月別アーカイブ / 2019年10月


今年はお誕生日当日開催となった莉子ソロコン。
ボクはお仕事を終わらせてから現地へ向かいましたよー。

実は莉子ちゃんソロコン、初めてFCチケット落選してしまいまして…。
まあ何とでもなるだろう、と鷹揚に構えていたらすっかり失念。
あれ?チケット持ってなくない?と気付いたのが5日ほど前という体たらく。
それから慌ててあれこれ手配し、2階立ち見の20番台を落手。
仕事終わりで行くと18:30頃になるのは確実だし、2階立ち見は初めてなのでこれはこれでいいかー、と。


◇10/28 中山莉子生誕ソロライブ「中山莉子の生誕祭。」@マイナビBLITZ赤坂
DSC_0342.JPG
予定通り18:30頃に現地到着。
いつもだとこの時点で全ての入場が終わっていることが多いんですが、この日はなぜかゆっくりの客入れだったようで会場の外にはたくさんの人がいました。

我ら2階立ち見勢は当然のように最後の呼び出し。
外でがっちり番号順に整列し、そのまま係りのお兄さんの誘導で入場。
隊列は入場後も割と厳正に続き、誘導されるがまま2階へ。
行進中も係りのお兄さんがしきりに
「列を抜けると順番通り入れませんよー」
とアナウンスしており、なんだか過保護だな放っておけばいいのに、とも思いましたがいろいろなトラブル防止策の一環なのかな、と。世知辛いねー。

ちなみに2階立ち見は70番までの呼び出し。平日ということもあってかかなり抜け番が多い印象でした。
ポジションをとってしまえばこちらのもの。
悠然とドリンク交換に向かい、ペンラを準備し、さあいよいよだ。


場内BGMはエビ中の楽曲、スクリーンには水色ベースのライブエンブレム。
18:56に前方ヲタが一斉に
「フゥーーーーー↑↑」
と言い出したので、このタイミングで円陣の声が聞こえたのだと思われ。

ライブは今回のソロコンの打ち合わせをしている映像からスタート。
ところどころピー音が入り、何やら仕掛けてくれそう。

ebiture。
「スタアダストのなかやまですっ!」。
元気いっぱいだけど、例年通り不安定なebiture。

まずは「青い青い」から。
スクリーンにはかわいい莉子ちゃんがMV風に。
なんでも三品さんが撮ってくれたとか。
歌声はしっかり出ているものの、緊張なのか気負いすぎなのか依然として不安定でしたが中盤に差し掛かると恐らくレッスン通りの手の動きを取り入れ、徐々に落ち着きを取り戻したようでした。

「ペコペコリーヌ」ではしっかりとバトン成功。
ラーラララーラーラ♪というコーラスは当時の莉子ちゃんの声でしたが、その声を比べるだけでも随分と大人になったんだなーと感慨ひとしお。

自己紹介は「正調」というかノーマルver.で。
今ツアーは曲に組み込まれているので逆に新鮮。

「今までのソロコンはいろいろ挑戦したけど何やったっけ?」
と客席とやりとり。
「バトンでしょ、ピアノでしょ、、、え!ギター!?」
既に3年前の記憶が危うい莉子ちゃん。
という流れから今年はピアノを披露することに。
「歌わないけどねーw」
「私の学芸会にようこそ、って感じ」
なんてことを言いつつソロ演奏。
その演奏はお世辞にも達者とは言えず、ところどころ外したりストップしちゃったり。
本人も「あちゃー」っていう顔をして、
客席も「うふふ」と微笑みながら見守っていて。
…何ですかこの幸せな共犯関係。

本人は舞台袖に下がり、スクリーンにはメンバーとのTikTok的な映像。
美怜ちゃんとの映像を2階立ち見席から双眼鏡まで使ってガン見するボク。

暗闇のなかステージ中央まで歩を進めた莉子ちゃんは、吼えるような歌い出しからmiwaさんの「リブート」。
続いてネギ姉さんの「アイばか」。
この2曲はスクリーンに字幕が出されていましたがフォントや色遣いにしっかりと楽曲のイメージを反映する工夫がされていました。
アイばかの
「Negiccoにしてね」
「RITTANにしてね」
とかわいらしく変更。

スクリーンに東雲めぐちゃんが登場し、一緒に「70点」を披露。
めぐちゃん、久しぶりに見た気がしますw
莉子ちゃんからは
「みんなと踊りたいからもっとフリコピを研究して来い」
という厳命が下る。

エクステの話から実はロング推しのヲタクが多いということを確認し、
「NGワードを言わないように生誕グッズを紹介しようのコーナー」開始。
これはスタッフさんが考えた7つのNGワード(本人は知らない)を手探りで避け、グッズを紹介。
もしNGワードを言ったら出席番号の歌2の莉子パートをその場で歌うというもの。
ワードは「かわいい」「えーっと」「買ってね」「ありがとう」「19歳」「なんだろう」「本当」の7つ。
いかにも言いそう…。
そして結果は、、、ゴリゴリに地雷踏んでましたw
せっかく「かわいい」がNGと気付いて「キュート」に言い換えたのに、次の瞬間すぐに「かわいい」と言ったり。
ヲタクに「おめでとうー」と言われて「ありがとう」を言わされそうになったり。
「(来年のグッズは)かわいいのー」と言ったヲタクに「歌え!w」と突っ込んだり。
いやー、まさに中山ワールド。
最後の方は喋るのが怖くなってしまい、ホントに
「何を言ってるか自分でも分かりません」
状態に。
最終的に12回も歌わされてましたw

開演前にロビーで募集していた質問に答えるコーナー。
 ↓
Q.エビ中で一番好きなダンスは?
A.曇天の2サビと、あなたのダンスで騒がしい。

Q.いま何問目?
A.2問目~w

Q.好きな色は?
A.青赤黄。あ、あと水色。

Q.最近エンジョイしてることは?
A.この一週間ライブをエンジョイしてる。

Q.得意料理は?
A.春雨って茹でたら食べられるよね?こないだ茹でたら食べた瞬間におなか壊した。なんで?春雨って茹でたら食べられるよね?

Q.高校卒業して変わったことは?
A.髪の毛が短くなって(エクステで)戻った。

Q.いま何問目?
A.えーと、、(ガサゴソ…)7問目。

Q.好きな味噌汁の具は?
A.具なし。アサリの味噌汁が好きだけど、アサリが好きじゃない。

Q.今日の衣装のポイントは?
A.黒でまとめた。毎回衣装はある一曲に合わせていて、去年はBiSHさんの本当本気に合わせた。今年合わせたのはリブート。
IMG_20191028_232741.jpg

Q.叫んで。
A.む゛ーん゛!!!

Q.飼いたいペットとその名前は?
A.(手の平を出して)このくらいのサイズのもの。…だけど動物はいいや。犬がいいけど自分で精一杯だよ。

Q.今までで一番嬉しかったことは?
A.難しいなー…今日なら髪が伸びたこと。歌穂ちゃんから電動歯ブラシとマカロンもらった。優しいねー。

Q.お母さんの料理で好きなものは?
A.ククレカレー。
puffer.jpeg

Q.どのアイドルさんと対バンしたい?
A.うーん。好きなのはBiSHさん。対バンより見ていたい。

Q.10代最後に挑戦したいことは?
A.おお!いい質問!じゃあこれは次の曲のイントロで言う!

…というリコナカヤマ感たっぷりのコーナーを終え、「アイマネ」へ。
正確に言うとイントロじゃないんだけどw、10代最後に
「国内一人旅」
をご所望されているとのこと。
また、この曲はエビ中加入前から好きで10代最後だから歌ったとのこと。

「ファミコン」ではしっかりとした歌い出しからの「エビ中見参!」。
ebitureで「スターダストの中山」って言いながら出てきたから変化球がくるかと思いきや、どストレート。
「見たことない虫」ではスクリーンに歌穂ちゃん作のイラスト。
曲中ではじゃんけんして勝った人のみ踊る岡崎体育式が取り入れられました。
間奏ではなんとトランペット演奏!すごい!だけど成功とは言い難い!
メンバーソロパートでは自身で撮ったと思われる写真をスクリーンに大写しし、観客と一緒に名前をコール。
すごい!もはや歌ってない!

本編ラストは「ミッサバ」でタオルぶんぶんして終了。

「いろいろな挑戦は、ピアノもトランペットもできないけどやりたい気持ちだけでやってる。
 それもみなさんの声援のおかげです。
 見てくれる人がいないと何もできない。アイドルをやるのが好きだから…。
 これからもエビ中の応援、よろしくお願いします。」

客席がアンコールを叫ぶ中、冒頭のピー音なし打ち合わせ映像で答え合わせ。
ソロコンでやりたいことを言ってるんだけど…何だったっけ?w
これはFCで公開されそうな気もするのでちょっと待ちましょう。
写真を父上に誤送信したのははっきりと覚えているんだけど。
ヲタは「せーの」という字幕に合わせて再度アンコール発動。

本日の主役はお衣装を変えての再登場。
女限を中心に「ひえ~」と上がる嬉しい悲鳴。
うむ。かわいい。
IMG_20191029_062217.jpg

繰り出したのはでんぱ組さんの「永久ゾンビーナ」。
1階フロアには風船も投入され、なんだか非日常な雰囲気。
ステージ上からは
「これからハロウィンパーティーだー!」
という煽り文句。

「ハイタテキ」では「惚れた」を4発。
みんなとっくに惚れてる。

アンコールラストは「永中」。
エビネギやMUSiCフェスばりに揺れるフロア。
2階立ち見もしっかり左右に揺れてましたよ。
莉子ちゃんも
「お、いい揺れだねーw」
とご満悦。

お互いに写真を撮りあって、
IMG_20191028_232713.jpg
莉子中山ワールド、これにて閉幕。


01.青い青い星の名前
02.ペコペコリーヌ
03.星の数え方(ピアノ)
04.リブート / miwa
05.アイドルばかり聴かないで / Negicco
06.明日もきっと70点
07.Im your MANAGER!!!
08.Family Complex
09.MISSION SURVIVOR

E1.永久ゾンビーナ / でんぱ組.inc
E2.ハイタテキ!
E3.永遠に中学生


ここまでがんばって書いたつもりだったけど、FCにレポあるのに気付いたよ。


この日のライブを観ていて感じたこと。

はっきり言って歌はまだまだだし、
ピアノもスムーズじゃないし、
MCは何言ってるか分からない時もあるし、
いろいろと不完全な部分がありました。

だけど、心の底から楽しかった。

やっぱり技巧の巧拙を超えた楽しさや感動って絶対にアイドル現場にはあるし、
それがもうイヤというほど滲み出た約2時間。
ああ、やっぱりこの子はスーパーアイドルなんだな。
と、そんな思いが胸を去来したのでした。
DSC_0354.JPG


ということで中山莉子さん、19歳です。
お誕生日おめでとう。

グループの末っ子的ポジションにあなたがいることはホントに奇跡であり救いです。
いつもありがとう。
メンバーから愛されている様子も伝わってきます。

人を笑顔にできる力を持った莉子ちゃん。
だからこそあなたの飛躍を願わずにいられません。
素敵な一年になりますように。




今日はここまで。












来週は美怜ちゃんソロコンだよ…。
うう…緊張してきた…。


本人は絶対に緊張してないだろうけど。(断言)


ボクの秋冬ツアー、早くも6公演目になりました。


◇10/27 私立恵比寿中学 ようこそ秋冬ホールツアー2019~世界のみなさんおめでとうアイドルって楽しい~@富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
DSC_0331.JPG

この会場、エビ中さんは2回目なんでしたっけ?
ボクは初めて来ましたが…またいろいろ大変でした。
なんとか都内から安価で行けないかなぁ、と検索をすると高速バスがあるとのこと。
詳細を見ると東京駅から東名富士という高速ICと一緒になっているバス停まで行けることを確認。
そこから徒歩で30分程かかりそうでしたが歩くのは全く苦にならない性質なのでこちらをチョイス。
DSC_0327.JPG
東京から2時間。近い近い。これで2Kですもの安い安い。
うっきうきで定刻通りバスは出発しましたが1時間もしないうちに事故渋滞に巻き込まれまして…。
結局3時間50分かけて到着。トホホ…。
ま、こうなることも見越して早めの時間設定としていたので開演までは余裕を持って到着いたしました。
なんだかこういうテクニックだけ身に付いていっているような…。
でも先日の上越会場への道程を思えばたいていのことはクリアできるような気もするのです。
(東名富士から会場まではお車でお越しの11推しさんに乗せていただきました。感謝!)


会場は近代的で大きな建物でしたね。
カフェや大きな公園も隣接していてリアルファミリーが楽しそうに休日を過ごしていました。
そして会場側から公園を見やるとMt.FUJIがドーン!
DSC_0330.JPG
THE 静岡。

大人しく入場し、着席。
11列目かなりの上手。
名古屋もこんな感じの位置だったなー、なんて思いながら周囲を見渡すと
何だろう…何かあるの…?


やがて幕に浮かび上がるメンバーの影。
もうツアーも中盤となり、かなりの数のヲタが複数回の公演を巡ってきていて既にこの時点からフリコピ芸が発動。

いつも通りのセトリで、いつも通りのスムーズなスタート。

自己紹介曲での彩ちゃんパートは全員で。
この場合の「全員」はメンバー全員という意味ではなく、文字通り会場にいる人が「全員」で。
翌日に誕生日を控えた莉子ちゃんは
「18歳ラストライブ!」
だったかな?
星名さんは
「焼きそば食べたーい!」
と欲望を剥き出しに。
ぽーちゃんは
「アイライク…ライス!」
から日本語をなぜかカタコトで披露。

「YELL」での美怜ちゃん、「ジョイフー!」が不発。
これは叫ぶタイミングを逸してしまっただけのようで、舞台袖に向かって「やっべ♡」みたいな表情をしていました。
自動的にジャンプしてしまった7推しのみなさん、お疲れさまでした。

「カルマ」では(恐らく)ぽーちゃんがサビの繰り返し回数をミスってしまい、一人だけ「れーいせーいーと…」とマイクに入ってしまうハプニング。
そんなに目立つものではなかったですけどね。しっかり生歌でやってる証拠ですよね。うん。

もはやヲタクが自主的に着席する「元気しかない」では朝から富士宮焼きそばしか食べていない(←超早口)美怜ちゃんと、お茶っ葉を紛失した柏木選手。
莉子ちゃんは
「富士宮焼きそばに焼きそばが入ってないくらいダメだ」
というド正論を展開。

2日前の広島公演で突如としてセトリ入りした「ロンリネス」。
いやー、久しぶりに聴きました。
圧倒的な横アリ感。
あの時かほりこはまだ1年目の14歳。
それが19歳ですか…(呆然)

「星の数え方」はもうセトリ固定なのかな。
結ばれた想いも好きだから聴きたいところなんだけど、両方は難しいのかしら。
というかエビ中いい曲ありすぎ問題ですわね。

どんどん研ぎ澄まされていく感のある「曇天」。
秋田では舞台セットなしの状態で観て、静岡ではブリリアント号での状態を観て。
贅沢な気分。
この日はドライアイスなし。(大阪広島はどうだったのかな?)

「まっすぐ」。
今ツアーもいろいろなことがメンバーとボクらに起こっているわけですが、のちのち振り返るとこの曲が思い出されるようになる気がします。
medium_IMG_6480.jpeg
そしてメンバーみんなが優しく、大切に歌ってくれている。
ボクらはペンラの動きを少しだけ控え目にして、終わったら手が痛くなるくらいの拍手を贈って。
「なんかエビ中っていいよねぇ」と思える瞬間。

この日の大友はぽーちゃん。
大宮以来2回目ですかね。
今回の大友ぽーさんは…ねえw
いつも以上にコメディエンヌ性を発揮して、短いマイクを握って腰を折り、右に左に態勢を変えながらの発声になったんですが、
もう志村けんのひとみ婆さんにしか見えないんですよ。
puffer.jpeg
もう笑っちゃったw

次の大友美怜さんは誕生日当日の福岡とかになるのかしら。
ボクは推しの大友化はあまり見たくない気がするので、これはこれで。

「PANDORA」。
パラドックス↑パラドックス↑
美怜姫降臨。
余談ですがボクはこの曲を日本トップクラスで聴きこんでいる自信があります。
何も得することはないですが。

「ファミコン」の「やすもうと」のパート、どんどん客席の声が大きく、それでいて優しさを帯びて行っている気がします。
みんな気持ちは一緒なんだな。きっと。

そんなことを確認しつつ本編は終了。

アンコール。
さあ何を見せてくれるのかな…なんて構えていると、衣装のまま出てくるメンバーたち。
あ!何かやる気だ!
「playlistから新曲を」
という紹介の後、披露したのは
「ちがうの」。
medium_IMG_6576.jpeg
PANDORAとはまた違う、王道ガールズポップという感じ。
振り付けも手をひらひら~っとさせたりしてかわいい。
恐らく冒頭で触れた客席用マイクはこのためと思われ、そのうちMVとしてライブ映像が公開されるんじゃないかな。
行けなかった人は期待して待ちましょう。かわいいから。

ステージではさらに「紅」を。
聴きたかったんだよなー。
みんながビシッとペンラを上げる一瞬、会場が暗転する照明の演出もナイス。
柏木さんの高らかな歌声もナイス。
「らーくだを、てらしておっつっきさまー」
のところで身体をぐわんぐわんさせる振り付けがあるじゃないですか。
その時の美怜ちゃんたるや。
もうね、波。大波。頭から肩から腰から。ぐわんぐわんって。
「こんなに動けるようになって…」と改めて喜びの感情。

ラストは「カラー」で〆。
これも喜びの歌ですね。

最後のMCでの
「“ちがうの”の使い方が難しい」
「それでは聴いてください、“ちがうの”。…って、なんか否定してるみたいw」
という中学生のようなトークを含め、この日も思い切り幸せを享受したあと、
ステージから捌ける18歳の莉子ちゃんと21歳の美怜ちゃんに思い切り腕を振り、この日も幕となりました。


01.仮契約のシンデレラ
02.ハイタテキ!
03.熟女になっても
04.YELL
05.梅
06.禁断のカルマ
07.バタフライエフェクト
08.シンガロン・シンガソン
09.元気しかない!
10.I cant stop the loneliness
11.星の数え方
12.踊るロクデナシ
13.曇天
14.まっすぐ
15.頑張ってる途中
16.Lon de Don
17.PANDORA
18.放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
19.Family Complex

E1.ちがうの
E2.紅の詩
E3.COLOR


この日は何と言っても「ちがうの」初披露ですかね。
興奮しすぎてどんな曲なのか表現できないんですけどw、先述の通り映像が出ると思いますのでそちらを待ちましょう。
large_IMG_6962.jpeg
メンバーからはアルバム曲をこれからも披露していく的な言葉もありました。
それが自然な流れなんですが難しい部分もあるでしょうし、それらは気長に待つこととします。

ボクは福岡には行けないので21歳の美怜ちゃんとはこの日が最後。
次に会った時は22歳とか…うう。なんか泣きそう。
IMG_20191028_062459.jpg

そして本日10/28は莉子ちゃんお誕生日&生誕ソロコン。
IMG_20191028_062529.jpg
ボクも仕事終わりに赤坂へ駆けつけます。(そしてこのブログはバリバリ就業時間中に書いています)
今年はどんな世界を見せてくれるのかな。
楽しみにしていますよ。





今日はここまで。





秋田から戻って1週間も経ってないんですが。
体重が減らないままなんですが。
IMG_20191023_194730.jpg
余韻が残るうちに、おさらいしておきましょう。




◇交通
DSC_0232.JPG
去年、「飛行機の方が安いよ」という驚愕の情報を耳にし、今回は空の旅をチョイス。
往復で20Kを切る感じだったので確かに新幹線よりは安いかな。
細かく言うと空港への往復賃もあるんだけど、それより魅力なのはその速さ。
羽田-秋田で1時間。早い。
飛行機苦手なんですけどね、バタバタしながらも何とか往復できました。

ただ、帰りの便は秋田から20:50の最終便。
これは去年の文化祭~東北産ワンマンからの経験からの設定だったんですが、文化祭単体だと14:00頃に終了してしまい、明らかに暇になってしまったw
もう1本早いのでもいいのかな。
この辺りは次回以降への検討課題です。


◇天候
TOKYOの片隅にしがみついているボクは数日前から天気予報とにらめっこ。
お天気というより気温が気になりますよね。
厚着で出発するのもイヤだし、現地で寒いのもイヤだし。
で、結局はヲタTシャツに分校パーカーを羽織って出発。
分校前日の秋田はお天気で、気温も20℃前後といったところでちょうど良かった。
さすがに夜はちょっと冷えるのでパーカーの上に1枚追加。
ずっと外にいるならもっと着こまないとなんでしょうけど寒くてもほとんど呑み屋にいるだけですからねw

で、分校当日。
カーテンを開けて愕然。
雨&雨。
まぁ予報通りだったわけですが、この日はさすがに昼間からパーカー+1枚スタイルで分校へ登校。
物販に行った方々、お疲れさまでした。

んで、分校翌日。
カーテンを開けて愕然。
晴れ&晴れ。
さすがエビ中さん、雨女だなぁと。
11月開催だった時はもっと寒かった記憶がありますし、この時期開催というだけでもありがたいですね。
みなさんご自愛くださいね。


◇食事
今年も到着してすぐに喰って喰って呑みまくってやりましたよ。

分校前日のランチは川反のラーメン屋さん。
DSC_0280.JPG
ボクにとってちょっと思い入れのあるお店で、夜は人がいっぱいになるんですがランチ帯には初めて行きました。
ガラガラだったw

前夜祭という便利な日本語を盾に、夜は同じく川反のお店へ。
DSC_0295.JPG
ハタハタ、芋の子汁、お刺身…旨し!
ここは秋田在住ヲタさんに手配していただきました。
こういった観光で行ったら入らなそうなお店を紹介していただくのはありがたい。

分校当日のランチは仲間内で評判になった親子丼。
DSC_0300.JPG
ランチと言っても14:00近くで何も食べていなかったボクは年甲斐もなく大盛りにしたんですが、後悔するくらいのボリューム感。

反省会と称した打ち上げは昨年もお世話になったお店へ。
DSC_0317.JPG
こちらも地元ヲタさんの案内によるものでしたが、いつの間にか20人オーバーの飲み会に。
そう言えば今年は誰も何も失くさなかったな…いや、何人か自我を失くした人が…w

文化祭の日は定番の佐藤養助さんでおうどん。
DSC_0354.JPG
今年は二味せいろ。

分校に合わせてエビまぜそばを出すラーメン屋さんも。
DSC_0357.JPG
チケット提示で味玉サービス。
美味しかったけど、そろそろカロリーが気になりだす。

みんなが次々と帰路につき、暇になっちゃったボクは居酒屋
アーンド居酒屋。
無駄に泥酔状態に陥りながらも、機上の人となったのでした。

ごちそうさまでした。


◇街
ことしもドえらい歓迎ぶりでした。
まずは駅前OPAさん。
DSC_0326.JPG
分校と言ったらコレですよね。
ただいまー。

OPAさん入り口モニターでは写真部。
DSC_0267.JPG
MVとMVの間に昨年の分校ライブ写真が差し込まれるパターン。
東北産や桜エビ単体の写真もありましたね。

エントランスを入ると今年もファッションショー。
DSC_0254.JPG
昨年、お店の人を唆したヲタクがいたとかいないとか…?w
でも確かに前回よりメンバーの個性が反映されたコーデだったと思います。

タワレコさんではこちらもお馴染み「芸術祭」。
DSC_0263.JPG
いつも思うけどアートに強い人ってカッコいい。
受賞者の皆さん、おめでとうございます。

初めて気づいたんですがタワレコさんに店員さん自作のフリーペーパーがありました。
愛が溢れる内容。

ジュンク堂さんは今年もエビコレ祭。
メンバーお勧めの本も。美怜ちゃんw
そして来年はここに麗花も並ぶんだなぁ…と感慨ひとしお。

駅ビルのトピコさんもモニターで歓迎。
DSC_0237.JPG
すごいロリひなちゃんが撮れてしまった…w
駅直結で人も多いので一般層の方も足を止めてくれていました。

トピコさんのお店は「市場」と称して割引セールやお菓子のプレゼント。
DSC_0245.JPG
FFさんのススメもあり、年齢も忘れてアイス食べちゃいました。旨し。

ルミエール秋田さんでは「映写室」。
過去のEP3本を3日間でそれぞれ上映してくれました。
DSC_0340.JPG
a new beginningは秋田へ初上陸とのことで心待ちにしていた人も多かったんじゃないかな。
分校前に観るもヨシ、後に観てもヨシ。
いろいろな感情が掻き立てられそうですね。

たぶんこれは常設だろうけど、駅の秋田犬。
DSC_0240.JPG
今年は2匹になってました。
かわいい…。ボク、めっちゃ犬好きなんです。

昨年までの文化祭会場となったにぎわい広場向かいのキャッスルホテルさんは今年も奮闘。
DSC_0291.JPG
なんだか会場が遠くなっちゃって申し訳ないんだけど、こうしてがんばってくれると嬉しくなっちゃう。

たけや製パンさんも大盛況でしたね。
人が多くて諦めちゃいました。
また有楽町で販売しないかな…
読み通りきましたw


ホントはもっともっとあるんでしょうけどね。
2日目はギリギリまでホテルに引きこもってたりもしたので見つけきれないw

ひとことだけ言えるとしたら、今年も秋田は優しかった。

失礼を承知で言うと、もしかしたら秋田には一生出向くことなんかなかったかもしれない。

こういう縁を作ってくれるエビ中さんと受け入れてくれる人々には感謝しかありません。
ぜひ次回もお伺いしたいと思います。




DSC_0319.JPG
ということで、へば、まんず~
(↑合ってる?)



↑このページのトップへ