今日はこれから中野に行かなきゃならんので手短にいきます。
あー忙し忙し。


◇7/5 HMV Presents 『DISH//やる気マンマン2マンLIVE』 ~富士山、富士急から見るか?山中湖から見るか?今日はマウントポジションとりにいくよ!~@豊洲PIT
DSC_0002.JPG

怪しい曇り空のもと現地に到着すると、会場前には若い女子の群れ。
2年前の超特急ライブの経験から予想されていたことではありますが改めてこの光景には圧倒されます。
そして、、、なんかゴメン。
気圧されるおじさん多数でなんとなくみんなスペースの端っこで待機。

今回は950番台での入場。
豊洲PITはキャパ3000で会場フロアに3つ程の段差がありますが、普段はなかなか視認性が難しい箱。
しかし今回は女子率高めなので身長的には楽。
2段目エリアの真ん中あたりの柵を確保しつつ、女子に囲まれながらこの日のセトリなんかを頭の中でぼんやり考えていました。
いや、こんなこと起きたら大変なことに…。
あと「富士山」がタイトルに入っているのであの曲やったら面白いなーなんて。

客入れBGMはDISHさん曲だったのかな。
WOW WAR TONIGHTカバーなど。

集客は8割程度といったところ。
今回はペアチケットというちょっと特殊な売り方でしたし、何より平日でしたからこれでも大したものでしょう。

ステージにはライブタイトルを示したパネルのみ。
IMG_20190706_083011.jpg
さあ。いよいよだ。


まず先攻はエビ中さん。
衣装は昨年のファミえん赤白ver。
IMG_20190706_100116.jpg
ボクの脳が
「あ、美怜ちゃんかわいい」
と情報を処理する前に
「きゃああああああああああああああああああ!!!!!↑↑↑↑」
と会場に響く女子たちの絶叫。
…この日は終始こんな感じ。
どれだけ身長が高かろうが、どれだけ職場で威張ろうが、我々おっさんはいつだって大勢の女子の前では無力なのです。

01.自由へ道連れ
02.バタフライエフェクト
03.YELL
04.青い青い星の名前
05.トレンディガール
06.スーパーヒーロー
07.ラブリースマイリーベイビー
08.シンガロン・シンガソン
09.Family Complex

メンバーは一貫して安定した歌声とパフォーマンスを見せてくれ、ボクの周りのスラッシャー女子さんも「わ、スゴい」と感嘆の声が漏らしていました。

だけれどMCはいつものエビ中さんで、彩ちゃんなんかは曲紹介で
「自由へ道づ
と言っちゃったり。

美怜ちゃんも裏で一生懸命に憶えたとのことでしたが
「スラッシャー
と言ってしまったり、女子の歓声を聞いて
「みんな声がかわいい♥️」
と本音がポロリと出てしまったり。
あ、この子言っちゃったよ、と思いましたが
「男の子の声もかわいいよ」
とフォローもばっちり。
いつだってボクらは推しの前では無力なのです。

ライブを通して美怜ちゃんはめっちゃ元気でした。こういう時は張り切るね。
この日も美怜台の上でのパフォーマンスを余儀なくされた時間帯もありましたが、そこでの腕や身体のの動かし方が明らかに今までと違う。
曲の途中で台から降りてダンスに加わることもありましたし、そのダンスも
「え、今まで休んでましたよね?」
と言いたくなるくらいキレキレ。
照明除けのサングラスもナシ。
どんどん良くなってるんだなぁ、と感慨ひとしおでした。

セトリも新曲ありダンス曲あり夏曲ありで、ファミえんに向けての雰囲気を盛り上げつつも初見さんに見せるにはもってこいでバランスが良いものだったと思います。
ファミコンは途中でリコ中山仕切りによるじゃんけんありの「岡崎式」で。

約1時間のアクト。
大満足でエビ中さん終了。


ステージにはバンドセットが組まれ、ついにDISHさん登場。
歓声は…もう分かるでしょ。。鼓膜破れるかと思ったよ。
IMG_20190706_100411.jpg
01.SING-A-LONG
02.FLAME
03.東京VIBRATION
04.へんてこ
05.恵比寿物語
06.I Can Hear
07.JK//
08.DAWN
09.JUMPer
10.勝手にMY SOUL

失礼ながらほとんど予習せずに臨んだライブ、予想を遥かに超えるレベルでDISHさんは「バンド」さんでした。
しっかり楽器も演奏できているし、ボーカルの北村くんはもちろんのこと、時々歌唱参加する矢部くん橘くんもばっちり声が出ている。
それであの顔面なんだからそりゃ人気出るよねー。

カッコいい曲やしっかり聴かせる曲も取り揃え、ボクもフラットな目線で観ていてエンターテイメントとして普通に楽しめました。
コールも「せーのはーいはい」みたいなボクらが馴染みやすいものもありました。

特筆すべき曲としてはやはり「JK」でしょうか。
楽しい曲には間違いないんですが、その歌詞はJK礼賛のヤベーやつ。
「JKと付き合いたい」
「サドルになりたい」
どう考えてもヤベーやつ。
…ボクらが歌ったらね。
いつだってボクらはイケメンの前では無力なのです。
うん。。楽しかった。
エビ中さんは中学生なのでいろいろとセーフ。(ちなみにこれはヒャダ曲なのね)


アンコールはDISH現場に倣って「おかわり」で。
ドギマギする5推し界隈。
IMG_20190706_004918.jpg
DISHさんに促される形でエビ中さんも登場し、「あの曲しか」ということでディッシュ&ティッシュのコラボ合唱。
バンド演奏で聴くティッシュは新鮮でしたね。
キーがDISHさん寄りだったのでメンバーはちょっと大変そうだったけど、美怜ちゃんぽーちゃんあたりは普段通り歌いきれたかな。
ティッシュ投げもやってくれて阿鼻叫喚なフロア。

ラストはDISHさんが
「もう1曲やってもいいかな?」
きゃああああああああああああああああああ!!!!!↑↑↑↑
というもはや伝統芸能と言ってもいいやりとりから元気にカッコよくキメてくれ、大団円を迎えたのでありました。

E1.ザ・デッシュ×ザ・テイッシュ(コラボ)
E2.皿に走れ!!!!


ツーマン楽しかったです。
明らかに、というと語弊がありますけどエビ中メンバーも楽しそうでした。
やっぱり歳が近く、それでいて異性とのイベントというのはいつもと違って良い刺激になるんじゃないかな。
w3e1kyW2TQ.jpeg
ライブのアピールもお互いにたくさんできましたし、夏に向けて両グループともいろいろ上手いこといきますように。


今日はここまで。










…しかしあそこまで女子の歓声に喜ばれると、おっさんとしてはこれからどういう感情で現場に行くべきか悩んじゃうなぁw