月別アーカイブ / 2022年10月

どっちも恋の大賞典です。

今ではなかなか店頭では置いてない8cmシングル。

8cmシングルは短冊形のケースが特徴的ですが、下の格子状になってる部分は折ることができるんですよね。


↑この格子状になってる部分です。

なかなか収納するのには、短冊形はしまいにくいですし、下の部分を折るのは何ら不思議のないことだと思います。

そして、ジャケットごと半分に折れば、短冊形ではなく正方形になるので、非常に収納しやすいです。

↑こちらに今回扱う題材に関連した面白い記事があったので紹介します。

とはいえ、ここは個人の感想ですが、
8cmシングルの下の部分を折るのは好きじゃありません。

何故かというと、やはりジャケットの景観を損なってしまうのが一番です。CDはもちろん音楽を楽しむものですが、実際に手にとってジャケットや歌詞カードを眺めるのも大きな楽しみです。

なので、折られてる8cmシングルは極力買いません。しかしながら、一枚だけ折られてる状態で買ったシングルがあるので、見ていきましょう。


↑BUCK-TICK「悪の華」シングル盤



80年代後半や90年代の本当に最初の時期には、下の部分を折る説明書きがありました。

この時期のシングルは、説明にある通り切り込みやジャケットの下の部分が爪がありました。

そして、この説明通りに組み立てると
↓こうなります。


確かにコンパクトになりました。

そして、半分に折った8cmシングルを入れるプラスチックもありました。



これはこれで見栄えはいいですね。

でも、やっぱり8cmシングルを折るのは抵抗がある。

そして、年が経つにつれ、8cmシングルに爪や切り込み、シングルを折る説明書きはいつの間にか姿を消していました。

普及させようとして上手く行かなかったのですかね。

今では8cmシングルは消え、シングル盤もマキシシングルなり、そしてそのマキシシングルもデジタルでのリリースで姿を消しつつあります。

令和でも8cmシングルに光が当たる時が来ればいいな。

今回はここまでにしておきます。最後までお読みいただきありがとうございました。

どうも恋の大賞典です。

今回は短めです。

こないだCDを買いました。

ブックオフにて、

THEE MICHELLE GUN ELEPHANT/
ロデオ・タンデム・ビート・スペクター



税込み550円。安い。

また、ハードオフにてCDを買いました。

BUCK-TICK/darker than darkness style 93'



ジャンク品。税込み220円。
安い。安すぎる。汚れは仕方ないけど。

とはいえ、どっちも値札シールが貼ってあるので、剥がさないといけません。

ブックオフの方は、


とても、シールが剥がしやすい。
シールが破れても粘着面のベタつきはない。



綺麗に剥がせました。

ハードオフの方は、



粘着力が強い。剥がしにくい。
粘着面の跡がかなり残ってる。



あーあ。
上手く剥がせないですね。

ですが、こんなときには
消しゴムがとても便利です。

消しゴムを用意して、残ったシールのベタベタをこんな感じに擦ります。



消しカスと一緒にベタベタの面がくっついていきます。

そして、落とし終わった姿がこちら。



大分よくなりました。

もともと、ジャンク品なのでケースにすごい傷や汚れがありますが、それは仕方ない。

ハードオフのジャンク品でCDを買ったら、是非シール剥がしには消しゴムを。

ただ、紙ジャケットには通用しませんね💦

今回はここまでにしておきます。最後までお読みいただきありがとうございました。

どうも恋の大賞典です。


同じ意味、読み方でも使われる漢字が複数あるときがしばしばあります。

例えば、「ビン」
飲み物をいれるあのビンです。

普通は「瓶」という漢字を使いますが、
同じ意味、読み方で「壜」という漢字もあります。

同じ要領で、「あお」を漢字にすると、
「青」、「蒼」、「碧」
主に3種類でてきます。

そして、この3種類の「あお」
色々な曲名で目にしますね。

ということで、今回は「青」と「蒼」と「碧」の違いを調べつつ、3種類の「あお」が出てくる曲を紹介します。

早速行ってみましょう。

青と蒼と碧、何が違うの?

ということで、まずはこの3種類の「あお」、何が違うのか、どうやって使い分けるのかを調べます。


現代は便利です。すぐ「あお」についての使い分けが詳しく分かりやすく載っているサイトを見つけました。

とはいえ、このままじゃ尺が持たなそうなので、こっちでも調べてみます。

今はネット社会なので、敢えて漢字辞典を使ってみます。

たまたま、本棚にあった光村教育図書の「小学新漢字辞典」でこの3種類の「あお」について調べます。小学生の時にもらって以来、ずっと捨てずにとってありました。


意味
①あお。あおい色。
➁若い時代、年若い
③一人前ではない。未熟な。

と出てきました。
一般的な青ですので、特に触れる必要なないかと。

とはいえ、曲によっては➁、③の意味もかけたダブルミーニングな曲もありますよね。青い空を未熟な青い自分に重ねたりなどシンプルだけど、深い意味を持ってますね。

そして、この「青」が使われてる楽曲は数多いですね。

  • 青空/THE BLUE HEARTS
  • 青い車/スピッツ
  • 青いベンチ/サスケ
  • 青いイナズマ/SMAP
などなど、
ここでいろんな世代の人に「青」がつく曲といえばと質問すると、なんだか世代によって出てくる楽曲が変わってきそうですね。

一応、ヴィジュアル系について取り扱ってるので、ここではSOPHIAの「青い季節」を貼っておきます。





意味
①草の青い色。
➁草木が青々と生い茂る様子。

この「蒼」はブルーよりかはグリーンが入っている青のことを差しているんですね。よくよく漢字を見れば、「艹」とくさかんむりがついていますしね。

この蒼といえば、芸能人でいうと蒼井優さんが出てきますね。また、色々な楽曲でこの「蒼」が使われていますが、私にとってこの「蒼」がつく曲は一択しかありません。

B'zの「さまよえる蒼い弾丸」です。

このタイトルから「青」って「蒼」とも書けるんだと子どもながらに勉強しました。

この弾丸は実際だと緑がかった弾丸だったんですね。




①青く美しい石。
➁青緑。

こちらも、同じく緑がかった青と出てきました。とはいえ、「蒼」とは違い意味のところに石が出てきています。

「碧」の漢字をよく見ると石がついていますしね。やっぱり漢字のパーツを一つ一つ見ていくと、細かくよくできているなと関心させられます。

この「碧」といえば、声優の悠木碧さんがでてきますね。楽曲では酒井法子さんの「碧いうさぎ」が真っ先に出てくるでしょうか。

とはいえ、ヴィジュアル系で「碧」が出てくる楽曲といえば、DIR EN GREYの「太陽の碧」ですね。アルバム「MACABRE」を締めくくる美しくも激しいナンバーですね。


他にも、英語で「BLUE」にすると、色々な楽曲がでてきます。

  • Blue Moon/PENICILLIN
  • DIVE TO BLUE/L'Arc~en~Ciel
  • TRUE BLUE/LUNA SEA 
などなど。

やはり、「青」は楽曲のテーマにしやすいんですかね。今回はここまでにしておきます。最後までお読みいただきありがとうございました。

↑このページのトップへ