月別アーカイブ / 2018年07月


IMG_20180519_193150.jpg
夏ですねぇ。
エビヲタ的には春ツアーが終わったところなので本格的に季節の変わり目といったところ。

今回はちょっと力を抜いて、自分のための情報整理の記事にします。


◇サブレ
何やら今年も動き出しました。
起用していただけてありがたいですね。
とりあえずは特別パッケージ&メッセージ商品が販売されているみたい。
ここからまたTwitter連動企画とかあるのかなぁ。
曲ができちゃったりしたら一番嬉しいけど。
衣装を着て写真も撮っちゃってるし、これからの成り行きを見守りましょう。
make_img01.png
(コスプレとか言っちゃダメよ)


◇フェスとか
8月に入ったら8/3TIFがあって8/4富山のホットフィールド、
翌週の8/12ロッキン、月末には8/26@JAM…
9月も9/23四星球、9/29メーテレ。

いやー忙しいなぁエビ中さん。

もちろんこれら以外もお仕事は目白押しなわけで。
なんとか体調には気を付けて乗り切っていただきたい。
ほとんどが夏の屋外会場ですしね。
ボクはTIFは無銭でチラ見する程度かなぁ。なんせ仕事帰りに寄るのが精一杯で。
あとはメーテレに行きます。
翌日が横浜個握なんですよねぇ。交通&宿泊に悩む。
@JAMも近場なので行きたいですが、こちらも仕事で撃沈。


◇君宙
ドラマは8/5からスタートだというのに、いろいろ情報が出てきて混乱していますw
まずは同日に「君宙ゼミ」というイベントを開催。ボクも参加します。
で、すでに円盤化が決まっていて君宙ゼミで予約するとアナザージャケットがもらえる、と。
それとは別に8/3渋谷タワレコで予約すると11/24のイベント参加券がゲットできる、か。

…合ってる?w

そもそもドラマの試聴方法が未だに分かってないんですよねボク。
スマホとかで観るものなの?
何か契約しないとなんですよね?
…もうメンドくさいから円盤買って終わりにしようかな。


◇観光大使
IMG_20180601_123237.jpg
ちょっと忘れてましたw
こちらはまだ動きがないですよねぇ。
恵比寿観光大使ガールズアンバサダー。
待ち望んでいたタイプのお仕事なので期待しています。


◇ファミえんEP
ジャケ写が公開されましたね。
1532336471818.jpg
音源は8/18ファミえんday1当日にドロップ予定ですか。
0:00からDL開始だと思うんですけど、今年は出発時間がやや遅めなので助かるなぁ。
しっかり聴ける。

「朝顔」は当日にならないと聴けないのかな?

あと熟女とエビフライも入るんですね。
いま気付いたw


◇舞台
彩ちゃんのGEARは継続中。
ありがたいことです。
もう一回くらい行きたいけど時間的に厳しかな。
でもホントに良い舞台だから行かれる方は楽しんで。

ひなちゃんも舞台が決まりましたね。
1公演だけ観させてもらうつもりです。
初日はさすがに険しかったなぁ。
10推しさんにはちょっとドキッとする宣材写真ですけど楽しみにしていますよ。


◇ファミえん
もう1か月切ってるんですよねー。
エビ中の1年の中でも最上位に重要な現場。
ボクは2days参加です。ありがたや。
だけどちょっと気になる情報も。
円盤化がなさそう?
あってもフルパッケージがなさそう?

まぁいろいろ事情があるのでしょうがボクとしてはステージ裏の特典映像が観られないのがイタイ。
コストと見合わないのかなぁ。。。
プロが一生懸命考えてやってるんだからそれに従うしかないのかな。


◇夏S
いま一番ホットな話題でしょうかw
いろいろ言いたいことはあるけれど、ホントに成功というか参加者が楽しめるようなイベントになればいいなと祈っています。
だって安くない費用と休日を投入しているわけですからね。
ただ、楽しい云々の前に開催できるかという問題が…。
台風は予期してませんでした。
エビ中が出るからかな?w
中止になったらどうするんでしょ?
今日の15:00でしたっけ、発表を待ちましょう。
まずは怪我人など出ませんように。


◇ムック本イベント
4-2-1024x576.jpg
夏S翌日には各地にメンバーが散ってトークショーを。
うーん。このチグハグ感w
せっかく多くの人が首都圏に集まるのだから先日の幕張みたいのをドーンとやればいいのにね。
これもいろいろと大人の事情があるのかな。
そういうボクは美怜ちゃんを追いかけて名古屋へ行きますw
これも楽しいイベントになるといいな。


◇ちゅうおんとか
もう始まっちゃいましたね。ちゅうおん申し込み。
なんだか早い気もしますけど何年も続くと
「あーちゅうおん申し込みの時期かー」
って秋の報せになるのかな。
去年はツレと3名義申し込んで当選は1。
マジ落選とかあり得そうで怖いんですよー。

ちゅうおんの後は秋田分校があって、
年を越したらエビネギがあって。

今年はアイドルグループの解散が多いようです。
しかもそこそこ名の通ったグループも。
こうして先の予定がある、
10周年イヤーだ、
というのはとても幸せなことなんだな。
IMG_20180723_212248.jpg



みなさん良い週末を。
今日はここまで。



◇7/22 私立恵比寿中学 SHAKARIKI SPRING TOUR 2018~New,Gakugeeeekai of Learning~(新・学芸会のすヽめ)@東京国際フォーラム ホールA
USQ_4345_fixw_750_lt.jpg

このブログで「ホールA」って、初めて表記した気がします。
というのも今年に入って国際フォーラムに来るのは3回目ですが、過去2回は「ホールC」でしたので。

うだるような暑さの中なんとか会場に到着し、見知ったお顔にこんにちは。
開場前物販をまだやっていたので生写真を少々購入。サインなし。

Negiccoさんは前日に新潟で大きなライブだったんでした。
DSC_1034.JPG
新潟→有楽町と回した人もいたそうですね。

入場後、ふらふらと歩いていると鮮やかなワンピースを着た女性を発見。
吉澤さんでした。
小柄で可愛らしいのは間違いないんですが、それ以上に独特な空気感を纏っていて彼女の周りだけ夏の暑さなどないかのよう。

キャパ5000オーバー会場での今回の席は2階25列。
かなりの後方席でしたけれど、首都圏&千秋楽ということを考えるとチケットを確保できただけでもありがたいのかもしれません。
そして見渡す限り椅子、という光景なのにお隣が顔見知りヲタさんで笑ったw


春ツアーラストのオープニングひょっこりはんは柏木選手。
USQ_2397_fixw_750_lt.jpg
一瞬で世界を優しく包んだ後に桜エビ~ずが登場し、オープニングアクトの扱いで2曲披露。

01.エビ・バディ・ワナビー
02.リンドバーグ
DSC_6847_fixw_750_lt.jpg
もちろん誰しもが2年前の千秋楽を思い起こしていたと思うけれど、あの時とは比べ物にならないくらい飛躍したパフォーマンス。
桜エビの各メンバーもいろいろなフェスやライブを経験して、「国際フォーラムで歌う意味」みたいなものを理解しているのでしょう。

そして2年前と明らかに違うのが会場の反応。
前回はエビ姉さん曲のカバー(えびぞり)だったこともあって冷ややかな反応だった記憶がありますが、今回はかなり受け入れられている印象を受けました。
後ろから観ていましたけどフリコピ勢なんかは初見でその場のノリな人もいたんでしょうけど、明らかに桜エビ現場に行っていると思しき人もたくさんいて。
同行者が桜エビの兼ヲタだったんですが、曰く「最近はエビ中から桜エビ現場に来る人が多い」とのこと。納得。

ただちょっと怖かったのが彼女らが出てきてしまって絵本の世界観が壊れてしまわないか不安だったのですが、おとなしく本の中に帰っていってくれました。
みっぴのあの煽りを観ていたらそう思うのも仕方ないでしょ?w


エビ中さん登場。
この3ヶ月間、毎週のように繰り返してきたこと。
DSC_6970_fixw_750_lt.jpg
「いつも通り」のように見えましたがHOT UP曲中、歌穂ちゃんが「いくよーーー!!」と叫んでびっくり。
お、気合い入ってんな、と一気に引き込まれました。

サドンデスは久しぶりな感覚。
今回はイケボ対決。
安本ヴォイスにメロメロにされる女子ファミリー。
真山の太ももに釘付けな3推し。
優勝した莉子てゃんは続々と言葉を掛けるメンバーを冷酷ヴォイスでめった切り。

ポップコーントーン。
終盤の美怜ちゃんの「イエーイイエーイ」がホントに伸びやか。
ぁぃぁぃから引き継いだパートですけどもう完全に自分のものにしましたね。

誘惑したいや。
はい美怜ちゃん。

春の嵐~さよならばいばい。
ここは恒例になったと言える曲繋ぎで。
真山ブロックと言ってもいいですかね。
スタイリッシュな春の嵐、さよならばいばい歌いだしの柔らかさ。
まやまかっこいいよまやま。

熟女になっても。
YASUBOYSは絶好調でしたが、今回は本家SUSHIBOYSさんが登場。
男性ヴォイスが入ったバージョンもお見事でしたが、いやいや彩ちゃんラップも負けてませんでしたよ。
USQ_4053_fixw_750_lt.jpg
ここしばらく聞かれる喉の調子はだいぶ戻ったのかな。
まだ万全とは言えなそうだけど、しっかり休んで戻してね。

浦島莉子と美怜女神が登場。
USQ_4218_fixw_750_lt.jpg
「あなたが落としたのはファミえんのリラックスチケット?
それとも夏Sのチケット?」
との問いに
「ファミえん!」
正直すぎる回答の莉子浦島。

「うそうそうそ!」
とソッコーで訂正し、あとは天狗と河童とカブトガニと「ど」が出てきてアナーキーな状態に。
USQ_4229_fixw_750_lt.jpg
なんだよこの写真w

ゼッテーアナーキー。
武道館以来なんでしょうか。
8つの数字を繋げることが、なぜにこんなにも幸せなのだろう。

イート・ザ・大目玉。
こちらは初めて耳にしました。
噂通りの爽快な良曲。
夏、そしてファミえんにぴったり。

アンコールはラブスマから。
春ツアーの終わりですもの。
夏の扉を開けなくちゃ。
ホールの扉を開けたらマジ夏だけど、そこは気にしない。



そしてあとは何を歌うか…
と思っていたら。
USQ_4716_fixw_750_lt.jpg
スターダストライト。
青い光に包まれて歌うエビ中は、言葉にできないような美しさだった。

なないろ。
そりゃそうだよね。
一緒にツアーを走ってきたんだもの。
一週間遅れのHappy Birthday。

ラストはツアーを通じて育んだ響でフィニッシュ。

01. EBINOMICS
02. HOT UP!!!
03. ハイタテキ!
04. サドンデス
05. U.B.U.
06. ポップコーントーン
07. まっすぐ
08. 誘惑したいや
09. 禁断のカルマ
10. 春の嵐
11. さよならばいばいまたあした
12. でかどんでん
13. スウィーテスト・多忙。
14. 日記
15. 熟女になっても
16. ゼッテーアナーキー
17. 自由へ道連れ
18. イート・ザ・大目玉
19. シンガロン・シンガソン
20. YELL
<アンコール>
21. ラブリースマイリーベイビー
22. スターダストライト
23. なないろ
24. 響


でも千秋楽はこれで終わりじゃないんですよね。
ツアーのダイジェスト映像。
(BGMは何でしたっけ?メンタルが飽和状態を迎えてしまって覚えていません。。。)
→BGMは大目玉だったようです。情報感謝!

去年の映像もスゴかったけど、今ツアーのこんな映像を観せられたらEPを観たくなっちゃうじゃない。
運営は罪作りだなぁ。

痛くなるほど手を叩き、これにて2018年春ツアーは幕となりました。


まずは長丁場を終えたメンバーとスタッフさんに拍手。
0TlVoUmIB2.jpeg
もちろんお仕事はライブだけではないわけで、超人的なスケジュールだった時もあったとお察しします。
学生メンバーもいますしね。

そんな中で多少の体調不良はあったけれど、なんとか最終日を迎えられた。
それだけでも感謝です。

ボク個人としては6公演に参加。
去年は10公演でしたので少なく感じるかと思いきや、1ステージに集中する部分もあってちょうど良かったかも。
この辺りは個人差でしょうね。良し悪しではないです。

いやー、ホントに楽しい3か月。
行けなくてグギるのも、行けた人のレポを見るのも楽しかった。

今年もいろいろな人とご挨拶できました。
ありがとうございます。
みなさん意外とボクの妄想ツイートを楽しみにしてくださってるのは分かったけど、中にはちょっと本気で心配してくださる方もいてw
大丈夫。
分かってやってますから。










ちゅうおんやら夏Sのことも書きたいけど、
今日はここまで。






















USQ_3925_fixw_750_lt.jpg
美怜ちゃんどうしたんだろ。
まだ帰りおっそいなー。


◇7/21 とき宣「ときめき夏のびっちょり祭り2018 in 東武動物公園」
IMG_20180724_021716.jpg

昨年の日比谷野音に続き今年も開催されたびっちょり祭り。
この日を迎えるにあたり、かなみんが水の増量を「先方」に発注したり、
まぁ煽りまくってくれたおかげで期待に胸を膨らませて現地へ向かいました。

向かいましたが、、、。
都内の我が家から電車で1.5h程。
こんなに遠いのかよケツが痛いよ、なんて思いながら電車を降りるとなんだか輝く美少女軍団が。
IMG_20180724_022021.jpg
ぃやっほぅ!
いとをかしメンバーでした。

もちろん追いかけるなんてことはせず、駅前に停まっていたバスに乗り込んで東武動物公園到着。
いやー着いた着いた、なんて思っていたのですがここから広大な園内をステージまで歩けと。
10分くらいかかったかな?すでに汗でびっちょり。

開場と同時にいとをかしメンバーは2グループに分かれてチケットの販売と入場者へチラシの配布。
日焼けとか大丈夫なのかな。大変だなぁ。
ちなみに今年のいとをかしはファミえんと日程がかぶってしまって不参加が確定。
ここ2年半くらいは行けてたのに残念。
とても良いお芝居を見せてくれるので、お時間あるかたはぜひどうぞ。


DSC_1025.JPG
びっちょり会場はももクロ姉さんが子ども祭りとかやってたところですね。
意外とこじんまりとしていてステージが近い。キャパ1300で完売。
屋根も付いていて快適。
昨年のびっちょりで配られたコレを装着し、その時を待つ。
DSC_1027.JPG
ちなみに会場の装着率は1割未満。
気にしない!

01. キタコレ!モーニング
02. ガンバ!!
03. Chocolate Truffe
04. サンタさんが・・・・・やってこない!
05. サマーリミックスバージョンメドレー(PaPiPoPiポップガール~季節外れのときめきサマー~ぐーすかP~フレ!フレ!~土っきゅん!!少女)
06. 乙女のグロリアス
07. TRAP
08. DEADHEAT
09. トウメイ恋心(ハート)
10. すきっ!
11. GAMUSHARA
12. せきがえのうた
13. プリンセスプリンセスプリンセス
14. 初恋サイクリング
15. むてきのうた
16. SWEET SWEET DAYS
<アンコール>
17. GAMUSHARA
18. ぴょんぴょん
19. 遠くであがる花火 二人ならんで見てた


詳しくはみんなでナタリーさん読もうね。

まずはメンバー登場と同時にステージ横のマシーンから水が…
水が…ふわ~っと放出。
イメージ的には真夏によく見るミスト状のアレ。
え、ナニコレ、びっちょり祭りだよね?

と思った刹那、
どーーーん!!!
とホースから放たれる水!
ホントに消防隊が使うようなホースから信じられないような勢いで容赦なく水がぶち撒かれて。
IMG_20180722_001559.jpg
ボクはコンタクトをして行ったから良かったけど、メガネしてたら吹き飛ぶくらい。
お子さん直撃とか大丈夫か心配w

そして会場のあちこちで聞かれる
「あっつ!!!」
という叫び。
いつから水を用意していたか知りませんが、酷暑でタンクの水がお湯のような温度になってましたw


DJばんびによるメドレーコーナーではメンバーが4-2に分かれ、会場後方のお立ち台からも放水。
ちなみにメンバーは既に歌うことを放棄していて音楽はBGM代わり。
USQ_4038_fixw_750_lt.jpg
この4-2フォーメーションは何回かメンバーの入れ替わりを含めてあったので、お客さんは全員メンバーを近くで観られたんじゃないかな。
あ、こうしてる間もステージ横の水はじゃんじゃん放出されてますからね。

新曲「GAMUSHARA」はコール&レスポンスの練習をしてから初披露。
ロック調でノリの良い曲。
コールはまだ手探り状態だけれどこれから育っていくのでしょう。

ライブで一番目を見張ったのは今回が初挑戦となったソロダンス。
特にトップバッターとなったサララのバレエダンスは、ちょっと筆舌に尽くし難い程の美しさ。
USQ_3839_fixw_750_lt.jpg
機会があればこれからも観たい。

初恋サイクリング。
テッパンの盛り上がり。
USQ_4116_fixw_750_lt.jpg
隣の人の肩に手を置くフリコピ率は100%に近いんじゃないかしら。

むてきのうた。
ガチ恋口上での「なになにー」の声がついに聞こえなくなりました。
みんな言いたいことがあるんだなぁ。

アンコールラストは「花火」。
ちょっと意外な選曲でしたが、ライブで聴くのは初めて。
日も沈み始めて線香花火が終わりを迎えるような感じでライブ終演。
IMG_20180724_023905.jpg


いや、楽しかったです。びっちょり祭り。
もはやライブというより水遊びというか、そっちに重きを置いたイベントという感じ。
確かに去年の倍は濡れましたし。


じゃあ全てに満足かと言うと…うーんw
セトリ、がね。

ときおとめ曲が多くなるのは仕方ないとは思うんです。

でもなんで「ときサマ」がメドレーに組み込まれてるの?
今日歌わないでいつ歌う?
なのに「サンタさん」はフルで歌ったり。

「土っきゅん」もしっかりした形で聴きたかった。

せっかく屋外会場で夕方に向けてのライブなのに。
「レモンジュース」は?
「100%オレンジ」は?

勿体ないなぁ…なんて思うのは、曲と思い入れが揃った贅沢なことなのかな。

ま、ごちゃごちゃ言いましたがボクもびっちょりに濡れるということを主眼に置いての参加でしたので楽しかったことには間違いなし。
メンバーもがんばってくれたし、満足です。


そして年末のライブが発表されました。
12/24。
舞浜アンフィシアター。
えーとさ、ガチのクリスマスライブにディズニーの一角に行かなくてはならないヲタの気持ち……w

でももうクリスマスのことを考えなくちゃなんですね。早い。
エビ中も同時期に大きなライブが入りそうだけれど、とりあえず申し込んじゃいました。

ときクリで思い出すのはやはり一昨年の大宮。
いろいろな考えはあるのだろうけど、夏から大一番へ向かう流れが非常に悪かった印象。
メンバーも「2000人の壁」と意識している様子ですね。
会場は半円形で観やすいから、良いライブになるといいなぁ。
IMG_20180724_024027.jpg
夏Sもがんばって。





今日はここまで。



↑このページのトップへ