月別アーカイブ / 2018年08月


USQ_8633_fixw_750_lt.jpg
ちんたら過ごしていたら次の週末になってしまいました。
ライブはテレビ放映があったし、テキストとしてはナタリーさんもあるので今回も備忘でいきますよ。


昨年と同様に0:00にファミえんEPをDL購入し、聴きながら眠りにつきました。
バラエティに富んだ4曲ですが、ボクは「大目玉」が大のお気に入り。
美怜ちゃんとひなちゃんのコンビは新鮮味もあるし、お互いの良さを引き出すような耳触りの良さ。
1535196708622.jpg
「熟女」でSUSHIBOYSさん登場時に「えっ」と声を出してるのって美怜ちゃんですよね?
夢がないことを言ってしまうとリハーサルしていないわけないんですが、素で忘れてたのかな?
1535196750975.jpg
ちなみにボク、「エビフライ」はノーマルverの方が好みです。

朝ゆっくりと起きて準備を整え、イヤホンを耳に突っ込んで駅へ向かう。
いつもと同じ景色なはずなのに少し足が軽い気がして。

こうして思い出って作られていく。


今回の会場は山中湖きららシアターひびき。
4年前と同じ会場ですが、ボクはその時がファミえん初体験。
そこから5回目のファミえんとなりますが、思い出の地に帰って行けるというのは感慨深いというか何というか。

現地へのアクセスは大別すると
①車or電車などでの自力到達
②オフィシャルバスでの日帰り
③宿泊付きオフィシャルバス
といったところですが、ボクは③の宿泊コース(+職員会議付き)をチョイス。

バスね、楽なんですよ。
寝ていても着くし、乗換とかないし間違えないし。

…普通ならね。
でも今回は…事故、渋滞などなど不運が重なりすぎました。
開場16:00/開演17:30に対し、ボクは16:25に会場到着。
あ、バス車内ではメンバーによるファミえん注意事項等の案内と、去年のファミえんライブ映像が流されていました。

バスは他にも遅れている車両があったので、これでも良い方だったのかな。
「パクパクうーたん村」も楽しみたかったけど仕方ないね。
これね、単純に時間を早めるのも手ではあるんだけど、雨とかだったらキツいと思うよー。
そんな中、運営陣は開演を15分遅らせる等の対応をとってくれて感謝。
生放送もありましたからね、難しい決断だったと思う。

Day1のチケットはUブロック220番台。
まぁブロックがリラックスエリアの1つ前でそんなに良くもないし、もうここまでくると腹を括るというか「入れればいいや」という感じで暢気にFC抽選なんぞしていたら…!なんと!
いつものやつでした。
うん。知ってた。


Day1開演。
気付いたこと等だけ。

・まず、衣装が良かったですねぇ。
カッコよさも可愛らしさもある衣装。
職員会議の西岡ペンシルさんによると、日本の伝統的模様である格子柄を取り入れているとのこと。
フードがあるのもまた良し。
USQ_9330_fixw_750_lt.jpg

・夕景に浮かぶ富士山。
IMG_20180819_013032.jpg
なんじゃこの美しさ。

・ゴースト~カルマあたりの音響はヒドかったなぁ。
風向きとかも影響するのかしら。
逆に言うと風に影響されてしまう音響。
それ以降は持ち直す。

・無限ルーパー、タフガキは予想済み。
夜の野外でEDM調の曲をやらない手はないものね。
欲を言えばレーザー的な演出がほしかったかな。

・美怜ちゃんは気合いの入った表情やダンスだったように思います。
具体的にどこが、となると表現に困るのですが、とにかく動きがキレッキレ。
ライブのたびに言っているような気がしますが、だってとにかくそうなんだもん。
USQ_9239_fixw_750_lt.jpg

・ラストの「多忙」の時でしたっけ、ひなちゃんが花道を歩きました。
いつ以来でしょう。
感動的で、安心する瞬間。
USQ_7918_fixw_750_lt.jpg

・りったんがコケたらしい。
ボクの位置からは(たぶん)全く観えなかった。

・水の演出があってびっくり。
ボクにはかからなかったけど、大丈夫かしら寒くないのかしら。

・でかどんでんのフリコピを覚えていた自分に安堵。

・気温は到着時からだいぶひんやりしていて、ライブのラストではパーカーを着用。
持って行って良かった。
E1534747619261_9fcb_4.jpg

SE. ebiture(FAMIEN'18 NIGHT ver.)
01. オーマイゴースト?~わたしが悪霊になっても~(FAMIEN'18 ver.)
02. 禁断のカルマ
03. あたしきっと無限ルーパー
04. 参枚目のタフガキ
05. シンガロン・シンガソン
06. 紅の詩
07. ハイタテキ!
08. 君のままで
09. 響
10. CHAN-CHARA-CHAN
11. キングオブ学芸会のテーマ~Nu Skool Teenage Riot~
12. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
13. MISSION SURVIVOR
14. 春の嵐
15. 熟女になっても
16. ポップコーントーン
17. 靴紐とファンファーレ
18. 朝顔
19. ラブリースマイリーベイビー
20. でかどんでん
21. ナチュメロらんでぶー
22. summer dejavu
<アンコール>
23. HOT UP!!!
24. 自由へ道連れ
25. スウィーテスト・多忙。
26. イート・ザ・大目玉


終演後、今度は宿行きのバスへ乗車。
このバスは事前に号車が振り分けられていて、ボクは2号車。
お行儀良く出発を待っていたんですが…どうしてもいるんですよねぇ。遅れる人やバスを間違える人。
事前の案内には「終演後30分で出ます」と謳っているんだから出ちゃえばいいのに、JTB的にはそうもいかないらしく。
結局、終演1時間後くらいかな、ようやく出発。トホホ。
車内では「おかげで道が空いてるねー」という自虐ギャグが流行。

会場から宿まではバスでおおよそ30分程。
途中の有料道路は車内がどよめくくらい暗く、対向車が見当たらない感じ。

宿到着~職員会議はこちらでどうぞ。
(なんか多くの人に読まれちゃって恐縮ですが、あくまでも備忘ですからね)

会議終了後はビールを呑んだり風呂に入ったり。
同部屋の方々も親切で助かりました。
もっとお話ししたいところでしたが疲れと翌日に備えて就寝。

そして起床。
再度入浴し、朝食会場へ。
職員会議と同じ宴会場だったのですが、
笑ってしまいました。前日もこうだったのかなぁ?

朝食は割としっかりしていて
DSC_0912.JPG
前夜が粗食軽食だったので随分と美味しくいただきました。

さぁ!Day2のはじまり!


この日はいくらか時間的余裕を持っての会場入り。
リストバンド交換を済ませ、いつものお顔にこんにちは。
職員会議についていくつもの質問を浴びせかけられながらもFC抽選へ。
うん。知ってた。

時間もあるのでついに「うーたん村」の世話になれるかと思いきや、朝食を食べ過ぎて何もお腹に入らないという事態に…。
ボクってここまで計画性なかったっけ?

Day2はBブロック210番台。
呼び出しとともに入れそうなのでリュックはクロークに入れて入場。
ブロック的には下手の前から2番目。
花道からの2列目というまずまずの位置を確保。

よっしゃいくぞ!


Day2。

・メンバーが登場した瞬間、息を飲んでしまいました。
USQ_1138_fixw_750_lt.jpg
衣装めちゃめちゃかわいい…。
歴代衣装の中でもトップクラスに好き。

・美怜ちゃんチョココロネ復活。
USQ_8175_fixw_750_lt.jpg
言葉がありません。

・あ、花道を含めセットはほぼDay1と変化なし。
花道は4年前と同じくT字型。
会場によって設営の向き不向きはあるんでしょうけど、ボクはこの形が一番みんながメンバーを近くで観られていいんじゃないかと思う。

・去年に続いてインフィニティー。
ラヴ‘真山’フラッシュ。

・当然、水の演出はこれでもかと。
USQ_0601_fixw_750_lt.jpg

・日記はちょっと意外だったかな。いや嬉しい裏切り。
感情電車と併せて、屋外のぽーちゃんボイス最強説。

・もはやファミえんでしか聴けないいい湯かな?。
メンバーが散り散りに花道で歌いあげましたが、ボクの近くはぽーちゃんと美怜ちゃんで。
過去の同曲での2人の涙を思い出しながら聴いていました。
しかしぽーちゃんは大人っぽくなったなぁ。。。

・アナーキーではメンバーが水風船を客席に投げつける演出も。
この日はこのタイミングでひなちゃんが出てきてくれましたね。
ボクはりったんの肩では届かず、ひなちゃんの強肩では頭の上を越されてしまう位置。
…楽しかったからいいんだもん。

・大目玉は花道の美怜ちゃんが目の前で踊っていて。
そのキレ、華やかさたるや…。
言葉がありません。

・アンコール感情電車で響き渡るぽーヴォイス。
昼間の野外ってのはやっぱり良いね。
雰囲気は読もう。

・からのサドンデス~ラブスマで感情崩壊。
安本ギリセーフ。
USQ_9038_fixw_750_lt.jpg

・ラストはナチュメロでした。
こちらも昼間の野外が映える曲。

最後は野外ライブには珍しく銀テがどっかーん!
USQ_9130_fixw_750_lt.jpg
大団円。

SE. ebiture(FAMIEN'18 DAY ver.)
01. ご存知!エビ中音頭
02. ちちんぷい
03. ハイタテキ!
04. きっとインフィニティー!
05. マブいラガタイフーン
06. ほぼブラジル
07. 熟女になっても
08. 夏だぜジョニー
09. YELL
10. 揚げろ!エビフライ(HyperJuice Remix - Nor Rework)
11. ザ・ティッシュ~とまらない青春~
12. 放課後ゲタ箱ロッケンロールMX
13. シンガロン・シンガソン
14. 誘惑したいや
15. 日記
16. いい湯かな?
17. 朝顔
18. HOT UP!!!
19. Go!Go!Here We Go!ロック・リー
20. ゼッテーアナーキー
21. 金八DANCE MUSIC
22. イート・ザ・大目玉
<アンコール>
23. 感情電車
24. サドンデス
25. ラブリースマイリーベイビー
26. ナチュメロらんでぶー


帰りのバスはスムーズに乗車&出発。
予想通り渋滞なんかはありましたが、運転手さんが機転を利かせて途中で高速を降りたりしながら20:00すぎだったかな?新宿に到着。
その後は同行者とお決まりの感想戦。
疲れや翌日の仕事も考慮して早めの帰宅となりました。
この辺りは昼公演の良さというか時間の余裕が持てて良かったけど、大阪や名古屋行きのバスもあるんですよね?
大変だったろうなぁ。
みなさんお疲れさまでした。


バスが遅れるトラブルはあったものの、やはり楽しい2日間でした。

職員会議で察するに、運営側もSNS等で情報を収集しているようなので不満なんかは伝わっていると思う。
次回は改善してくれる部分もあるんじゃないかな。
あんまり叩くとね、校長が傷付いちゃうからほどほどにねw

交通や音響の部分は仕方ないけれど…
どうなんでしょうね。セトリ。
「2日とも違うものを見せる」というから期待していたけれど、「夜にやるべき曲」「昼に聴きたい曲」って感じではなく、ただ2本のライブを違う時間にこなしたように感じました。
1日目と2日目をそっくり入れ替えてもそこそこ成立する、、、いや、成立しないままというべきか。

生放送の影響があるのかは分かりませんが、ボクは「ファミえん」が観たかった。

…不満のようになってしまいましたが、楽しかったのはホントですよ。
最高のロケーション、最高のお天気で好きなグループのライブを観る。
ホントに幸せなこと。
来年以降もずっと続きますように。
USQ_8577_fixw_750_lt.jpg








今日はここまで。





はじめに。
今回の記事は8/18ファミえんday1終演後に行われた職員会議の様子をまとめたものですが、会話スピードにメモが追い付いていない部分や内容が専門的すぎてメモを諦めた部分があります。
単純に聞き間違い・メモの書き取りミスもあるかと。
そのくらい不確かな記事なので議事録ではなくボク個人の備忘録となっています。
そのあたりを含めおいて読み進めてください。


ファミえん初日終演後、バスで30分程かけてこの日の宿である山岸旅館へ到着。
DSC_0910.JPG
一旦部屋に入り、すぐさま会場である宴会場「赤富士」へ。
場内はアルコールを含む1D+軽食あり。2杯目から有料。
参加人数196名。

席には軽食とアンケート用紙。
DSC_0908.JPG
アンケート内容は
「エビ中ネーム」
「好きなエビ中メンバー」
「初登校現場」
「一番好きなエビ中の曲」
「ファミえんに来ようと思った理由」
「エビ中運営への質問、疑問、要望」。

記入後、スタッフさんにより回収。


22:25 キネオさんとかりそめ先生登場。
「みなさんよくお集まりいただきました。オレなら絶対申し込まないw」
「今日は時間を区切らずにやろうかな。帰りたい人は自由に帰ってよし」

22:28 二人に促される形で藤井校長登場。
手にしたコンビニ袋には大量の酒。
3人は「職員会議2018 at 山岸旅館」というオリジナルTシャツを着用。

「みなさん部屋はどんな感じ?」
「スタッフも8人部屋」
「じゃあ今日もお疲れさまでした」
「かんぱーい!」
おつまみをヲタに配るかりそめ先生。

以下、
藤井校長=校
キネオさん=キ
かりそめ先生=か
ヲタ=ヲ

校「まずは反省会だな。朝顔どうでした?イマイチ派の意見も聞きたい」
ヲ「朗読部分がイマイチ」
→ヲ「朗読で始まった時は『おっ』と思ったが、それ以降は特に引っ掛かることもなくピンとこなかった」
※発言者さんからご連絡をいただき、訂正しました。
校「瀬戸ボーイの後任がいなくなった」
か「でかどんでんがぶっ飛んだ曲だったからアイドルっぽい曲をやりたかった」
か「でかどんでん好きな人ー?」
ヲ「(1/5程の挙手率)」
キ「いや今日来てくれてる人って港みたいなもの。なのにこの人数って!w」

校「欅坂の新しいMV良いんだよなぁ。でんぱのMVも良い」
校「Twitter始めて生きづらくなった。オフィシャルだと思われてる。各種情報はHPとか見てよ」

校「今日バスツアーで来た人います?」
ヲ「全員だよ!w」
校「今回、横浜が一番遅かった。なんでだろ。JTBかw」(JTBのスタッフさんも会場にいた)
校「きららは遅れたことがない。4時間30分みてるが今回は火災や事故が重なってしまった」
校「時間を早めた場合、現地で遊べるようにしないと。そうするとももクロっぽくなるなぁ」

か「熟女MV好きな人ー?」
校「オレは気に入ってる。あれは越生で撮った。梅まつりとは関係ないけど、思うところはある」
か「あれはSUSHIBOYS側に全て任せた。段取りもなくスゴい撮り方で、史上最速で終わった」
校「グリーンバックで撮って合成することになったが、グリーンが入ったでかどんでん衣装で撮っちゃった。でもあんまり透けてなかった」
校「柏木がおかしな扱いだけど単純に舞台稽古でいないだけ」
か「柏木はTIFの時にiPhoneで撮った。あのMVはほとんどiPhoneとホームビデオで作られた」
校「もうそういったものにカネをかける時代じゃないのかも」

キ「喋りまくってるけど自己紹介した方が良くない?新規の人もいるだろうし」
か「SDRでチーフをやっています」
校「出世してオレと立場が一緒になっちゃった」

校「(ヲタを見て)顔と名前が一致してる人がいる」
か「ファミえんの話ししてねーw」
校「今回のファミえんはとにかく寒かった。昨日よりずっと寒い。よみうりランドを思い出した。でも昼間は陽射しは暑く、風は涼しい。ハワイみたい」

校「花火にこだわってスケジュールを組んだが批判の声もあって心が折れそう」
キ「オレは全く。サイコーだったと思うよ」
校「オレは花火見れないんだよ。藤下社長(=理事長)は喜んでた。だけど寒いって言われた。寒いって言ったのに軽装で来るんだもん。山をナメんなよw」
校「半袖短パンで来たけど寒すぎて昨日ドンキ行った」

キ「じゃあアンケートいこうか」
※ここからはキネオさんがアンケート用紙から興味がある質問をピックアップして各人が答えていく形に。

Q.「今日のライブの音響が小さかった」
キ「ゴメン、これ明日もだわ」
校「前回と違うのは富士山が世界遺産になり、いろいろな規制が滅茶苦茶厳しくなった。出せる音量にも規定がある。火気の取り扱いも厳しくて、バックステージでのBBQもダメ。今回はほうとうを作ってもらった」
か「明日のPAがんばる。倍音を膨らませて音量は変えずに聴けるように」
校「音響の影響でメンバーもやりづらい部分はある」

Q.「他のスタダアイドルと予定を被らせないでほしい」
校「今までは横の繋がりがなかったが、スタプラができて少しずつかな。それまでももクロは気にしていたが、他は全く気にしていなかった」
校「川上さんとも話しているが、難しい。1万人入る規模の会場を押さえた後に『ももクロと被ったのでやりません』とはできない。被る=やらない、となってしまう。調整はしたいと思うけど」

Q.「春ツアーパンフにあった『あの人の年』とは?」
校「これは言わない方がいい。みんな分かると思う」
キ「分かんねーから訊いてんだよ!w」
校「リミッター解除して滅茶苦茶してる奴がいる。いや、星名じゃないよ」
ヲ「(爆笑)」
校「(そのメンバーは)1/4から明らかにおかしい。率先していろいろやっている」

Q.「シンガロンや響で使われているウエストミンスター進行は意図して発注したものか?グループの重要な転換点となる曲で使われている」
※ebitureなどにも入っているチャイム音のコード進行のことのようです。
か「特にそういったことはない。でも、言われるとそんなタイミングな気がするw」か「シンガロン発注時はぁぃぁぃのことは先方に伝えていない。『ご自身で歌いたくなる曲を』とお願いしている」
か「響はもともと手元に残していた曲。初心的なところはあったし、エビ中の根本なのかも」

Q.「朝顔の美怜ちゃん『また恋をしようよ』について」
校「結論を言うと、狙った」
ヲ「(爆笑)」
校「歌に口出しすることはあまりないが、中山パートだったものを星名に変えた。星名にそれを言わせたかった」

Q.「EVERYTHING POINTを作ってほしい」
キ「観られる(=制作の)チャンスはあると思う」
校「劇場版の興行収入は良かった。需要があればやる」
キ「メンバーの成長や変化はスゴくあるし」
校「ただ、コア向けのコンテンツになっちゃう。ソニーの人も(今日)呼べばよかったなぁ……」

Q.「Rock in Japanでのモー娘。の高評価をどう思うか?ステージの違いは悔しい?」
校「フェスは向こうの流儀でやるしかない。今回は与えられたところも埋められなかった。サザン観るまでテンション下がってたw」
校「セトリは毎回『これが一番』と思って組んでいる」
校「始めての割にはがんばったと思う。モー娘。は目標だが一般からしたら『アイドル』という同じ括りになる。そうなるとみんなが知ってる曲を持っているところが強い。モー娘。はラブマシーンがあるが、エビ中にはない」
校「一般層に訴求する曲は必要。BiSHもそう。エビ中も(奇抜なことを)いろいろやったが、売れたいからやめた」
校「ロッキンは楽しかったしメンバーも気合いがスゴかった。CDJも出たいし来年のロッキンも出たい。みんな3人ずつ友だち連れて来て」

Q.「ゼッテーアナーキーとナチュメロらんでぶーでの出席番号の扱いについて」
校「アナーキーでは抜いたことないのか」
キ「オレだったら抜かない。ナチュメロはSIFが初出し?」
校「まず、今いる人が分からないといけない。6と9に対する温度差があるのも分かっている」
キ「1/4はアナーキーやるしかないと思った。メンバーは『6人のスタートなのに何故入れる?』という感じだったが、やるべきだと納得してもらった」
キ「出席番号は歌詞という感覚。いない人もエビ中であり歴史」
キ「ナチュメロは一回抜いてしまったからどうしようかと思っていたが、今の形(=357101112エビ中!)はメンバーが考えてきた」
校「ももクロの『ササキアヤカ』と同じw」
キ「ももクロはあれがチームのスタンス」
校「川上さんとも話したが、『思い出すから変えた方がいい』と言われ、なるほどと思った。その(いない)人を越えられないと」
校「未だに『誘惑は9人が最高』という人がいる。アンバランスさの危うさ。裕乃なんかその最たる例だなw」
校「サザンもドリカムも、今もスゴいがやっぱり昔の曲ってなっちゃう」

Q.「好きなアーティストは?」
か「YMO」
校「チームとして全員がYMO好きだとつまんない。バラバラだからおもしろくなる」

Q.「この先もずっと学芸会という名、演出でいくのか?」
※この質問者さんは最近ファミリーになり、『学芸会』という言葉と実際のステージングとの差異に違和感があったそうです。
校「変わる可能性はある。何年か前に『私立恵比寿中学』も変えようと考えた。名前に縛られてしまう部分も出てくる。一般層には『女子中学生を集めて学芸会やってカネをとって』みたいな拒否反応がある」
キ「結成時、みんな歳とるの分かるだろw」
校「当時の社長が分かってないんだよ!w」
校「実際、名前の影響がどの程度あるか分からないし、知りたい。モー娘。も変な名前だけど今は関係なくなっている」

※この時点で23:25。元々は2部制で企画されていたようです。
キ「ホントは15分挟んで2部も終わる時間。あとは各自で退出するなり判断してください」
校「ユニフォームの人が多いね。ユニフォームあった方がいい?お、なつがいるじゃん」
校「なつがHPの写真を新しくした理由は分からない」

Q.「安本さんのコーラスが増えた」
か「本人がやりたいと言いだした。去年の春くらいから試行錯誤してやっている。彼女がやりたいことは否定しない。本人も何かしなくては、という意識がある。本人の意見も入れつつ、トレーナーと校長と3人で決めていく」
校「煽り(=フェイク)は入れるパートを決めている。単純にマイクをオフにしている時間もあるので」
校「もうHOT UPなんかはあれがないと物足りない。有安の怪盗みたいな」

Q.「今までの印象的なファンの要望や意見はあったか?」
校「意見により気付かされることは多い。前にも話したことがあるが、『特典会で間口の広い全握をなくしてはいけない。儲けとは別の話しだ』と言われたのは印象深い」

Q.「(校長に対し)もっと自分の思う通りにやればいいのに」
校「それはTwitterの功罪w。自分は打たれ強いと思っていたが、全否定は傷つく。実は最近はあまり見ていない。下の人も見ないから、自分はただのツイ廃だったと気付いたw。オレも人間なんだなぁ。自分でも何が正しいのか分からない時がある」

Q.「10周年でいつもと違う(=ルーティンではない)ことはやるか?」
校「ここで来年のことは言わないよw。確かにここ数年同じルーティン。来年は変える」
校「同じことをやっていると物が売れない。変えないと」
校「今までは学生がいてGWに動きやすい予定を組んでいたが、莉子が18歳になったら全員が深夜OKになる。夜24:00の中山だぜ?めっちゃ眠そうにしてる企画とか観たくない?w」
校「カウントダウンとかもやりたいが、それは紅白を諦めることでもある。でも、カウントダウン中山観たいよなw。今年は(カウントダウンは)無理だけど、19年末はできるかも。パリピみたいなウェーイみたいなのやりたい。でも紅白諦めるのもなぁ……」
校「メンバーが楽しければOK。期待してて」

Q.「職員のベストライブは?」
校「1/4 ebichu pride。良すぎた。メンバーもスタッフも良かった」
キ「ぁぃぁぃ演出の方が良かったとメンバーに言われたw」
か「2013年の1st SSA。やったことのないことを成し遂げるスタッフのカタルシスがあった。オープニングで泣いた」
キ「2013年の河口湖ファミえん。あれがあったから続いている。自然体なメンバー、村長の開会宣言(=恵比寿中学校)。SSAの発表時のメンバーリアクションも良かったし、花火も良かった」
校「3人中、2人が2013年てのも……」
キ「じゃあもう少し。合同出発式。転校する3人と入ってくる2人の縁を作れて良かった」
キ「Keikiiiiツアーファイナル。HEREが出たやつ。柏木が大変だったツアーで印象深い
キ「春ツアーは自由度が高いが吟遊詩人は不評で、校長に世界観が強すぎと言われた」
校「あのツアーはポップコーントーンが良かった。あの曲はバタエフェの時には既に手元にあって、絶対に他に渡したらダメだと。穴空に入ったがゼッテーアナーキー、全力ランナーあたりとどれをリード曲にするか議論になった」

※会場にはアートディレクターの西岡ペンシルさんと衣装担当のタクティ~さんの姿も。

以下、
西岡さん=西
タクティ~さん=タ

Q.「今回のアロハシャツの名前表記が真山だけ違うが?」
校「これは専門家がいるから訊こう」
西「これはねぇ……誰もが見逃しちゃったんですねぇw」
校「真山は真山なんだよ。だから りか真山になった」

校「春ツアー衣装も西岡さんとタクティ~さんのコンビだった。何ですぐにエロ肩出し衣装にするの?」
タ「夏だから。衣装はスーパーヒーローから担当している。AKBっぽくて嫌だとマネージャーから突き返されることもある。脇を出した案は『一昨日来やがれ』的に言われた。ファミリーは親目線的なところが強めなので、衣装の露出に関してはもどかしい思いをさせているかも」
校「でもみんな喜ぶ。嘘つきなんだよw」
タ「自分はメジャー化が使命だと思っている。AKBはヘビロテから担当している。エゴサの鬼を自認しているが、あの頃は(AKBヲタが)スゴかった」 
校「そんな人がエビ中の他にベッド・インもやってる」
タ「みんなの意見は聞きたい。ヘビロテ当時は殺害予告や情報晒しがひどかった。AKB外部だから拒否反応が多かった」
校「ルーティンの話しに通ずる部分。新しい人、新しいことするのは大事」

※ここでファミえん初日の話しの流れに。
校「今日のフードを被ってのゴースト良かった」
か「オープニング曲はebitureがモチーフ。ただし3秒くらいしか使われていない」
校「古参からの評判が悪い。起承転結がないとか」
キ「結局めっちゃTwitter見てんなw。起承転結も毎回やってるとルーティンになっちゃう」
校「もう少し攻めた方が良かったかも……。チャレンジしていることもあるから2日間ひっくるめて評価して」

Q.「メンバーのかわいいエピソードを教えて」
校「最近スゲーかわいいんだよなぁ真山。ファッションセンス良い。自信を得ている。ここ1~2年くらいかな、力をつけた」
タ「インスタの影響はあると思う。自分で考えて自撮りしたりするから。色っぽさとか。意識するから」
校「功罪だw」

校「安本と小林のじゃれあいは娘的かわいさ。ロッキンに行く車内でずっとゲームしていた。小林はこれからキレイになるのが確定している。ヤスは痩せてかわいくなった。独自センスで心配になることもあるけれど、安本はかわいい」

校「星名はかわいい。めっちゃかわいい。いろいろ無頓着でかわいい。贔屓レベルでかわいがっている。その代わりめっちゃ怒られている」

校「柏木はホント今かわいい。舞台のビジュアル撮影がホントにかわいい。パフォーマンスも良い」

校「中山は生き物としてかわいいw。りったんめっちゃかわいい」

校「こんな感じでいい?え、最後これ?w」
キ「幸せじゃん」
校「他に言いたいことがある人は次回ね。明日もよろしく」

24:12終了。


さいごに。
繰り返しになりますが、あくまでも備忘録です。
間違いや訂正してほしい人は糾弾とかしないでこっそり耳打ちするかのように教えてね。





今日はここまで。

8/11 ときめき宣伝部「ときめきグリーンひよりん生誕祭」@八王子市南大沢文化会館
KCvOBvuILL.jpeg
今年もひとちゃんこと坂井仁香ちゃんと同日で開催された生誕祭。
1部がひとちゃん、2部がひよりんの構成でしたがボクは仕事の流れが読めず、申し込みに出遅れた結果ひよりんだけチケットを確保するのが精一杯でして。

今回の会場のキャパは500。少ないよ狭いよチケットとれないよ。
モチベーション低下は否めませんでしたが、
LINEライブでの中継を眺めてたら俄然やる気が出るんだから我ながら単純。
電車に飛び乗って現地へ向かったのでした。


到着してまずは物販へ。
1部の生誕生写真も買えるとのことで1セットずつ購入。
最近はエビ中さんもなかなかサインが出ないので久しぶりの感覚。
まぁどこに行っても1セットしか買わないから当たるわけないんですけどね。

着席。
ボクはドセンのJ列。10列目ですね。
会場は狭いながらも傾斜がついていて視界良好。

01.夏祭り
02.サンタさん
03.青春アンセム
04.TRAP
05.プリンセスプリンセスプリンセス
06.初恋サイクリング
07.ドンウォーリー
08.レモンジュース
09.フレフレ
10.私の道
11.亜麻色の髪の乙女
12.夢見る少女じゃいられない
13.狙い撃ち
14.早口ことば(ドリフ)
15.夏祭り
16.すきっ

↑セトリはTwitter上の情報を繋ぎ合わせただけなので間違いあるかも。
曲名も一部略しています。メンドくさいのでw
YTK9_6r9sp.jpeg
登場は客席後方からひよりん一人で夏祭りを歌いながら。
うーん間近で見ると小柄でかわいいぞ。

ステージでメンバーと合流し、そこから曲を次々と投入。
チケットがとりづらいくらいキャパの少ない会場でしたがそれが逆に客席の一体感を生んでコールがスゴい!
PPPでは「ひよりもパーフェクトになりたい!」という主役の願いを叶えるべく、全力で叫ぶヲタたち。

レモンジュース。
びっちょりで聴きたかったからなぁ。
久しぶりに聴けてよかった。

10.私の道~13.狙い撃ちはひよりんソロコーナー。
私の道では去年に引き続きピアノでを弾きながら。
TtW8que1ly.jpeg
ピアノ、上手になってたなぁ。
ひよりん自身の歌声がキレイでかわいいのでこういう演出だとホントにハマる。
いやしかし選曲のセンスw
我々にはありがたいけど「え、昭和生まれ?」と疑ってしまいそうなチョイス。

14.早口ことばはアレです。ドリフのアレ。生麦生米生卵♪ね。
セブンティーンモデルのひとちゃんがドリフの振り付けをやっているのはなかなかの衝撃でした。

ここでまさかの本編終了。

アンコールは登場曲でもあった夏祭りからスタート。
この「最初にソロで歌った曲をもう一度メンバーと歌う」というのはどのくらい狙っていたのかは分かりかねますが、復習をしているようでなかなか心地よくて楽しかったな。

ラストはひよりん曲と言ってもいい「すきっ」で締め。
「みんなが」「すきっすきっすきっすき♪」と歌いだすはずが「宣伝部員さんが」と言い間違えてしまい、なんとも字余りな感じで曲に突入する爆笑ハプニングあり。


ライブ中の転換時間にはVTRによる演出も。
記念日を迎えるひよりんは「メンバーに顔面パイをしたい」というドッキリ計画をぶち上げるも、それを事前に知っていたメンバーに返り討ちにあうというお約束展開w
E9ntYT_R1G.jpeg
ひよりんを羽交い絞めにしていたバンビちゃんも流れ弾をくらい、顔半分くらいがシュレック状態に。

と、まぁ笑顔の絶えないライブ。
いつの間にか彼女の代名詞として定着した向日葵のように、周りの人を楽しくさせることに特化したかのような時間。
そしてその裏には各メンバーの地道な努力によるライブパートのレベルアップが感じられるようなステージでした。


おはるはなんだか動きもダンスも大人っぽくなってたなぁ。
pQN4Vrckrk.jpeg
そりゃ高3ですものね。年相応ってやつ。
最初に出会ったの時は中学生だったんでした。時間の経過って怖い。
お見送りハイタッチではしっかりとボクに言葉も掛けてくれたので言うことなし。


もう今週末はファミえんですね。
暑い日が続きますが、体調を整えて現地でお会いしましょう。






今日はここまで。

↑このページのトップへ