181116.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

10月の7日より逆行に転じていた金星が、この11月16日、ようやく順行に戻りますね

 

・・・と、安心できるのも束の間

今度は翌日の17日・土曜日より、水星が、お馴染みであります逆行を開始いたします

 

水星の逆行は、約4カ月に1度・約2週間程度。

水星逆行時には、パソコンやスマートフォンなどの「通信機器」や、電車・バスなどの「交通機関」に関するトラブルなど、

どちらかと言えば“悪い影響”が出る期間として捉えられやすい傾向にあるかもしれませんね

 

しかしながら、我らがkeikoさん曰く、

水星逆行期間とは、パワーウィッシュの「見直し」「リライト」+「ムーンコラージュ」にふさわしい、この上ないひととき

 

なぜならば、水星が「文章」「言葉」を司ること。

そして、惑星の逆行=物事の「復習」「振り返り」を意味することから、まさにパワーウィッシュ文章を再チェックするにうってつけということ

 

タイミングよく順行に戻ってくれた金星ちゃんによる「素直な愛情表現」×水星クンの「コミュニケーション能力」によって、

まさに宇宙へと、意図する未来図を「再提出」=夢と希望の「念押し」「ダメ押し」作業、

強気で推し進めて参りましょう

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝によるラッキーアクションを伝えして参ります

 

11月16日 13:41 月は水瓶座から魚座へ移動

 

書籍には、

「見当違いだったら早々に手仕舞いを」とありますが、

これは、何か天空図的に表れているのでしょうか・・・。

それとも、「手放す」「断ち切る」役割を担う魚座的・アドバイスでしょうか

 

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『約40日間の金星逆行期間を終え、色々とわかってきたことも多いと思うの

ちょうど魚座は「清算」のタイミング真実を見極め、活かすことが大事

 

なのだそうです

 

な、なるほど

今こそ、魚座的・「赦す」「受け入れる」ことによって、前に進む時、なのですね―

 

この時期には、魚座が誇る「愛」「やさしさ」を、誰よりも自分自身へと注ぎながら、

理想とする未来図の刷新を図って参りましょう

181114.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

11月15日は七五三をお祝いする日でありますが、

占星術においても、とある重要な記念日でした

 

何とこの日は、天王星を発見した「ウィリアム・ハーシェル」の誕生日なのだそうです

 

ウィリアム・ハーシェルはドイツ生まれの音楽家(男性)でありながら、後にイギリスに渡り、数学や天文学の研究に没頭

自ら天体観測のための望遠鏡を開発・製作したほか、天王星以外にも赤外線放射を発見するなど、数々の偉業を成し遂げたことで知られています。

 

天王星と言えば―

今年5月に牡牛座入りし、「収入革命」を引き起こしたことでスッカリお馴染みですね

 

keikoさんも、「天空一の暴れん坊」「革命を引き起こす反逆児」などと謳ってやまない、

あのフランス革命やアメリカ独立戦争をも引き起こしたとされる、

何とも底知れぬエネルギーに満ち溢れた惑星でもありますね

 

keikoさん曰く、「時代を大きく切り替える」役割がある天王星は今後7年間に渡り、牡牛座の支配分野に大改革を巻き起こしてゆきます

 

「常識を覆す」「現状打破」が大得意な天王星の生みの親、ウィリアム・ハーシェルにはもちろん、

ちょっとした、“プチ・ハッピー・バースデーソング”を、

「サプライズ」が何より大好物な天王星クンに対しても、お届けしたいですね

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝によるラッキーアクションを伝えして参ります

 

11月14日 0:45 月は山羊座から水瓶座へ移動

 

書籍には、

 

「個人技よりチームワーク重視で」とありますが、

これはまさしく、「グループ」「横のつながり」を意味する水瓶座的・アドバイスです。

水瓶座といえば、ルーラーはあの「天王星」

天王星と言えばやはり「インターネット」なのですが、

 

ルーラーである天王星は逆行中、そして、この3日後には「水星」までもが逆行に転じます

やはり上記の2惑星逆行時には、インターネット操作における悪影響はあるのでしょうか

 

もしも何か注意点などがありましたら、

keikoさん、アドバイスをお願いいたします

 

『そうね◎特に水星逆行は2~3日前から影響が出始めるので、この日あたりから危ないわ

とにかくデータのバックアップを取っておくこと。

機械自体も故障しやすいので、あらかじめスペアを用意しておくのも手ね

 

なのだそうです

 

また、天王星逆行時におけるラッキーアクションといたしましては、

「物事の行き過ぎた側面を見直す」というものがありました

 

この時期には、水瓶座的・「広い視野」「クールな」目線にて、

客観的に状況判断をしながら参りましょう

181111.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

11月は、多くの神社さまでは七五三参りの時節となりますね

 

七五三参りを行う日付とは本来、11月の15日。

これは江戸時代、五代将軍・徳川綱吉が、ご子息・徳松の健康を願うお祝いをこの日に行ったことが由来とされています

この七五三、もともとは官中や公家の行事だったものが、江戸時代以降、武家や商家へと伝わり、

明治時代以降は広く庶民にまで普及しました

 

七五三のいわれは他にも、

旧暦の11月15日が「二十八宿(にじゅうはっしゅく)」という、中国より伝わった天文学&占星術においては「鬼宿日(きしゅくにち)」=「鬼が出歩かない日」に当たり、

婚礼以外は万事につけ最吉日であるということ。

また、旧暦11月が農作物の収穫を神に感謝する月であったことから、

その月の「満月」の日に当たる15日に氏神様へのご挨拶を兼ね、子どもの成長への祈念も併せて行うようになったのではという説もあるのだそう

 

昨今では、ご家族そろっての「写真撮影」の方に重きが置かれているというような節もございますが、

あくまでもそのおおもととは、お住まいの地域を守護して下さっている氏神様へと感謝を捧げる日であるということ。


何よりの節目、お子さまの健やかなる成長と、変わらぬますますのご加護を、

ご縁をいただけている神仏へ感謝の想いとともに、お祈り申し上げたいですね

 

それでは本日も、keikoさんの著書・「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2018」より、

keikoさん直伝によるハッピーアクションを伝えして参ります

 

11月11日 12:54 月は射手座から山羊座へ移動

 

書籍には、

 

「早起きして格式ある神社に参拝」とありますが、

これはまさしく山羊座を表すアドバイスです。

以前にも「写経」や「寄席」という山羊座的・開運アクションをお聞きしましたが、

来たるジュピターイヤーは「海外」との造詣が深い年となります

 

「和文化」と縁が深い山羊座ならではなジュピターイヤー活用術などがありましたら、

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『例えば旅先のホテルでは和食をいただくとか

プライベートな時間では書道にいそしむ、日本書紀を紐解く・・・なんていうのもGOOD

“歴史文化に触れる”ことは、射手座と山羊座に共通するラッキーアクションよ

 

なのだそうです

 

なるほど◎

 

“格式高い”山羊座と“ざっくばらん”な射手座、まるで共通点がないように感じておりましたが、

どちらも文化・教養を学び深めることに喜びを見出すサインでもありました

 

ジュピターイヤーにおいても、「伝統を尊ぶ」山羊座パワーにて、

和文化を守り継承しながら参りましょう

↑このページのトップへ