には飛び立ってゆく…の、繰り返しなのだそう

 

タイはバンコクのシーロム通りや、マレーシアのケニンガウなど、東南アジア諸国では越冬ツバメが訪れる名所が多数存在しているのだとか

 

 

なんとヤシの木×ツバメちゃん―

 

日本人からすれば、何とも不釣り合いと思える光景ですが、人生で一度は拝見したいものですね

 

 

また、東南アジアではなくとも、冬でも比較的温暖な九州地方においてもツバメは越冬することがわかっており、

 

よって、宮崎県や鹿児島県など、国内においても、越冬ツバメの名所は存在するのだそう

 

 

しかしながら、東南アジアの人々は、通常はツバメが子育てをする場面を見ることはないため、

 

ツバメちゃん達が過ごしている間のフンの害など、

 

もしかすれば、越冬期間中は、ただただ迷惑と感じておられるやもしれません

 

 

現に、バンコクのシーロム通りでは、

 

屋台の店員さんや呼び込みの方々をはじめ、付近住民の皆さま、および、多くの観光客が、

 

夜になるとどこからともなく集まってくるツバメの群れを警戒しながら、

 

頭の上に新聞紙や布をかぶりながら電線の下を駆け抜ける…という光景が、この越冬時期の風物詩なのだとか

 

 

ともあれ、日本での子育てor巣立ちを終え、数万キロ以上もの距離を、しかも“単独で”渡るという、ツバメちゃん。

 

 

その恐るべき飛翔能力と、越冬地を目指す際に発揮される方向感覚など、

 

あの愛らしい外見からは想像もつかない潜在能力には驚かされるばかりです

 

 

 れでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるラッキー・アクションをお伝えして参ります

 

 

9月17日 19:31 月は牡羊座から牡牛座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「スピードを緩めず、ひたすら前へ」とありますが、

 

これは、12星座のトップを担う牡羊座から2番手の牡牛座へと移行する際に心掛けたいスタンスです。

 

 

Q、この翌日には、ついに土星の逆行が終了となりますっ

 

このタイミングで行っておきたいラッキーアクションを、

 

keikoさん、どうぞ教えてください

 

 

 

『逆行終了と共に、12月3日より始まるTGC期に向け、土星がいよいよ本腰を入れ始めるタイミング

よって、今のうちから山羊座木星期に成し遂げたい目標を明確にしておくこと。

計画&事前準備は、山羊座を味方につける上で欠かせない条件よ

 

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

 

 

「不安定な部分の強化」に励むべき時であった、土星先生の逆行期間。

 

土星先生の叱咤激励に真摯に向き合われた皆さまには、先生&宇宙からの「ご褒美」が、必ずや、もたらされるはずです

楽しみですね

 

 

この時期には、試練から得た学びを振り返りながら、

 

次なるステップの構想も描いてまいりましょう

 

190915.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

9月16日は、敬老の日ですね

 

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日

 

 

2002年までは9月15日とされていたものが、ハッピーマンデー制度の実施により、

 

2003年以降は9月の第3月曜日へと変更されました。

 

 

ハッピーマンデー制度国民の祝日を、従来の日から月曜日へと移動させ、3連休とすることで、余暇を過ごすことを趣旨とする)

 

 

この敬老の日、発祥の地が、兵庫県は多可郡野間谷村(たかぐんのまだにむら/現・多可町八千代区)であること、ご存知でしょうか

 

 

事の発端は、1947年(昭和22年)9月15日。

当時の村長であった門脇 政夫(かどわきまさお)さん主催のもと、村を挙げた敬老会を開催。

 

55歳以上の住民を公会堂に招き、食事と余興(素人歌舞伎)でもてなしました

 

 

1947年とは、終戦してから2年ということもあり、まだまだ戦後の混乱期でもありました。

 

よって、村のお年寄りの中には子や身内を戦地へ送った方も多くおり、

 

門脇村長は、そんな親世代の人々の労に報い、貴重な知識や人生経験を次世代へと伝授してもらう場を設けたい―との思いがあったとのこと

 

 

初の敬老会を開催したその翌年の1948年、

 

こどもの日・成年の日が制定されたことを受け、2回目となる敬老会を開催した門脇村長は、県内市町村へと敬老の日・制定を働きかけました

 

その結果、

 

1950年、兵庫県が、「としよりの日」を制定。

 

1951年には、全国社会福祉協議会も、同じく9月15日を「としよりの日」と定め、

 

1966年、ついに敬老の日は、国民の祝日となりました

 

 

敬老の日・提唱者である門脇政夫村長ですが、なんと、初回の敬老会開催時には、わずか35歳という若さであり、

 

α、その年に初当選を果たされたばかりっ。

=村長デビューしたてであったとのこと

 

  

その後、門脇さんは県議会議員などを歴任され、2010年、98歳で亡くなられました。

 

 

『子供叱るな来た道だもの、年寄り笑うな行く道だもの』という言葉がありますように、

上記の門脇村長の思いや、敬老の日の趣旨に対し、異論がある人など、おりませんよね。

 

 

うやまい、慕(した)い、寄り添い、支え合う精神にて、

 

身近なお年寄り・人生の諸先輩と関わり、触れ合いを楽しんでゆきたいですね

 

 

れでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるラッキー・アクションをお伝えして参ります

 

 

9月15日 7:32 月は魚座から牡羊座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「守りたいのは、自分自身との約束」とありますが、

 

これは、12星座の「始まり」「自分らしさ」を意味する牡羊座的・アドバイスです。

 

 

Q、このほかにも、牡羊座デーに特に心掛けたい月星座占星術的・約束事を、

 

keikoさん、ピックアップして教えてください

 

 

『“自分オリジナル”を確立すること。

あれこれ考えるより、まずは“アクションを起こす”こと

牡羊座の直感力は、12星座随一。

牡羊座デーには、失敗さえも経験値を積めたと笑い飛ばせる程の思い切りとおおらかさが鍵よ

 

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

 

 

まずは何より、「塁に出る」

 

ダイナミック、かつ、シンプルである牡羊座的・行動力、とても憧れますっ。

 

 

この時期には、本能に従い、

 

頭よりも体を動かしてまいりましょう

 

 

 

↑このページのトップへ