どうも恋の大賞典です。

9月1日からブログを始め、なんやかんや毎日投稿していたら9月も最終日になっていました。

なんやかんや1ヶ月ブログを続けられていることに我ながらびっくりしています。軽い気持ちで始めたので、三日坊主になりそうな気がしましたが。

そして、まだまだブログのネタのアイデアはストックとして溜めてるので、当分はネタに困らなそうです。

前置きはここまでにしておいて、今回は「CD大解剖」シリーズの第2弾です。

今回はSEX MACHINEGUNSの「大漁」を取り扱います。ここ最近はブログのネタがSEX MACHINEGUNSになってますが、単にたまたまです。

そんなこんなで早速行ってみましょう。


この「大漁」という作品はオリコンチャートではシングル扱いされてますが、「大漁」という表題曲は収録されていません。

4曲入りで全て新曲です。ライブでは開催地によってご当地歌詞になる「German Power」やSEX MACHINEGUNSにしては珍しいポップなバラードナンバー「洗濯してね」はこのシングルに収録曲されてます。

シングルというよりかはミニアルバムやEPに近い感じですね。

ジャケットはとてもインパクトありますよね。大きい魚をあしらった何かが映ってます。後にこれが何なのかは説明しますが。

ロゴやタイトルがジャケットに書いていないのが、余計にそのインパクトを際立たてます。

帯の方を見ていきましょう。


キャッチコピーにも「マキシじゃない。アルバムじゃない。全部新曲。じゃあなんだ?」とキャッチコピーなのに、自身の作品に問いかけてます。

コンサート・ツアーの名前も「VIKING!〜焼肉ナメ放題!! ソーメン流し放題!!〜」とかなりクセの強い名前ですね。

そして、気になるのは「初回超限定 ヒゲシール入り」と記載されてる箇所です。

ヒゲシールっていうのも気になりますが、初回限定ではなく、初回超限定とわざわざ間に「超」って入れているのも気になります。

では、その初回超限定の「ヒゲシール」とはどんなものか、気になりますよね。

それがこれです。


なんだこれ。
というか、いらねー。

何というか、SEX MACHINEGUNSらしいというか、多分使い所がとてつもなく難しいですね。

というか、収録されてる楽曲にもタイトルにも全く関係ないです。

なぜこれをシールにしようと思ったのか、そしてCDの特典しようとしたのかさっぱり分かりません。

しかも、妙にリアルなイラストなのがシュールですね。青ひげの感じとか。



ちなみにですが、歌詞カードのクレジットを見ると、「Thanks, momo at Lake YAMANAKA」と記載されてます。

ここから、Google先生で「山中湖 momo」と調べると、「山中湖マリンハウスmomo」という施設がヒットします。


そして、この施設にあるワカサギを模した遊覧船が恐らくこのジャケットに写ってる魚の正体だと思われます。

山中湖行ってみたいなあ。
遊覧船乗ってみたいなあ。
ワカサギ釣りしてみたいなあ。

なんだか、一枚のCDからこんなにも旅したいと思う気持ちになるとは意外でした。

今回はここまでにしておきます。最後までお読みいただきありがとうございました。