◇6/22 『MUSiCフェス』~私立恵比寿中学開校10周年記念 in 赤レンガ倉庫~@赤レンガ倉庫
DSC_0003.JPG

フェス終演から数日、あの膨大な情報量をどうやってまとめるか思案し続けています。
そして、放棄しました。


大切なものは心にそっとしまっておくとして、詳報はナタリーさんにお任せして自分は自分のための備忘を駆け足で残すこととします。
ついでにお写真もお借りしちゃう。


◇入場
ま、OAの桜エビ~ずに間に合えばよかろう、とのんびりしていたら開演のご挨拶でエビ中さんが登場。
不意をつかれましたが運良く入場を済ませており、真山の「ミュージックマンシップ宣言」を聞くことができました。
_AA_1582_fixw_750_lt.jpg
徐々に高まる祝祭感。
そしてコラボもあるでしょうから今日は一瞬たりとも気が抜けないのだな、と改めて背筋を伸ばしたのでした。


◇桜エビ~ず
_CC_0486_fixw_750_lt.jpg
開場前に何人かのヲタさんとお話しをさせていただきましたが、意外なほど「開場と同時に入って桜エビに備える」という人がいましたね。
実際に開場待ちの列も目算で500人以上いたんじゃないかな。
なかなか観る機会のない人には良いチャンスだし、ここまで興味を引く桜エビも大したもの。

01.エビ・バディ・ワナ・ビー
02.タリルリラ
03.おねがいよ
04.さいしょのさいしょ
05.それは月曜日の9時のように
06.リンドバーグ

安定したステージング。
「それ9」での水春さんのパンチが効いた歌唱では「おおー」という感嘆の声が客席で漏れていました。
そして何より全く物怖じしないパフォーマンスは今までエビ中の大箱ライブでのOA経験が生きていたと思います。
この子たちもまたエビ中の10年を彩ってきたのだなぁ。


◇HERE
_CC_1067_fixw_750_lt.jpg
01.HIGH TENSION DAYS
02.はっきよい
03.ギラギラBODY&SOUL
04.LET'S GO CRAZY
05.死ぬくらい大好き愛してるバカみたい
06.己 STAND UP

開始前に写真集予約のため場外へ出たため、中盤あたりからの復帰。
回帰さん、りななんへ心を寄せつついつも通りのハイテンションアクトで楽しませてくれました。
ありがとう。
そして武田め。


◇ニューロティカ
_CC_1651_fixw_750_lt.jpg
01.嘘になっちまうぜ
02.チョイスで会おうぜ
03.気持ちいっぱいビンビンビン
04.元気しかない!
05.DRINKIN' BOYS
06.飾らないままに

実はタイムテーブルが発表された際、ニューロティカを干して物販や飲食タイムに充てるつもりでしたが「元気しかない」でエビ中コラボがあると読み、観させていただくことに。
まんまとエビ中さん&港カヲルさんが登場し、ステージは大盛り上がり。
歌穂ちゃんのお顔の☆マーク、港さんにおヒゲを書かれる柏木選手。
美怜ちゃんも元気そうでみんな可愛い。
あっちゃんさんも笑いとパンク魂を交えたライブを繰り広げてくれて楽しかった。


◇魔法少女になり隊
_DD_0724_fixw_750_lt.jpg
01.ヒメサマスピリッツ
02.おジャ魔女カーニバル!!
03.周回とセイレーン
04.ちちんぷい
05.完全無敵のぶっとバスターX
06.冒険の書1

このあたりからするすると前方ブロックへ進入。
ましょ隊を観るのも久しぶりだなー、なんて暢気に構えていたんですがそうでした、「ちちんぷい」があるんでした。
ここでも登場してくれたエビ中さん。
もう完全に肉眼で表情まで確認できる位置にいたので改めてその輝きにうっとり。
ましょ隊メンバーとホントに楽しそうに歌っていて、互いの仲の良さもたっぷりと感じられたのでした。
こういう関係性、これからも続けていってほしいな。


…ここまで書いておいてナタリーのセトリを切り貼りすれば良いことに気付きました。。
構わず続けます。


◇SUSHIBOYS
_CC_3848_fixw_750_lt.jpg
01.軽自動車
02.ママチャリ
03.ダンボルギーニ
04.アヒルボート
05.SANAGI
06.Drug

音楽業界のことってよく分からないけれど、やっぱり食べていくのって大変だと思うのです。
しかもヒップホップでやっていけてる人って一握りのイメージ。
失礼を承知で申し上げると、この日の出演者のなかで知名度のなさという点では第1位でしょう。
ではつまらなかったかというと全くそんなこともなく、時には自虐的に笑いをとりつつしっかりと盛り上げてくれました。
あの頃より一人少なくなってしまったSUHIBOYS。
いつかまたYASUBOYとそのラップを聴かせておくれ。


◇POLYSICS
_CC_4439_fixw_750_lt.jpg
01.SUN ELECTRIC
02.Young OH! OH!
03.Sea Foo
04.Twist and Turn!
05.Kami-Saba
06.Let's ダバダバ
07.シーラカンス イズ アンドロイド
08.Buggie Technica

エビ中はひとまず脇に置いておくとすると、個人的この日の目玉バンド。
いやー、普通にファンなんですよ。
単独ライブに行くくらいには。
開始前にはそこかしこから「え、Another Dayを作った人?」なんて声もちらほら聞かれまして、あーみんな知らないよなぁ、なんて。
しかしそこはポリ。
今まで数えきれないくらいのフェス経験を生かし、今回も汗だくパフォーマンス。
ヤングオーオー、ダバダバ、シーラカンス、、、ボクが聴きたい曲もしっかりやってくれた。(もっとあるけど)
最後はブギ―テクニカで〆。
_DD_0842_fixw_750_lt.jpg
しかしハヤシは老けないなぁ。今年41だよ?


◇ももいろクローバーZ
_DD_0920_fixw_750_lt.jpg
01.The Diamond Four
02.あんた飛ばしすぎ!!
03.サラバ、愛しき悲しみたちよ
04.労働賛歌
05.COLOR

ましょ隊からずーっと最前ブロックをキープしておりまして、
「この距離でももクロを観ることはもうないんだろうなぁ」
なんて思っていたのですが、ことのほかポリで充足してしまったのと、この先の体力面を考えていったん離脱。
歩いていると何人もの顔見知りに
「おいおいおいおいww」
なんて言われましたけど、ホントに泣く泣く決断した勇気ある撤退ですからw
メンバーが登場した(と思しき)瞬間はフードエリアにいましたけど、一発で分かる大歓声。
もうovertureのコールからして違いますもの。
ライブエリア入場口付近には音漏れ狙いの人も30人くらいはいたんじゃないかな。(当日券買ってくれ)
さささっとビール水分とエネルギーを補給して再入場すると、うまいこと「COLOR」コラボが始まったところでした。
ずいぶん後ろから眺めていましたが、まずは両グループの衣装。
_CC_5594_fixw_750_lt.jpg
白をベースにしたシンプルなエビ中、
ビビットな個人カラーを前面に出したももクロ。
このコントラストがキレイだったなぁ。
そしてハッピーな雰囲気のなか歌われる「COLOR」。
まさにそれぞれのグループ、
それぞれのメンバーのカラーが互いに負けじと輝いているようで。
ヲタクもそれぞれが笑顔でぴょんぴょん跳ねていたのでした。
お姉さんありがとう。


◇吉澤嘉代子
wt7yY_zEwf.jpg
01.残ってる
02.曇天
03.シーラカンス通り
04.えらばれし子供たちの密話
05.泣き虫ジュゴン
06.日記

ボクはそのまま後方エリアに居残り、のんびり吉澤さんの声に耳を傾けることに。
こういう楽しみ方もフェスの醍醐味ですよね。
雨も上がって芝生の上にレインコートを敷いて、寝っ転がって空を見上げながら。
曇天のもと響き渡る、透明な歌声。
あ、あ、寝ちゃうかも…
と思っていたら「小林歌穂ちゃんです」とのご紹介。
エビ中としてではなく、歌穂ちゃん単独での日記コラボとなったのでした。
_CC_5967_fixw_750_lt.jpg
その優しい歌声。
いつまでも聴いていたい。
二人は歌い終わるとサッと下がってしまいましたが、それがまた強烈な余韻を残したのでした。


◇岡崎体育
_CC_6483_fixw_750_lt.jpg
01.Stamp
02.R.S.P
03.FRIENDS
04.Voice of Heart 2
05.あるあるフラダンス
06.XXL
07.The Abyss

つい先日、夢のSSA公演を達成した岡崎氏。
勢いそのままに開始前からステージに現れ、さんざん笑わせてくれました。
あいかわらずサービス精神の塊だなぁとか思っていたのですが、あの吉澤さんの雰囲気を引きずったままだといろいろ厳しかったのかもw
そんな正反対に思えるお二人が仲良しというのもまた不思議ですね。
ライブスタートしてからは完全に独壇場。
J-MUSiC界のおもちゃ箱、と言わんばかりに仕掛けまくってくれました。
予告されていたカバーは「あるフラ」。
カバーというよりもはや替え歌でしたがw、メンバーの個性をしっかりと捉えたものでした。
体育さんというと2年前のめざましライブコラボが強烈に思い出されますが、メンバーもあの頃よりだいぶ大人になったし、またいつかライブ1本まるまる一緒にやってほしいなぁ。
ちなみに体育さんから最前ブロックへ復帰しましたが、かなり人が多くて注目度の高さが窺えました。


◇ゲスの極み乙女。
_CC_6825_fixw_750_lt.jpg
01.猟奇的なキスを私にして
02.ロマンスがありあまる
03.crying march
04.秘めない私
05.パラレルスペック
06.キラーボール

邦楽に疎いボクは彼らの姿を音楽番組よりワイドショーなんかで見ることが多いくらいでしたが、何曲かは知っているし今回のライブはとても楽しみにしていました。
そして期待は裏切られることなく、その演奏能力、歌唱、全てに大満足でした。
上手い。カッコいい。これは…モテるな。
MCでは「神ちゅーんず」の話題になり、休日課長(Ba)がさんざんイジられることに。
以前よりヲタ仲間の間で彼の演技についての話題があったりしたので何となく胸がすく結果に。
メディアでの露出度でいうと川谷&課長が多いと思うのですが、ドラム&キーボードの女性陣もライブではしっかり目立っていましたね。
_DD_1256_fixw_750_lt.jpg
ドルヲタが多いフェスなので、ほな・いこかさん(Dr)がフロントポジションで歌い出した時に客席が
「お…」
という雰囲気になったのは笑った。


◇フジファブリック
_CC_7633_fixw_750_lt.jpg
01.夜明けのBEAT
02.徒然モノクローム
03.LIFE
04.お願いジーザス
05.若者の全て

フジファブリックを観るのは2年ぶり。
前回はぴあフェスで、そちらも夕方からのアクトという点で今回と同じようなシチュエーション。
ボクは彼らのことをあまり詳しくはないのですが、その真っ直ぐこちらに響くサウンドはいつも変わらなくて。
「エビ中を尊敬している」
「カッコいい」
という言葉。
そして「お願いジーザス」、「若者の全て」-。
_CC_7973_fixw_750_lt.jpg


もうすぐMUSiCフェスが終わってしまう。
お願い、神さま。


◇私立恵比寿中学
_AA_0896_fixw_750_lt.jpg
01.青い青い星の名前
02.キングオブ学芸会のテーマ
03.えびぞりダイアモンド!!
04.あなたのダンスで騒がしい
05.結ばれた想い
06.ナチュメロらんでぶー
07.幸せの貼り紙はいつも背中に
08.なないろ
09.フレ!フレ!サイリウム
10.熟女になっても
11.Family Complex
12.仮契約のシンデレラ
E1.永遠に中学生

MUSiC衣装を身に纏い、真打ち登場。
ライブに関しては…すみません。語る言葉がありません。

新曲あり、
学校モチーフ曲あり、
ラップパートあり、
EDM曲、
そしてグループの歴史から絶対に外せない曲もしっかり歌って。
_DD_1587_fixw_750_lt.jpg
暗闇に浮かぶステージでひらひらと歌い踊る彼女らはホントに息を飲むほど美しくて、観ているこちらは涙が出そうになるのだけれど、あの子は喋り出すと
「アンコール、出てくるの意外と早かったでしょ」
って、いつも通り子どもみたいに笑っていて。

ラストは「永遠に中学生」。
あの人数が肩を組んで左右に揺れる景色、ステージからはどう見えただろう。
あの子たちにそれが見せられただけでも、今回のフェスを開催した意味があったと思うのです。
_CC_8513_fixw_750_lt.jpg




美怜ちゃんは総じて元気な姿を見せてくれました。
_AA_1151_fixw_750_lt.jpg
フェス全体を通じて一人だけステージに出てこないということもなく、とても楽しそうな笑顔が観られました。

曲数が多い自分たちのライブでは春ツアーのようにサングラスをしたり「美怜台」でのパフォーマンスになりましたけど、観ている限りでは夏に向けて手応え充分じゃないでしょうか。
この記念すべき10周年の前半、悔しいこともたくさんあったし、それがこの日の「ファミコン」での涙に繋がっていたわけだけれど、あの涙が力となるしまだまだいける。
ファミえん、そして今年後半に向けて倍くらいのパフォーマンスを見せて盛り返してくれることを確信しています。
_AA_1801_fixw_750_lt.jpg
長丁場のフェス、お疲れさま。
観ていてホントに楽しかった。
これからもよろしく。
まずはしっかり休んで体調を整えてね。
IMG_20190623_213713.jpg
まさか翌日あーりんソロコンに行ってるとは思わなかったけどw




この日の空はずっと不安定で、それはそれはとてもたくさんの表情を見せてくれました。

開場時は降っていたのに妹分の桜エビが登場すると止んだり。

回帰さんがハイテンションで歌い出すと、まるで笑いながらツッコむかのように激しく降ったり。

吉澤さんの時には「曇天」にぴったりな鈍色の空になって、

だけど次の体育さんでは悪戯っぽく降って「ああ~オレのせいや…」と言わせたり。


そしてフジファブリック。
_DD_1283_fixw_750_lt.jpg

「エビ中のために、想いを込めて歌います」
とセルフカバーしてくれた
「お願いジーザス」。

歌い進めるにつれてポツポツと降り出した雨は、ラストの
「若者の全て」
で大粒になっていって。

まるで泣いているかのような。
まるで祝福しているかのような。


フジファブリックとエビ中。

さまざまな想いが交錯するなか、この雨は
「ボクたち」
に、とても似合っていると思った。
(そして涙を誤魔化すのにぴったりだとも。)

そんな雨がエビ中のステージではピタッと止むんだもの。
お茶目がすぎますって。

考え過ぎかな?
でも、そうだといいな。




エビ中さん。
10周年おめでとう。

そして、とても楽しいフェスをありがとう。

こんな時間がいつまでも続きますように。
_YY_0017_fixw_750_lt.jpg





今日はここまで。