190119.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

20日・日曜日には、早くも「大寒(だいかん)」を迎えますね

 

大寒とは、「寒さが最も厳しくなる」頃のこと。

大寒は、前回の節気である「小寒(しょうかん)」~次回の節気の「立春」までの約30日間を意味する「寒の内(かんのうち)」の期間のちょうど真ん中にあたり、

寒稽古など、全国的にも様々な「耐寒(たいかん)行事」が行われます

 

また、この時期には「寒仕込み」と呼ばれる、まさに寒気を利用して作られる食べ物を仕込むに適した頃とされており、

代表的なものではお味噌やお酒、寒天、凍り豆腐など、素朴な中にも深い滋味が感じられる食品が多いことが特徴となっております

 

お味噌にお酒寒天に凍り豆腐

大寒は大の苦手でも、これらの食品群に対しましては、自ら「ウェルカ~ム」と、両手を開げ出迎えてゆきたい程の親しみを感じる、このMなのですがっ。

 

特に、お味噌の「身体を芯から温める」陽性のエネルギーは、この大寒の時期、積極的に摂り入れたいものですよね

 

「和食」が世界でも大きく注目を集める一方、現代人における「日本食離れ」「お味噌汁離れ」もまた同時に叫ばれている昨今。

我が国の伝統そのものである自然調味料を心を込めて手作りしたり、良質なものを購入することで、心身&経済を元気に活気付けてゆけるのではと存じます

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝による開運アクションをお伝えして参ります

 

1月19日 12:44 月は双子座から蟹座へ移動

 

ダイアリーには、

「週末は、家族や仲間たちと近場の温泉へ」とありますが、

これはまさしく「身近な人間関係」を大切にする蟹座的アドバイスです。

ジュピターイヤーにおいては「新しい友人を作る」ことがラッキーアクションですが、

蟹座が支配する「身近な人々」との関係性は、例えばどのようにランクアップさせてゆけばよいのでしょうか

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『とにもかくにも、一緒に素晴らしい時を過ごすのがイチバン

ジュピターイヤーには、“プライベートで思いっきり遊ぶ”ことも重要な開運アクション。

自他の心の壁を取り払って枠を外し、くったくなく楽しんで

 

なのだそうですっ。

 

なるほど◎

また蟹座は、「自宅」や「手料理」にもご縁が深いサインでもありました

 

この時期には、身近な人達とのほっこり時間を確保しながら、

温かな食事にて寒さから心身を守りつつ参りましょう

190117.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

17日・木曜日は「冬土用(ふゆどよう)」の初日である「土用入り」の日ですね

 

土用とは、古代中国より伝わる陰陽五行説に基づく暦上の期間のことで、

四立(しりゅう)である立春・立夏・立秋・立冬前の約18日間のこと。

春夏秋冬をそれぞれ、木・火・金・水に当てはめたところへ、

各季節の終わりの18日間へは「土」をあてがい、季節の変わり目=「物事の調整期間」としました

 

土用と言えば、真夏の「土用の丑の日」がよく知られておりますが、

よって土用は年に4回あることになり、また、土用の最後の日を「土用明け」または「節分」と呼び、この「節分」の方も、実は年に4回あることになります

(よく知られているのが2月3日の立春前日の「豆まきをする日」である節分)

 

この度の「冬土用」は1月17日~来月2月3日まで。

この間には土の気が盛んになると言われ、穴掘りや家を建築する際の基礎工事など「土を動かす行為」は慎むべきとされているのだそうで、

現代でも建築現場の方々や神事の場では、このいわれにならった諸対策がとられているとのこと

 

古代中国の教えがここまで生活や暮らしに根差しているということ、本当に興味深いですよね

 

もっとも、土気の性質とは、種を土壌に蒔けばやがては発芽するように、「来たるべき大きな変化を促し保護する」役割があるとのこと。

まさに、「春が立つ」前の、静かなる「熟成期間」を表しているかのよう

 

寒さの方もまだまだこれから一段と厳しくなってゆく時ではありますが、

必ずや訪れてくれる春立つ日に向け、密やかに歩みを整えてゆきたいですね

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるハッピーアクションをお伝えして参ります

 

1月17日 10:00 月は牡牛座から双子座へ移動

 

ダイアリーには、

「簡単にできることから、サクサクと」とありますが、

これはまさしく「フットワークの良さ」を表す双子座的アドバイスです。

 

前回には、月が双子座にある時には「人に会う・本を読むなどで情報を集める」とアドバイスをいただきましたが、

改めまして、ジュピターイヤー中における双子座デーの開運アクションを、

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『ジュピターイヤーには、とにかく友人を増やすこれまでとは違ったタイプの人とお近づきになること。

中でもベストなのは、外国人と仲良くなること

より多くの人とコミュニケーションをとり多くの情報を得ることが、双子座デーのテーマよ

 

なのだそうですっ。

 

なるほど◎

双子座で集めた情報を、射手座が拡大・発展させる―。

この流れこそ、双子座×射手座の「情報軸コンビ」の最大の強みなのでした

 

この時期には、体調および環境面を整えつつ、

周囲に集まり、育ちゆくご縁へと心を開きながら参りましょう

190115.png


こんにちは

keiko的Lunalogy運営スタッフのMです

 

15日・火曜日は、全国的に「どんど焼き神事」の日として知られていますね

どんど焼きとは、「小正月(こしょうがつ)」である1月15日に、お正月飾りや書初めで書いた書などを燃やす火祭り行事のこと。

そのいわれには諸説あり、「元日にお迎えした歳神様を火に乗せて天にお返しする行為」とも、

「小正月に吉書(吉日を選んで用意される儀礼的文書)を焼いていた平安時代の宮中行事が由来」とも言われています

 

この「どんど」という呼び名にも地域差があり、

「どんと」「どんどん」「どんだら」「どんどろ」などとレパートリーも多く、

ほぼほぼ全国的に実施が確認されている日本の伝統行事のひとつなのだとか

 

燃やせるものも、前年に購入したお守りや、神棚にお入れしていた神札、中には“クリスマスリース”までもOKとする神社様もあれば、

自治体や子ども会が主催となり焼き餅や焼き芋・焼きみかんがふるまわれたりなど、地域が一丸となって実施されておられるところも多くあるのだそう

 

小正月は別名・「女正月」とも呼ばれ、

松の内の間に忙しく立ち働いていた女性をねぎらう意味が込められているのだとか。

街に漂うお正月ムードも、ようやくここらでひと段落…といったところでしょうか

 

我らがkeikoさん曰く、キャンドルなどの火のパワーは、「悪い気を強力に焼き払う」作用があるとのこと。

また、どんど焼き神事などで火の回りにご縁ある地域の皆さまと集まられることは心理的にも温かな連帯感を感じられ、より良い相乗効果が生まれそうです

 

今の時期とはちょうど「山羊座月間」でもあり、神社様や歴史文化に携われることが開運となる頃。

読者の皆さま方におかれましても、是非とも、氏神様やご縁ある神社・仏閣を訪れられてみてはいかがでしょうか

 

それでは本日も、「keiko的Lunalogy月星座ダイアリー2019」より、

keikoさん直伝によるハッピーアクションをお伝えして参ります

 

1月15日 3:31 月は牡羊座から牡牛座へ移動

 

ダイアリーには、

「ラグジュアリーな香りひとつで心満たされる」とありますが、

これは「五感」から得られる感覚に特に敏感な牡牛座を表すアドバイスです。

 

「香り」はジュピターイヤーにおける重要な開運要素ですが、

改めまして、ジュピターイヤー中に特にオススメな香りなどはありますでしょうか

keikoさんが実際に開発されていたような、グリーン系かつワイルドな野性味あふれる香りなどがラッキーなのでしょうか…。

 

keikoさん、どうぞ教えてください

 

『その通りずばり、“グリーンノート系”よ

牡牛座も射手座も大自然と縁の深いサインなので、セクシーさや女っぽさは不要。

爽やか&ナチュラルテイストが良いわね

 

なのだそうですっ。

 

なるほど◎

先ほどからはもう、既にどんど焼きのパチパチと火の粉が弾ける音とともに、

香ばしい焼き芋の香りに心奪われつつある、このMなのですが

 

この時期には、心癒される香りに包まれながら、

心身のコンディションをバージョンアップさせながら参りましょう

↑このページのトップへ