2022シーズンも応援ありがとうございました。

チームの掲げる目標には到達できませんでしたが、自分に新しいサッカー感を植え付けてくれた恩師のいる大宮から一歩踏み出し、またJ1という舞台で、浦和レッズのエンブレムを背負ってチャレンジできたこと。

これは人生の中でも素晴らしいチャレンジでした。

もちろんその中で結果はどうだったのか?
といわれれば、決して満足のいく結果ではありませんでした。

しかし、そんな中でも自分を支え、応援してくれている、家族、友人、ファンサポーターの皆様に感謝申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。

来年のことはまた決まり次第、報告させていただきます。




浦和レッズ 馬渡和彰