190419_満月.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

4月19日、20時13分、月は天秤座にて満月となります。

 

 

今年、実に、第2回目となる天秤座の満月

 

第1回目は、わずか一ヶ月前に、

しかも、あの「宇宙元旦」と同日に迎えたばかり

 

そんな第1回目は、天秤座の0度にて、第2回目は天秤座の29度という、

ハウスの端から端までを意味する度数にて繰り返されていること。

 

また、この2回の満月の間に迎えた牡羊座の新月においても、

「アセンダントが天秤座」&「新月の起こったハウスが第7ハウス(=天秤座のナチュラルハウス)」ということで、

 

宇宙はこれ程までに、天秤座のエネルギーを強調し続けております

 

 

keikoさんいわく、

 

ジュピターイヤーにおいては、天秤座の支配分野である「社交」「対人関係」「パートナーシップ」、中でも「男女関係」をよくよく意識すると良いとのこと

 

よって、「女性よりも男性とペアを組むor行動を共にする」こと、他にも、「見た目や立ち居振る舞いに磨きをかける」ことが、開運に繋がるとのこと

 

 

それと同様に、あらゆる物事に対して「バランスをとる」こともまた、重要な開運要素とのこと

 

仕事とプライベートのバランスをとる・属する人間関係において協調性を発揮するなど、

 

誰かや何かに固執することなく平等・同等に接し、扱い、取り組むこと

 

 

この日、月は天秤座の29度にあって、「仲間」「人脈」を意味する第11ハウスにイン。

 

「満月」×「29度」×「第11ハウス」ということで、天秤座の一番の特性である「社交」パワーは、もはや最高潮に

 

 

同じく、月は、「収入」「才能」を意味する第2ハウスにある射手座木星とセクスタイル(60度互いに上手く作用し合う度数)。

 

α、「運とチャンスの入り口」であるアセンダントは蠍座に

 

 

蠍座が「ソウルメイト」を意味することから、

 

これは、「ご縁ある人々と楽しく活動を展開してゆくことで、思わぬ収入源に結び付く」という、願ってもいない天空図

 

まさに、「棚ぼたイヤー」にふさわしい、「拡大」と「発展」の要素に溢れた空模様ですよね

 

 

しかしながら、ラッキースター・木星は逆行中とのことで、

 

いつも以上に、携わる人々&物事に対する、細部に渡るフォローと確認は必須とのこと

 

 

天秤座が最も重要視する、

 

「相手の立場に立つ」「フェアに」「Win-Winの関係」というスタンスを念頭に置きながら、

 

 

宇宙より降り注ぐ、今年最高潮に達する天秤座パワーを、余すことなく受け取って参りましょう

 

 

 

 

190419.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

つい先日には、ラッキスター・木星の逆行をお伝えしたばかりですが、

 

4月25日より、今度は冥王星までもが逆行に転じますね

 

 

冥王星と言えば、蠍座のルーラー(支配星)

 

そんな冥王星の別名とは、「天空の覇者」。

 

 

去年お世話になりました、「蠍座木星期」の支配分野そのままに、

 

「復活」「再生」「ソウルメイト」「不労所得」ほか、「死」「血液」「先祖」「セクシャリティー」などなど、

 

なかなかのテーマを扱う、凄味のある惑星ですよね

 

ハイ、我らがkeikoさんが、「オジジ」との愛称で親しんでおられることでもお馴染みでございます

 

 

冥王星は毎年一度、約5か月間に渡り、逆行します。

 

 

keikoさんいわく、冥王星の逆行時には、「自己改革」を促す行動を起こすことが有効とのこと

 

例えば、断食体験などの「体質改善」や、スピリチュアル系のリトリートに参加し「エネルギーのクリーンアップ」を意識するなど、

 

冥王星の象意である、「変容」「生まれ変わり」を体感できる物事に積極的に関わることが良いとのこと

 

 

他にも、特に今年・ジュピターイヤー中における開運アクションである「旅行」や、

 

射手座の支配分野でもある、乗馬やアーチェリーなどの洗練された「スポーツ」体験、

 

同様に、キャンプなどの「アウトドア」体験もオススメとのこと

 

 

そして、この5ヶ月と言う、わりと長きにおよぶ期間には是非とも、自身の「隠れた才能」を磨いておいてほしいとのこと

 

まだ世間へと披露していないアイデア、もしくは、あともう少しで形になりそうなスキルや能力などを見つめ直し、

 

今一度、新たなチャンスと自信に繋げるひとときを持つにふさわしいとのこと

 

この度の冥王星の逆行は、10月3日まで

 

どうしても、「外へ、外へ」と意識が向かいがちな射手座木星期ではありますが、

 

改めまして、自分自身の内側に広がる壮大な世界を旅して回ることも、

まさにジュピターイヤー中&木星逆行中における「宝探し」に値するかと存じます

 

 

冥王星が逆行を終えたその約2か月後の12月3日には、早くも木星が、次のサイン・山羊座へと移動をします

 

 

それまでに、なにとぞ、冥王星から投げかけられている課題に応えられますよう、

 

本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

 

keikoさん直伝による開運アドバイスをお伝えして参ります

 

4月19日 21:40 月は天秤座から蠍座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「好きを極めると、可能性が見えてくる」とありますが、

 

これはまさしく、「追及」「深堀り」を得意とする蠍座的・アドバイスです。

 

 

Q、この度の冥王星・逆行におきまして、

 

keikoさんが考える一番のラッキーアクションを、どうぞ教えてください

 

 

『今回は山羊座にて土星とコンジャンクションしながらの逆行なので、これはリバイバルがテーマ

以前取り組んでいたプロジェクト・関わりを持っていた人や物事などを振り返り、その関係性を復活させてみては

 

なのだそうですっ。

 

 

なるほど

 

「歴史」「伝統」「時」を支配する土星&山羊座。

 

そこへ冥王星が関わると、このようなテーマとなるのですね

 

 

一方で、「異文化」「未知の体験」を司る木星の逆行期間は8月11日まで

 

まったく対照的な2つの惑星の逆行が重なるこの期間、さてさて、わたし達は一体、自分自身の中の何をピックアップし、復活させてゆきましょうか

 

 

この時期には、自身の内面へと深く探求を続けながら、

 

魂の声に従い、過去へ、未来へと道を辿って参りましょう

 


190417.png


月は乙女座から天秤座へ

「メイクに華やかさを

 

こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

 

4月15日~19日は、二十四節気・「清明(せいめい)」の末候に当たる、「虹始見(にじはじめてあらわる)」ですね

 

 

冬の間には乾燥していた空気も、春が深まるにつれ、次第に潤いが増し、

 日が経つごとに、雨上がりには色の濃い虹が架かるようになります

 

 

この美しい自然現象である虹、なぜに「虫」へんなのかと申しますと、

 

古代中国においては、虹は、「大蛇(=龍)が空に現れたもの」だと信じられていたことに由来するのだそう

 

 

この「虫」という漢字の成り立ちとは、「蛇(へび)」がうごめく様子をかたどった象形文字なのだそうで、

 

よって、「虫」という言葉が指し示す元々の意味とは、マムシなどに代表される「毒蛇」の総称だったのだそう

 

 

そして、この虫という字、「蟲」という字の略字として使われ出したものが、段々と定着していったものなのだそう。

 

こちらの「蟲」とは本来、わたしたち人間を含めた、生きとし生けるすべての生物を指すのだそうで、

 

古代中国の五行思想では、この蟲も五つのグループである「五蟲」に分類されます

 

 

介蟲・・・「水」のエネルギーに属し、蟹や亀など、殻や甲羅を持つ生物のこと。

 

毛蟲・・・「金」のエネルギーに属し、犬や猫など、身体が毛で覆われた哺乳類のこと。

 

羽蟲・・・「火」のエネルギーに属し、鳥や昆虫など、羽を持つ生物全般のこと。

 

鱗蟲・・・「木」のエネルギーに属し、魚などの鱗をまとった生物全般のこと。

 

裸蟲・・・「土」のエネルギーに属し、甲羅も毛も羽も鱗も持たない生物のこと。

 

=カエルやミミズ、そしてなんと、わたしたち人間も、この裸蟲に属されます

 

 

上記、五蟲は、例えば実際は哺乳類であるコウモリも、翼を持つために「羽蟲」に当てられるのだそうで、

 

我々、体毛を持つ哺乳類である人間しかり、

 「見た目」や「姿・かたち」の方を重視した分類方法なのだそう

 

 

この考え方は、中国由来の漢方医学や本草学(ほんぞうがく)にも用いられており、

 

例えば、

 

「喉がイガイガと痛い時には、同じくイガイガとした風味の生姜を食す」

 

「背を伸ばしたい時には、同じく成長の速いタケノコを食す」

 

など、

 

まさしく、見た目や姿・かたち、雰囲気などの特徴から、そのものの持つエネルギーの特色を導き出し、その類似性や規則性などを応用する自然科学であります

 

 

その後、「蟲」という字は、その画数の多さから、段々と「虫」という字へと簡略化されてゆき、

 それと共に、元々の生物全般を指していた意味合いも薄れ、

 

やがては、今現在のように、主に昆虫類を指す言葉として変化してゆきました。

 

 

また、「虹」という字の右側の「工」は、物を曲げるために使われていた工具の形を表しており、

 

昔は上部が虹の様に半円形になっていたことから、虹の字に当てられたとのこと

 

 

ひとつひとつの自然現象にも、大いなる畏怖の念と創造力とをもって臨んでいた古代中国の人々。

 

「裸の虫」である我々人間は、現代においても、虹に特別な憧れと自然崇拝の想いがあることに変わりはありません

 

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

 

keikoさん直伝による開運アクションをお伝えして参ります

 

 

4月17日 20:22 月は乙女座から天秤座へ移動

 

 

ダイアリーには、

 

「アフター5、メイクに華やかさをプラスして」とありますが、

 

これはまさしく、「見た目」「ファッションセンス」を司る天秤座的・アドバイスです。

 

 

Q、ジュピターイヤーには、この天秤座の要素が特に重要になって参りますが、

 

今年一番取り入れるべき、天秤座的・開運アクションやスタンスを、

 keikoさん、今一度教えてください

 

 

『天秤座は、なんと言っても、社交

なので、関わる人々に対して、好印象を残すことを心掛けたいですね

 

人の好きキライを顔に出さない・苦手な人とも笑顔で接するなど、

全ての人と無理して付き合う必要はないけれど、最低限のマナーと誠意は示しておくこと

 

なのだそうですっ。

 

なるほど

 

 

12星座一の社交性を誇る、月星座・天秤座さん。

 

どんな人や場にも難なく馴染み、楽しく和やかなムードを生み出すその潜在能力は、

 まさに、不意に空に架かった虹の様に華やかです

 

 

この時期には、接する人々・自分自身共に心地の良いファッションやメイクを意識しながら、

 

対人運を理想的に盛り上げて参りましょう

 

 

 

↑このページのトップへ