Rh3aWGabrC.jpg
軽さとカッコ良さに惹かれてエバニューのアルコールストーブをずっと使っていたのだが、

「燃費が悪い」

これがネックでアルコールストーブをいまいち愛せてなかった。メスティンで米炊くのに100mlぐらいのアルコールが必要なので、80円ぐらいかかる。高い。
↓検証記事
「いや、アルコールストーブが悪いんではなく、エバニューが燃費悪いだけでは?」
とふと思い立ち、新たにトランギアのアルコールストーブを買って、実際にメスティンの米炊きを試してみた。
rbSBV0HJZl.jpg
同じ量の玄米を入れ
q137Q7KIQA.jpg
同じ量のアルコール(60ml)を入れ、点火!
zTPgKIxtBL.jpg
エバニューの火力がすごい!
いっけえええ!!!
nyYaEKmyHH.jpg
あ、消えた。

7FCx34C339.jpg
12分でエバニューが燃え尽きた。
当然まだ炊飯できていない。
仕方なくエバニューに30mlを追加して再点火する。
a33gXRqYi5.jpg
しかし、スピードはメスティンの方が速い!20分で90mlを使い切り、そのまま蒸して30分で完成。
_kYLUWvt0Z.jpg
メスティンから遅れること10分、トランギアも完成!トランギアは最初に投入した60mlで炊飯完了まで行き着けた。

「そりゃ火力が違うんだから燃焼時間に差があるのは当たり前だろ」

と、エバニュー推しは言うかもしれない。しかし、エバニューは火力が強くても60mlで炊飯完了まで行けなかった。時間はかかっても、このコスパの差はでかい。

そして、1番大事な「味」なのだが、格段にトランギアの方がもちもちふっくらに炊けてて美味しかったのだ!
エバニューは芯が残って固かった。

中火でゆっくり炊くのが正解なのだろうから、時間のネックはあるものの、味とコスパで断然トランギアが良い。
火力が必要な調理をするならそもそもアルストじゃなくてシングルバーナー使うしな。

これでまたアルスト登山が選択肢に上がった!ULハイクが捗る!