月別アーカイブ / 2018年04月

4/29 ばってん少女隊@柏の葉
o1080060914180377312.jpg

前日のお酒が抜けきらないまま家を飛び出し、柏の葉へ一直線。
yes!TX!


いいお天気だし階段状になった会場には人工芝が敷かれていて気持ちいい。
この会場は2年前の とき宣かなみん生誕以来かな。
その時には人工芝なんてなかった記憶。

1.ばってん少女
2.ススメ!MIGHTY GIRL
3.びびび美少女
4.無敵のビーナス
5.ますとばい!

いつも通りの元気いっぱいパフォーマンス。
大型連休ですから西へ東へリリイベが続くようですけど、何とかこのまま乗り切ってほしいな。

関東圏に限らず休日はアイドルイベントが飽和状態ではあるんですけど、、、
やっぱりちょっと人が少ないですね…。
柏の葉は都内からだと移動が大変なのは確かなんですけど、楽しいライブをやってくれますからいろいろな人に観てもらいたいな。
…っていうボクも2回目なんですけどw

せもてもの抵抗。
自分でもよくがんばったと思う。




接触は回避して、のんびりこのまま2部も楽しもうかなと思っていたのですが、余計なことを言う親切な方はどこにでもいるもので、15:30から中野でBiSさんのフリラがあるよと。
急遽予定を変更してそちらへ移動。
BiSさんなんてなかなか観る機会がないですし、中野はご近所さんですからね。




4/29 BiS@中野フレッシュロックフェスティバル
IMG_20180430_124230.jpg
今回で4回目のイベントなんだそうです。
中野はご近所さん、なんて大口叩いてしまいましたが、こんなイベント全く知りませんでした…。


少し風は強かったですが、引き続き暑いくらいの晴天。
コンビニでビールなんか買ってエリア外でゆっくり待機。
BiSさん目当ての人、多かったですねー。
黒地にIDOLと書かれたお馴染みのTシャツ。
あとやっぱり若い女性が多い。
オルスタのイベントですから痴漢冤罪に気をつけねば。

DSC_0888.JPG
1.nerve
2.WHOLE LOTTA LOVE
3.SOCiALiSM
4.ロミオの心臓
5.BiSBiS
6.レリビ

曲はnerveくらいしか知らなかったんですが楽しかった!
お客さんも一見さんを含めてかなり入っていて、司会の人によると700人くらいいるとのこと。
ボクは大丈夫でしたが最前はかなり圧縮され、一度ライブをストップさせるほど。
昇り調子のWACKグループ。
その一端を見る光景でした。

んー、個人的にはBiSHさんより好きになるかも。
いや、方向性が違うような気もするから両立できるか…。
あ、でもBiSHさんをもう一回しっかり観ないとな…。
ということになっちゃうわけですw
でも機会があればホントにしっかり観ていたいな。




みなさん今日はどこの現場に行かれてますかね。
体調には気をつけて楽しんでください。




今日はここまで。



4/28 エビ中@府中の森芸術劇場どりーむホール
USQ_5117_fixw_750_lt.jpg




今ツアー2回目の登校となりました府中。
春とは思えない灼熱の中、京王線に揺られて現地へ。
ちょっと電車を間違えそうになりましたが、こんなのミスのうちに入りませんね。


会場に到着して物販へ。
前回は買わなかった青リストバンドと生写真を1セットのみ。
リハ券は出ず。
いろいろと情報を揃えてみると、リハーサルはなかなかの距離感での見学とのことで、そこまでグギギとならなくていいのかな。
いや、当たったら狂喜するんでしょうけど。


こちらも前回は人だかりでスルーしていた写真パネル。
じっくりと観ながら撮影させてもらいました。
DSC_0868.JPG
で、このパネル、バザール会場にあるんですよ。なぜか。
うう、やってみたい。当たらないだろうけどやってみたい。
すでに個握だなんだので積んでしまっていますからね、諦めます。

とはならないのがダメな大人。
でかどんでんを2枚予約してガラガラしてみると、
嬉しい…。
嬉しいよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ。




M.1 EBINOMICS
M.2 HOT UP!!!
M.3 サドンデス
M.4 フォーエバー中坊
M.5 U.B.U.
M.6 仮契約のシンデレラ
M.7 まっすぐ
M.8 誘惑したいや
M.9 アンコールの恋
M.10 春の嵐
M.11 フユコイ
M.12 でかどんでん
M.13 制服"報連相″ファンク
M.14 あたしきっと無限ルーパー
M.15 紅の詩
M.16 日記
M.17 君のままで
M.18 シンガロン・シンガソン
M.19 ハイタテキ!
M.20 YELL

En.1 ポップコーントーン
En.2 感情電車
En.3 響


これまでの公演と比べると3曲目にサドンデスが復活し、タフガキが無限ルーパーになったのかな。
それとシンガロンがアンコールから本編に繰り上がって、靴紐なし。
アンコールが3曲になった、というところでしょうか。

セトリの変化が少ないことに不満の声もあるようですが、これが通常ですからw
その中でもこれだけの入れ替えに対応しているのは、素直にスゴイと思いますよ。

全体的な印象としてはいろいろな世界観を見せるパッケージとしてしっかり考えられていると思いますし、このまま突き詰めていってもらいたいな。




気づいたこと羅列。

オープニングの幕間から出てきたのはリコ中山。
この人選はきっと規則性のようなものはないのでしょう。

サドンデスの敗退理由がめちゃくちゃw
でかどんでんに掛けたワードで各々敗れていきました。

日記はどんどん良くなっていっているように感じます。
ボク的このツアーの代表曲。
ぽーちゃんソロコンが楽しみですね。

Yellの歌声も全体的に伸びやかでした。
お見事。

エビクラシーのフィーチャー曲たち。
藍色のMondayだけ演ってないんですよ…。
ちょっとセトリに組み込みづらい曲なのかもしれませんが、コビトさんというか妖精チックな演出に合うと思うんだけどなぁ。
USQ_5157_fixw_750_lt.jpg
絶対かわいいって。


その美怜ちゃん、今回は大過なく。
実は紅の詩でちょっとあったんですが、ボクみたいに変態的に見つめていないと分からないレベル。
あ、でも…「ファミえん」っていうワードが聞こえたような聞こえないような…w

しかしアンコールでのポップコーントーン。
ラストのぁぃぁぃパートのシャウト部分が美怜ちゃんに引き継がれていましたが、この声が素晴らしいもので。
それらの些末なミスを一発で帳消しにするような瞬間でした。




実は開演前から注目していたことが1つありました。
DSC_0219_fixw_750_lt.jpg
彩ちゃんのフェイク。
Twitterなんかでも少しだけ話題になっていたようですが前回の大宮公演で気にはなったんですよね。
ちょっと嫌な言い方になりますが、んー、やりすぎじゃない?って。
特にまっすぐのイントロでは、なしでいいんじゃない?って。

それが府中では入れるべきところは入れ、外すところは外す、とかなりボク好みな感じになっていました。

そう。こういったことって個人の好みによるところが殆どで、全員を納得させるのは難しい。
だけれど彩ちゃんフェイクは大きな武器になるのは誰もが認めるところ。
だから上手いこと使ってほしいなぁと。

まぁ去年の秋からですからね。これからどんどん良くなっていくでしょう。

チャイムがなかったのは残念だけれど、これこそ個人の好みというかヲタの戯言ですから。

募金が彩ちゃんだったのは嬉しかったなぁ。
でかどんでん関連では全て美怜ちゃんに突っ込んでしまっているので一瞬でも他メンバーに逢えるのはいいですね。




次回は5/6パシフィコ横浜に登校予定。
みんないろいろな想いが交錯する会場で、どんな世界を見せてくれるのか楽しみですね。

そしてボクは今日も二日酔いです。
みなさん素敵なGWを。







今日はここまで。

パパッといきます。


4/26 はちみつロケット@AKIBAカルチャーズ劇場

一連のアキカル公演、今回ははちロケ。
はちロケは2月にも観ていますがあくまでもフリーライブで、しっかりとした会場で観るのはかなり久しぶりだなぁ。
…なんてことを思っていたのですが、前回2月のライブ内容を思い出そうとしても頭に浮かぶのはバスや電車に乗っている風景のみ。
遠かったなぁ…。
IMG_20180427_183048.jpg
黄金の衣装を身を纏い、新しく作られたと言うovertureで登場したメンバー。
衣装はメジャーデビューのタイミングで作られたものですが、2月のフリラでは違う衣装だったのでこれだけで嬉しい。

1.フライングゲット(AKB48)
2.はちみつロケット~黄金の七人~
3.おかしなわたしとはちみつのきみ
4.お願いメテロティス
5.バカイズム
6.大バカイズム
7.ハニートランポリン
8.恋メラ
9.放課後リフレイン
10.走れ!
11.フレンドリーム

えーと、流れを説明しますと登場→はちロケ総選挙→かのんちゃん2位、播磨1位→しかし播磨人望なし→かのんちゃん慕われてる→フラゲ歌うも播磨センターじゃない→夢だった、というオチ。
完璧なコント。
ここですでに15分経過w
ロケッターさんの中には「早く始めてくれ」という人もいたかもしれませんが、ボクは楽しかったな。
そしてこの焦らし作戦がハマったのか、「黄金」以降の楽曲でじわじわと会場の熱量が上がるのでした。

バカイズムでも楽しいのに、それを倍速にした「大バカイズム」。
ロケッターのみなさん楽しそうだなー。
公野さんはリズムをとるのが大変で、澪風さんはアタマがついていかないとのこと。

ちなみに「大バカ」歌唱中、機材トラブルにより伴奏が止まってしまうアクシデント発生。
しかしメンバーは(ちょっとしか)慌てず、アカペラで続行、しばしの後に伴奏が戻って無事復帰というシーンがありました。
ももクロの「アレ」を思い出すような場面でしたが、こういった落ち着きは様々な経験を積んだ証じゃないかしら。
運営のこういったアナウンスも好感が持てますね。

その後のハニートランポリン、始めて聴きましたがバカイズムからの流れを切らないような速いテンポの曲で盛り上がる場内。
ええ武器もろたでコレ。
IMG_20180426_233040.jpg

はちロケは不定期に2年以上観ていることになりますが、「大人っぽくなったなぁ」という印象はあったんです。
ぼんやりと。

それが一気に表面化したのがメテロティスと恋メラ。
メジャーデビュー前、グループを支えた曲たち。
こちらも随分と久しぶりにライブで観たと思うのですが、ボクの記憶の中でこれらの曲を歌う彼女たちの姿はそれこそ2年前だったりするわけです。
それが…さっきまで総選挙コントをやっていた子たちとは思えないくらいぐっと大人の表情で歌いあげてくれました。
メテロティスのラスト、シーンと静まり返ったロケッターさんたちもお見事。
(こういうツイートへの反応も以前より増えた気がします)

メジャーデビューを果たし、8/8には3rdシングルの発売。
はちみつロケットはどんどん加速しているように感じます。ロケットなだけに()。

これからもチャンスがあれば観に行きたいな。
まずは5月の劇団はちロケ。とれるかなぁ…。


ここからは出しどころのタイミングを失った記事です。
時間軸は壮絶に前後。


4/15 ロッカジャポニカ@ららぽーと豊洲

お台場でのとき宣フリラ終演後、特典会を干して豊洲へ移動。
なかなか観られるタイミングがなかったロジャポ。
前回観たのは…いつだったか忘れてしまうほど久しぶりになってしまいました。

この日は2部構成のイベントで、到着するとちょうど2部が始まる直前でした。
すでに開放されていた階段席上部に陣取ります。
IMG_20180427_182506.jpg
久々に姿を見たロジャポメンバー。
なんだか大人になっているし、何より内藤さんの髪が長いのが衝撃!
…いや、きちんと情報についていけない自分が悪いんですけどね。

ライブのセトリは決まっておらず、メンバーがくじ引きで決定するとのこと。

1.全力大実験!
2.Chillっ子同盟
3.わたしの地図
4.忍者ナイン
5.ぶっちぎりデイズ!!
6.歌いたいのうた

表記間違いないかな…。

ライブ中には高井さんが出演された舞台「オズの魔法使い」の話題から、なぜかメンバー全員で大縄跳びをすることに。
風があったり衣装がふわふわだったりでなかなかの結果になりましたけどw、なんだか平和で楽しい光景でした。

ご存じの通りららぽーと豊洲会場はコールが禁止。
こういう会場、増えてますよね。
そしてそういった制約を嫌って回避するグループもあります。(とき宣なんかまさにそう)

コール禁止って、確かにヲタ的には物足りない部分があるのかもしれないけれど、そういった会場でのイベントが合う・合わないっていうグループにニ分されるような気がするんですよね。
ロジャポはコールなしでもイベントを成立させられる、「合う」グループ。
それが出来た方が優秀、ってわけじゃないけれど、求められるものをしっかりとこなすことができるという印象を持ちました。
IMG_20180427_182710.jpg
日曜の午後、ショッピングセンターの中庭で行われる催し物としては完璧すぎるほど平和な光景を見せてくれましたね。
オヤジギャグみたいなのは気にしないで。


4/15 Task have Fun@エソラ池袋

この日の3現場目。
もうヤケクソです。

到着するも店内は人の洪水。
CDショップですし、イベントスペースもそんなに広くないですからね。
事前に配布された優先券をゲットした方々がポジションに収まっても、なお溢れる人々。
背伸びすればなんとかメンバーのお顔が観れるくらい。
…結局ほとんどの時間を店内に設置されたモニターを眺めて過ごしました。
よってパフォーマンスに関する記述はナシで。
悔しいから山野ホールのワンマン行こうかなぁ。


ま、こんな感じで毎日を過ごしています。
ボクが元気なことは分かっていただけたかと。

明日はエビ中@府中。
彩ちゃんがんばれ。





今日はここまで。



↑このページのトップへ