また夏の恒例行事に行ってまいりました。


◇8/31 劇団いとをかし第11回公演「卒業式はババイブーで」マチネ@川崎市アートセンター アルテリオ小劇場
DSC_0103.JPG
今回は新百合ヶ丘のアルテリオ劇場に戻っての上演。
期待を胸にいそいそとお出かけしましたよ。暑かったですねぇ。


会場に着くと大盛況な物販ブース。
その中にシュッとした子がいるなぁ、なんて思っていたら
_20190831_174140.JPG
小西はるちゃんでした。
碌に出演者のチェックもしていなかったボク、この時点で初めてこはるちゃんが出ないことを悟る始末。


席は舞台に向かってやや左寄りの前から2列目。
よしよしいいぞいいぞ。




★あらすじ

舞台は、高校を中退した元女子高生達がよく集まる喫茶店。
ある日、みんながお世話になった当時の担任が結婚するという話を耳にする。
『ねえ、お祝いしないの?』
マスターの娘が言ったーー。
元生徒達が話し合った末に、恩師にプレゼントしたものとはーー




まだ公演を残しているのでHP記載のあらすじを残す程度にしておきます。
ただ特筆すべきことがあるとしたらセットがいつもの学校設定ではなく、カフェ仕様だったこと。
IMG_20190831_173757.jpg
これはとき宣が昨年8月に行った「富士大陸」からの流用ですね。
お、とは思いましたが出演者の配役設定的にはこちらの方が自然。


今回もお芝居だけでなく、歌にダンスに(バイオリン)と盛りだくさん。
いやー、、今の子ってみんな歌がうまい。
特に鈴野いおりちゃんの歌は堂々としていてこれを聴いただけで元がとれちゃったような印象すらあります。
07.iori.jpg


最年少は2007年生まれの永岡心花ちゃん。
12.kokoha.jpg
ちっちゃ!
しかし舞台度胸満点というか歌もダンスもしっかりしていたし、かなり重要なシーンも任されていたりと見どころ充分。


常連組のメンバーはもはや貫禄すら感じられる演技。
特に渡辺梨世ちゃんは何回涙を流すのよ…という感じで。
02.rinze.jpg
一日2公演とか大変だなぁ。


話しのスジも笑いあり涙ありの、大変満足できる内容でした。
お客さんも結構入ってましたね。




いとをかしを観はじめて3年くらいになるのかしら。
メンバーは所内オーディションを経て決まるので流動的ではあるんですが、それでも一世代入れ替わった印象がありますし、新しい才能がどんどん出てくるのが感じられます。
新陳代謝はアイドルより早いかも。
そんな一瞬を2時間だけ見つめるのもいいものですよ。
お時間ある方は是非。
IMG_20190831_174341.jpg



今日はここまで。