_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3238.JPG
週間に卵を3~4個食べる人や、食事から1日当たり300ミリグラムのコレステロールを摂取する人は、
そうでない人に比べて心疾患や早死にのリスクが高い――。
そんな調査結果がこのほど医学誌JAMAに発表された。

論文を執筆した米ノースウエスタン大学のビクター・ゾン氏によると、卵の黄身は特にコレステロール値が高く、
卵1個には大きなもので約186ミリグラムのコレステロールが含まれる。

研究チームは、2万9000人あまりについて平均で17年半にわたって追跡調査した米国内の、
6研究グループのデータを詳しく調べた。

その結果、心血管系の疾患を発症していたのは計5400人で、うち1302人は脳卒中(死者を含む)、
1897人は心不全(同)を発症し、113人はそのほかの心疾患のため死亡していた。

それ以外の原因で死亡した患者は6132人だった。

今回の調査では、食事からのコレステロール摂取が1日当たり300ミリグラム増えると、
心疾患に関連したリスクは3.2%高まり、早死にする可能性は4.4%増えるという結果が出た。

卵は1日当たりの消費量が半個増えるごとに、心血管系疾患のリスクは1.1%上昇し、
早死にリスクは1.9%上昇するとしている。

この結果は、過去の研究と矛盾する部分もある。

その理由として、過去の研究では、卵の消費と他の不健康な行動(運動不足や喫煙、不健康な食生活など)
との関係を考慮していなかった可能性が考えられる。

加えて、コレステロールの多い食品は一般的に、飽和脂肪や動物性たんぱく質も多く含まれる。

一方、今回の研究では、そうした要因も包括的に評価したとゾン氏らは述べている。

今回の研究にはかかわっていないコロラド大学医学校のロバート・エッケル氏は、
医師にとっても患者にとっても、このテーマは重要だと指摘する。

同氏によると、卵の消費や食事からのコレステロール摂取と、心血管系疾患との関係は
長年の論議の的になっているが、最近の研究では重要性は薄いと考えられていた。

しかし今回の研究は従来の研究に比べてはるかに包括性が高いとエッケル氏は指摘、
「心臓にいい食生活に対し、卵の消費やコレステロール摂取が及ぼす悪影響を考えると、
コレステロールの多い食品の摂取を制限することの重要性を見過ごすことはできない」と解説している。

卵の消費やコレステロール摂取が及ぼす悪影響を考えると、予防医学のニュートリの中でも、
「コレスパート」(テアフラビン)は、本当にありがたいサプリです!

茶葉抽出ポリフェノール、テアフラビンとカテキンが、コレステロール過多の現代人の食生活を
健康的にサポートします。
お肉や揚げ物をよく食べる方、外食の多い方には、「コレスパート」(テアフラビン)は、絶対おすすめです。