どうも恋の大賞典です。

「90年代V系コンピを作ろう!」の4日目です。ディスク1を昨日紹介し終えました。

今日からはディスク2のA面ということで、
1曲目から7曲までを紹介します。

早速行ってみましょう。

1. ENDLESS LOVE/D-SHADE
ディスク2のオープニング曲はD-SHADEの「ENDLESS LOVE」にしました。歌いだしから始まるかつ、とても疾走感あるナンバーでアルバムの1曲目にはもってこいっていう感じですね。

D-SHADEはサブスクになく、サブスクでも聴きたいアーティストの一組ですね。ですが、公式のPVはYouTubeにアップされています。

ただ、D-SHADEというチャンネルは存在しなく、元メンバーのYUJIさんのチャンネルにアップされています。自身が所属したバンドのPVを公式で上げているので本当にありがたいです。

また、同チャンネルではYUJIさんの叩く「ENDLESS LOVE」もアップされているので、気になる方は是非。

2. 火の鳥/FANATIC◇CRISIS

2曲目はFANATIC◇CRISISの「火の鳥」です。今年からメンバーは3人編成となりましたが、名前を「FANTASTIC◇CIRCUS」と変更しています。

そして、公式のYouTubeには「火の鳥」の2022年再録版のPVが上がっています。

FANATIC◇CRISISは結構石月さんのクセのあるノビた低音ボイスが特徴的ですが、再録版バンド在籍時に比べハイトーンになっています。

普通年齢を重ねるとハイトーンが出にくくなって、キーを下げての再録はよく見ますが、その逆パターンですね。オリジナル版と聴き比べてみるとまた新しい発見がありそうですね。

3. 未来航路/La'cryma Christi

3曲目はLa'cryma Christiの「未来航路」です。この曲はLa'cryma Christiを代表する楽曲ですね。このコンピを作るにあたり、「With-you」とどっちにしようか迷っていました。

どっちもとても強い人気を誇りますよね。そして、両曲ともに収録されているアルバム「Lhasa」は90年代ヴィジュアル系ではかなりの名盤だと個人的に思います。

結局、なぜ「未来航路」にしたかというと、この曲がバンド最大の売上曲という理由からです。個人的にはどっちも好きなので、どっちも入れたかったですが。

4. ヴェル・エール〜空白の瞬間の中で〜/MALICE MIZER

4曲目はMALICE MIZERの「ヴェル・エール〜空白の瞬間の中で〜」です。この曲はMALICE MIZERのメジャーデビュー・シングルです。

究極のヴィジュアル系と言われたMALICE MIZER。そのデビューもまさに究極と言えます。まず、PVはフランスで撮影。メジャーデビューから海外でのPV撮影となると予算が凄そうですよね。(このPVを公式であげてほしい)

そして、初回限定盤ではCDの他にそのPVのついたビデオとブックレットがセットになっています。大々的にMALICE MIZERを売り出していこうと並々ならぬ力の入れようです。

MALICE MIZERの楽曲は一つ一つ世界観が作り込まれているのがこのバンドの唯一無二さですよね。ちなみにこのゴールデンボンバーの「欲望の歌」のPVではこのPVのオマージュが多々見受けられます。

5. ゆらめき/DIR EN GREY
5曲目はDIR EN GREYの「ゆらめき」です。DIR EN GREYのメジャーデビューシングルは3作同時発売とかなり異例なもので、「ゆらめき」はそのうちの一曲です。

他には、「アクロの丘」、「残-ZAN-」があります。

今回は聴きやすさを優先に「ゆらめき」を選びました。「アクロの丘」は8分を超える大作ですし、「残-ZAN-」はMステである意味伝説となったパフォーマンスで有名ですし、「The Cage」や「予感」とも迷いました。

90年代のDIR EN GREYのシングルはこの5作しかないのですが、この5曲ともコンピに収録したいぐらいでした。

6. 白い闇/ROUAGE

6曲目はROUAGEの「白い闇」です。美しく静かな歌いだしから、スピード溢れる疾走感が心地よい楽曲です。

ROUAGEはいわゆる「名古屋系」を牽引してきたバンドの一つです。黒を基調とした衣装、ダークで退廃的な世界観など、他のバンドとは異彩を放っています。

個人的なイメージですが、ROUAGEはかなりミステリアスなイメージがあります。ヴィジュアル面もそうですが、「昇るブタ」、「エゴノカタマリカタマリノエゴ」、「皮膚の下で逢いましょう」など、かなり独特なタイトルの曲が多いです。

また、解散以降サブスクや公式でPVが見られないなど、ROUAGEが沈黙してるのもなんだかミステリアスさを感じてしまいます。

7. Sink/Plastic Tree

7曲目はPlastic Treeの「Sink」です。この曲はアニメ「金田一少年の事件簿」のEDでタイアップがつきました。また、初期のPlastic Treeを代表する曲ですね。ロックですが、胸を締め付けるような切なさがあってとても味があります。

この曲のみならず、「金田一少年の事件簿」はヴィジュアル系のアーティストをしばしばタイアップしてました。Laputaの「meet again」、CASCADEの「コングラッチェ」、PENICILLINの「ウルトライダー」もそうですね。

他のヴィジュアル系の有名な曲でも、アニメのタイアップがついて、そのアニメを見てそのアーティストを好きになったっていうのもありますよね。

今回はここまでにしておきます。明日はこの企画の最終日です。最後までお読みいただきありがとうございました。明日も読んでいただけると幸いです。