3D4qAdzRKI.jpg
この日のために開発したトライスーツ

クラウドフローでランに

バイクパートでの負担があまり読めなく、ただ坂が多かったことを考えるとセントレアよりも脚を使っているのではと感じ、ランの前半10kmはかなり抑えめで様子見にした。

この時間帯から天候が良くなり、暑さが気になり始めた。冷水を含んだスポンジを常に首やリンパ線の辺りに置き、体が熱くならないように心掛けた。

zjnLiHXimd.jpg
僕がランスタートして街に出たら、シャバーニ大西さんはすでに街に戻って来ていた。
エイジ6位はホントに速い


難しいペース配分

SUUNTOを宿に忘れていたので、ペースは感覚に頼った。予定では最初の10kmはキロ5:30-45ぐらい、残りの10kmでキロ5:15ぐらいを目指していた。これで給水所で停まっても2時間はギリギリ切れる。しかし感覚だけでは自分がこのペースなのかはっきりと分からなかった。

前半10km地点。20mぐらいに前にずっといたランナーが給水所でペースを遅めたタイミングでなぜか彼を抜いてペースを早めてしまった。

「このままこのペースで行ける」と思ったが最後の残り3-4kmで足が重くなり、気持ちが途切れてしまった。セントレアでもそうだったけど諦めが早い。トレーニング時の15-20km走でも途中で気持ちが途切れてしまい、ペースが遅くなり、それから暫くするとまた気分が上がってくることがある。これからはこの気持ちと体の調子を途中で途切れない準備をして挑みたい(要はもっと効率的に中距離トレーニングせよということ)。10月末の横浜マラソンに向けて、ラン強化し直そうっと!

ゴール手前でのハイタッチ

ヘトヘトの状態でゴール地点に来るとTeam PIのみんながゴール手前でハイタッチをしてくれた。

Vc_syaNvzC.jpg
VJyI9FpOWO.jpg9WWxAfJWYQ.jpg
Ct5_avMsUc.jpg
チームメンバーとハイタッチしてゴール

こんな人数の人達にゴールを迎えてくれたことはなかったので、この時「チームで佐渡に来て、この大会に出て良かった」と本当に思った。「うわーいっ!」っていう感じ。

Team PI On組 リレー入賞

ゴールすると、On組も待っていた。「リレーどうでした?」と駒田さんに聞くと、「5位入賞はしました。ただ目標の表彰台に乗れるかはまだ分からない」とのことで、両手を上げて喜べる表情ではなかったように記憶している。

Hf1wfsgLrN.jpg
"Start and finish as a team" が彼らのスローガン

この企画に参加すると決めた時から「表彰台にAir Trisuitを持っていく」と決意していた駒田さん。僕以上にリレーで表彰台に乗ることを目指していた気持ちが強かったと恥かしながらその時改めて感じた。男の友情って良いですね。たくさん語らなくても目指すゴールが同じであれば一緒に熱くなれる。決して精神論だけではない気持ちでした。

umba1S57Wo.jpg
PI Teamスイムコース マーマンキングと

佐渡Bメンバーのゴールへと続く。

笑顔のスイムアップ

佐渡Aのメンバー、佐渡Bのメンバーが続々とスイムアップ。オーシャンスイム4km、2kmそれぞれ泳いだ後にこれから始まる辛くも楽しい冒険に皆自然と笑顔になっているのが嬉しい。

6W34HDJWkA.jpg
両国のアンジー

WUmgyU4XTE.jpg
笑いの刺客二号 ミスタージョウ

3s9BC6ujos.jpg
夏は繁忙期で忙しい隊長

NTQV1ZuFw6.jpg
バラモン完走した安定感のカバちゃん

OX2VoCeDai.jpg
美貌を誇る元水球選手、Bダッシュことマリナさん

tr89_SAUf7.jpg
号泣後のシャバーニさん

xjmnrKff8X.jpg
スペイン語堪能なユーホさん

KMIf6jdPMj.jpg
プロレスラーことハマのダンディズム、Pマーク見えないです

TYxI1OsH_8.jpg
幹事のイズ男。来年は幹事と佐渡Aはムリっす

4zxVNBJC3W.jpg
スタート前の哀愁を醸し出す修行僧(悟りの境地にいた修行僧はこの大会予想外の窮地に...)


ジジババの声援

今回の僕のバイクパートでの裏目標。それは「応援してくれている人達に1人でも多く、声を掛ける」。これ今思ってみると、声を掛け返すたびに集中力が途切れるので後半はさすがにできなくなっていた。でも最初の50kmはできるだけ、声援に応えていた。すると答え変えられるのに慣れてないせいか、笑ってくれたりする。これが面白い。

「佐渡は暑いですよ〜」と修行僧に散々脅され、ボトルの1つは常に冷水で体を冷やす心構えはしていた。が、当日は途中10分ほど軽い雨が降ったり、後半は適度に晴れたりして、最高のコンディションだったと思う。

今年開発したAir Trisuitはここ数年Ironmanで流行っている半袖ワンピースを売りの目玉にした。半袖の主な利点は日焼け対策。日焼けすることで身体にダメージを受けるので、4〜7時間近く乗るバイクパートでは結構重要な点だ。

そして今回のような天候(雨が降って少し寒さを感じる天候)では逆に、タンクトップ型よりも適度に冷たい風を遮れることもあるのではと思いながら、ライドした。

来年はこれだけのコンディションは保証されていないので、大自然のなかで繰り出されるコースをきっちり堪能した。佐渡の大自然は素晴らしい。

バイクパートでは相当先を行くシャバーニさんのナイスショットをジェロニモ大塚さんが撮ってくれた(かっこえー)。

nj7Xm3oQT9.jpg

ユーホ、シャバーニ、修行僧、アンジーとのすれ違い

110kmのバイクパートを4時間19分で終え、ランパートへ。お気に入りのクラウドフローのブルーを履く。今年のチームトライスーツはこのジュースの色に合わせたので、テンションが上がらない訳がない。

クラウドフローは適度なクッション性、軽さ、アッパーのボールド感も優しく、5種類持っているオンのシューズの中でも最も好きなモデルだ。同じクラウドフローでも3種類色違いを持つほどこのシューズが好きだ。もともとアシックスを履いていたが去年なんとなく参加したランイベントで駒田さん鎌田さんに会い、めちゃ刺激を受けたのがオンを履き始めた理由。シューズもそれを売る人達も素晴らしい稀なブランドだ。

クラウドフローを履き、快調に街道の中へラン。

途中、まずは佐渡Bグループの、ユーホさん、シャバーニさん、リレーのTeam PI On組の青野さんとすれ違う。みんな早すぎる。

自分のランパートへと続く...




手づくりビーズのお守り

今回、トライスーツのパターン(ウェアの形作り)と仕様のアイデアを出してくれた巽さんはマジで器用。PI、On、マリオ=Bダッシュ(北川さんのコードネーム)、マーマンキングをビーズで作って佐渡に持ってきてくれていた。

aFgYLYyQa5.jpg
左からマーマンキング、オン、マリオ、PI

これは皆のお守りになること間違いないと感心した。モノづくりが好きな人は何でも作れるんだな。

仕事と趣味の垣根

最近知り合った人達からは「趣味と仕事が一緒で良いですね」と言われる。確かにそう思う。起きている時は2つのことを1つにして考えられるから、考えようとしなくても頭の中にこの2つが存在する。正確に言うと、趣味と仕事の間に垣根はなく、1つの「やりたいこと、やるべきこと」になっている。

逆に言うと、スポーツをしている時に常に仕事が関係しているので色々と考えることが多いことにまだ慣れていない。撮影があれば段取りを考えるし、次の日の流れもイメージする。予定は立てても変わってしまう時もある。

4OaIVWJGgc.jpg
G9D33xs0hQ.jpg
突然現れた黒いマントマン。誰だ?真面目に見えますが遊んでます。

今までは大会前は何も考えなくて良かった。ゆっくり休んで自分のペースで過ごした。これからは違う、こういうことに慣れていく必要がある。

大会前日 マーマンキング オイルマッサージ

立ち仕事の後のマッサージは格別だ。今回、スイムコーチ兼マッサージ&コンディショニング兼カメラマン兼ムードメーカーとして大活躍してくれたマーマンキング

メンバー全員にマッサージを施す。これで疲れた体がかなりほぐれた。1つの部屋にマッチョなアスリートが6-7人いると、これもまた体育祭のような感じ。

dq1BAQPMLP.jpg
パーソナルトレーニングとこのマッサージをセット
にしてもっと稼げるはず。まずはダンディズムから。

佐渡A、ロングディスタンスの朝は早い。早朝6:00スタートなので、3:00に起きて3:20から朝食、4:00に宿を出る。今回泊まった宿、一福さんは嫌な顔せず、こなれた感じで朝食を用意してくれた。可愛い猫が3匹もいて癒されます。

FdNA_tdSwC.jpg

qT8hGn8t9_.jpg
眠いよね、3:00起きだから

佐渡BミドルディスタンスとRリレーは4:00起きで7:30スタート。佐渡A組を目をこすりながら大会の成功を祈り見送った。そして佐渡BとR組も追って大会会場へと向かった。

ela_32pUiT.jpg
大西さんも緊張しながらも余裕の笑顔
CRk62QecoV.jpg
みんなリラックスしてますねー

佐渡B組は大会会場に着くと、終始リラックスモード。僕的にはレースガイドの準備時間の表記がずっと気になっていた。6:10-6:50までがスイムチェック、スイムスタートが7:30。どういう意味だろう。気になって6:40ぐらいにT1ゾーンのマーシャルに確認した。

すると、6:50までにスイムができる状態でT1エリアからスイムエリアに行く必要があるとのこと。

急いでT1ゾーンにあるウェットスーツを着て、ワセリンを塗り、スイムエリアに行った。初めての大会は何度も進行や段取りを確認する大切さを学んだ。こういう些細な事の積み重ねが僕のような初心者には学習として必要なのだろう。

7:30、スイムパートスタート。最初の800m先のブイに向かってどこからスタートするか?どのぐらい前線から前でスタートするか?いつも悩む。今回はちょっと外側、比較的前のほうに位置した。スタート後、マーマンキングから教わったことを思い出しながら最初のブイを目指す。去年、佐渡Aに出た巽さんからは「終始バトルですよー」とビビらされていた。が、ブイ近辺、時計周りに回る時だけ、人が密集してぶつかるぐらいでそれほどのバトルはなかった。

そして、意識してドラフティングできる相手を探しながら、位置取りをする。比較的近いペースの人を見つけては斜め後ろに着いた。これ、気持ち的にやっぱり落ち着くし、方向を気にしなくても良い。

今回SUUNTOのウォッチを宿に忘れていたので、スイムアップの時間が分からなかった。バイクのサイコンの時計を見ると、目標だった41分には程遠いことが分かった(実際は2kmで約47分)。

何が課題なのかまたマーマンキングからのアドバイスが必要そうだ....

バイクパートへと続く。

↑このページのトップへ