月別アーカイブ / 2017年10月

備忘です。


◇10/26中山莉子ソロライブ
 「中山莉子の生誕祭。」@赤坂BLITZ
_20171030_163625.JPG
まずはナタリーさん読もうね。


仕事を終えて大急ぎで赤坂へ。
ボクの職場からは結構近いので、ポジション取りを気にしなければ開演には間に合っちゃうんですよねぇ。
今回は700番台の整番ということもあり、フロア下手の中央あたり、ちょうど段差下最後方に位置。
目の前に背の高い人が来ちゃったけど、まぁこれも仕方なし。

セトリ
00. ebiture
01. ハイタテキ!
02.制服“報連相”ファンク
03. 大好きだよ
04. ねぇバーディア
05. ラブリースマイリーベイビー
06. たまげた恋のエルニーニョ
07. ザ・ティッシュ~とまらない青春~
08. ちちんぷい
09. HOT UP!!!
<アンコール>
10. MISSION SURVIVOR
11. サドンデス

以下、印象に残った部分などをかいつまんで。

りったんといえば、どう転がっちゃうか分からないトーク、そして滑舌。
それが早くも「ebiture」から炸裂。
「スターダストの、スターダストの、スターダストの中山です」。
この発声がすでに危うし。
この先のライブが波乱に満ちたものになる、と大いに期待できる出だし。

「ハイタテキ!」
思えば去年のソロコンは、この曲からスタートしたんでした。
元気いっぱいのパフォーマンス。

「報連相」
ボクは春ツアーでのソロverは観られなかったので、一安心。
なるほど、これは狂気だ。

「大好きだよ」「バーディア」「エルニーニョ」
意表をつく選曲。
大好きだよ はよみうりランドのライブで、当時の裕乃さんが出だしをミスった曲。
水色を引き継いだりったんがしっかり歌っている様子を観て、会場のお兄ちゃんたちうっとり。
バーディアもしっかり歌えていたし、何より「止~まら~な~い莉~子~」の替え歌アレンジも秀逸。
エルニーニョ。予想した人はいたんでしょうか?レア曲。聴けただけでもラッキーでした。

「HOT UP」
ご本人の中で、今「キテる」曲とのこと。
こちらも弾けるような歌唱でしたが、スクリーンに歌詞が出ていたんですよね。
この曲の歌詞が文字になって出たのは、初めてじゃないかしら。
全く見てないけど。

「MISSION SURVIVOR」「サドンデス」
アンコール曲。
MISSIONの楽しさは安定。
サドンデスのダンスバトルはどうするのかと思っていたら、スクリーンに他のメンバーが出てきて戦うという演出。
りったんゴメン。
最後の決めセリフは「大好き!私立恵比寿中学~!」
\(^o^)/オレモー\(^o^)/


セトリに沿ってサラっと振り返りましたが、ボール投げあり、質問コーナーありと、とてもバラエティに富んだライブでした。
そしてそれらが、いちいち「中山莉子風」に味付けされているというか、そうなってしまうというか。

トークがまとまらない、とか、もっと歌唱力を、とか大人はいろいろ言うかもしれませんが、この子はこのままで良いんです。
前回と比べてみても、パフォーマンスの向上は確実に見られました。
しかし、感想としては「良くなった」というより、「底が見えない」と言った方がしっくりくるような、これからの飛躍を感じさせるものでした。
これからどんな世界を見せてくれるのか、本当に楽しみ。


りったん。お誕生日おめでとう。
実り多き1年になりますように。

お兄ちゃんたちは写真集も買いましょう。


◇10/27演劇集団Z-LION
 「夢のLife two トゥライフ」

瑞季さん出演舞台。
ボクが彼女の舞台を観るのは3回目。
前回もZ-LIONさんの舞台でした。

まずはこの劇団さん、とにかく笑わせて泣かせてくれるんですよねぇ。
今回も大いにやられました。

裕乃さんの舞台も観たことがありますが、彼女たちにとって最初のハードルは声量。
経験豊かなプロの役者さんに混じると、どうしても声の通りで見劣りしがちなんですね。やっぱり。
瑞季さんの過去公演でもそういった部分が見受けられたんですが、今回ははっきりと声が出ていました。
その裏に相当な努力があるということは、容易に想像できます。
しかもカーテンコールで演者一同が整列したら、彼女だけ本当に小柄で。
その小さな身体に一体どれだけのパワーが詰まっているのか。
それだけでもウルウル。

1509348942200.jpg
小柄だけど、ちゃんと大人っぽく、美しい女性になっています。
また機会があれば観劇したいな。


◇エビ中@川崎

瑞季さん舞台観劇後、川崎へ移動。
今回は時間に余裕を持って17:00過ぎに到着しましたよ。
ええ。とても余裕でした。

今回も客入れBGMはスタダの各グループの曲たち。
なんで?と思っていたのですが、スタプラとかいう改組に関係あるのかな?

オープニングは「パクチー」から。
嬉しい驚き。
今ツアー、パクチー待望論はかなり目にしましたから、TLのグギりが手に取るように分かりました。

「中人DM」
「ダンスミュージック、どっちかな?」というMCからスタート。
ゆったりとした時間が川崎に流れます。
ファミえんかよ。

「コミックガール」
ぁぃぁぃの「チュッ」が聴きどころですが、この日は(たぶん)「りったんお誕生日おめでとう」のアドリブ。
驚いたのかその後の美怜ちゃん→真山→りったんと、3人連続で各パートの歌いだしに失敗。
キュートだ。

「靴紐とファンファーレ」
初遭遇。
音楽的素養がないのと、記憶力がアレなのでゴメン。
ぜひ会場でご賞味ください。
今のところボクはシンガロンより好きかも。

「エビフライ」
ファミえんver。
昨日のCS放送ではファミえん当日と、当公演の両方を思い浮かべながら観ていました。
オレ得。いえーい。


時系列は前後しますが、MC部分などを思いだせるだけ。内容に間違いがあったらゴメンね。
ぽーちゃん自己紹介。「川崎なので、川の崎まで盛り上げる」的な挨拶。
りったんは「エビ中の曲を聴いて、元をとって帰れ」。
真山への自己紹介フリは「次は真山のりったん」。
ぽー'sBARはお休み。代わりにMCりったん、ゲストぽーちゃんのトークコーナー。入退場は りったんが「なななななーななーかやまー♪」と歌う、子どもみたいなカルマの替え歌。
かほりこトーク中、突然「私は写真集の宣伝ができればいい」とカミングアウトするリコ中山。
リクエストコーナーは「かずさん」。ボクの席からお顔は見られませんでしたが、お声からすると割と大きなお友達。
その「かずさん」に「最後は私の虜にしてあげる」と彩ちゃん小悪魔発言。
質問コーナーは女の子から。たぶん小中学生くらい?。ひなちゃんに「今までで一番幸せだったことは?」→「歌とダンスに出逢えたこと」。
ひなちゃんはその子に「今までで一番幸せな日にしてあげる」とのパーフェクトアイドル発言。

このツアー、コーさんがとても楽しい企画を発案してくれています。
お時間ある方は参加されてはいかがですか?


今回は美怜ちゃんの地元である川崎でのライブ。
何か仕掛けてくるかな、とも思いましたがトークで少し触れる程度。
彼女の見せ場は11/2のソロコンに集約されるでしょうから、そちらを楽しみにしています。
あ、でもアンコール終わりで舞台袖に下がる瞬間に
「今日が19歳最後のライブでしたー」
という言葉を残してくれたので、7推しとしては僥倖。
これだけでも行った甲斐があるってもんです。


というか当たり前だけど次に逢う時は20歳なのか…。
早いなぁ。
今日から3日間、しっかりとソロコンに向けて準備する所存です。
_20171030_163643.JPG


今日はここまで。


TOKUFUKU LIVE Connect! Vol.2 @新木場Studio Coast
IMG_20171014_134228.jpg
行って参りました。
電車を間違えることもなく。

小雨の降るなか、ロッカーを確保できずになかなかの荷物を抱えて場内へ。
オルスタでのライブなので、自重しておとなしく1階後方階段上のPAブース横へ。
人が多くて簡単にはステージが観られない位置になってしまいましたが、まぁ仕方ない。

まずはBiSHさんの登場。
IMG_20171014_135357.jpg
彼女たちのアクトを観るのはぴあフェス以来。
果たしてこの日はー。

セトリはどなたが考えているのか分かりませんが、事前のイメージからするとおとなしめの曲が多かった印象。
開演前、盛んに「リフト禁止」「激しいモッシュ禁止」とアナウンスされていたので、清掃員(=BiSHファン)の沸きすぎを警戒していたのかな?

アイナさんもこんなツイート。
このアイナさん。
ぴあフェスから注目していましたが独特な歌声で非常に心地よい。
エビ中にはないタイプの声で大好きです。
お上手。

BiSHさんは「楽器を持たないパンクバンド」がキャッチコピーですが、ボクはこういう写真のイメージだったんですね。
mnewsplus_1499084292_102.jpg
でも実際に観ると、意外(失礼)としっかりアイドル。
百聞は一見にしかず。
食わず嫌いはいけません。


そしてエビ中の登場。
シンガロン衣装でした。
1506340303366.png
一気に灯るペンライト。
ebitureからの、いつも通りのライブスタート。

変わりダネとしてはBiSHさんがカバーしてくれたフユコイのお返し。
そしてオーケストラのカバー。
全体的に安定した歌声で、しっかり聴かせてくれました。

前述の通り位置どりが上手くいかなかったので、ボクのポジションから観られるステージは上手側の一部分のみ。
「もっと美怜ちゃんのお姿を観たい」というのが率直な気持ちでしたが、この状況下でも活路を見出だすのが清く正しいヲタ、ってもんです。
限られた視界に、次々と入れ替わるように現れるエビ中メンバー。
いつもは美怜ちゃんしか観ていないですからね、この機会に他メンバーの動きをしっかり観させてもらいました。
ひなたちゃん。ダンスすごいですね。今さらかよ、という感想ですが、ダンス部長の面目躍如。普段あまり注目してなくてゴメンなさい。
歌穂ちゃんは大きな身体を使ったダイナミックな動きだし、真山はトレーニングの成果が存分に感じられるキレ。
各自の魅力を再確認して本編は終了。

アンコールはBiSHさんの
GiANT  KiLLERS(曲名もiは小文字なんですね。変換がメンドい)から。
この曲、好きなんですよねー。
2回聴けて良かった。

そしてエビ中は何を出してくるかと思ったら、まさかの永遠に中学生!
この落差。笑ってしまいました。
でも、これがエビ中。
これぞエビ中。
多幸感を胸に、ライブ終了。
IMG_20171013_213434.jpg


今回のライブ同行者が清掃員だったのですが、月島でもんじゃをつつきながら感想戦へ突入。
その清掃員曰く、
「エビ中は歌が上手い。完敗。BiSHはもっとできるはず。アイナとチッチくらいしか頭に残っていない。他メンバーは声が出ていない。今日はエビ中に見せつけられた」
とのこと。
他にも清掃員はたくさんいるし、全く違う感想を抱いた人もいることを承知で申し上げますと、ボクも概ね同意見。
お互いのカバー曲、「フユコイ」と「オーケストラ」の完成度を比べれば火を見るより明らかな結果。

一応言っておきますけど、BiSHさんがダメとか格下とかってわけじゃないですよ。
うーん、この日はエビ中の方が力を出せた、ってことかな。
事前の対談番組でもBiSHさんにはかなり気を使っていただいた印象もありますし、セトリも彼女たちの魅力を発揮しづらいものだったかも。

では、なぜエビ中はいつもの力を発揮できたのか?

それは、全く気負うことなく普段通りのライブを演ったこと、そしてそれが演れることが大きな要因だと思います。
変わったことなどやる必要がない。
いつも通りのライブが彼女たちの魅力を一番伝えられる。
そういったことを再認識できた1日となりました。

1507903317061.png
美怜ちゃんお疲れさまでした。

ボクのエビ中カレンダーは26日の りったんソロコンまで空き。
その間もTLから漏れ聞こえてくる秋ツアーやシンガロンゲームの様子を楽しみにしていますので、みなさん張り切ってツイート&ブログアップしてください。


では、今日はこのあたりで。




_20171011_220427.JPG
秋ツアーが進みはじめました。
前記事でセトリの入れ替えについて少し触れたしたが、さすがエビ中というか、こちらの想像の遥か上をいっていました。


◇セトリ

2日間でみせた大幅なセトリの組み替え。

行けない現場が出てきてしまうのは仕方のないこととは分かっているつもりですが、TLを眺めながら
「あー藍色のMonday…」
なんて思ったりして。
でもね、こればっかりはね。
現場に行かれる方は精一杯楽しんでください。

7人で初めて歌う曲も多いだろうし、それを身に付けることが大変だろうということは想像できます。
ボクらが楽しみを享受している源には彼女たちの努力と犠牲があるからで、本当にそこには感謝しかありません。

もしかしたらこの秋ツアーは、全曲やっちゃうんじゃないか、なんて予想もされていますね。
ホントに全曲かは分かりませんが、それに近いものになるような気はボクもしています。
自分が行く現場で何の曲を聴かせてくれるのか、本当に楽しみ。

でもね、今秋はそこにもう一つ新たな感情があって。
ここからのことはボクが勝手に思っていることなので、テキトーに聞いてね。

多くの曲目を披露する。
そこにどういう意味があるのだろう、という話しです。

この7人でのツアーはこれが最後。
ぁぃぁぃがいなくなるから。
_20171011_221039.JPG

彼女たちがこの体制でこれらの曲を歌えるのって、本当に数えるほどの機会しか残されていない。
ボクたちがこの体制のこれらの曲を聴けるのって、本当に数えるほどの機会しか残されていない。

今回のツアーセトリは、そのあたりのことがポイントになっている気がします。
「自習」というイベントがありますが、これはまるで「復習」ー。
現体制のパフォーマンスを、メンバーもファミリーもお互い頭に刻み付けるような、ね。
思い出作り、なんて軽々しい言葉ではなく、何かそれよりももっと大きなものをボクらに遺そうとしている気がしているんです。

ちょっと考えすぎかな。
でも、そう思えてなりません。
ボクが参加できる秋ツアーは残り3回。
少し気合いを入れ直して臨みたいと思います。


◇サブレ
d28960-1-422149-0.jpg
ココナッツサブレにも新しい動きが。
ちょっとまだイマイチ把握しきれていませんが、ハッシュタグをつけてツイートすればいいのかな?
11/2のその時間は自宅にいるのか、赤坂方面にいるのか分からないですけど、本気で挑もうと思っていますw
歌もキュートだ。


◇BiSHさん
_20171011_220508.JPG
BiSHさんとのTOKUFUKUライブももうすぐ。
なんかあっという間ですね。こういうの。
対談番組を観ていて、彩ちゃんがソロコンで
「来年はBiSHさんのプロミスザスターを歌う」
って言っていたのを思い出しました。
今回のイベントでそのあたりの絡みがあるかは分かりませんが、いろいろと心に残る日になりそう。

1507463236244.png




だらだら綴っているうちに、ウーロンハイ3杯呑んでしまいました。


短いですが、今日はここまで。



↑このページのトップへ