お台場でばっしょーさんを観たあと、恵比寿に移動。

◇6/16 はちみつロケット新体制ファーストライブ SEASON2スタート! 2部 少し泣き笑い『おかしなわたしとはちみつのきみ』@恵比寿ザ・ガーデンルーム
DSC_0229.JPG
…タイトル長いよ。

絶対的リーダー&センターの雨宮かのんさんは前週の6/8を持ってグループを脱退。
そちらも行きたかったんですがエビ中のツーショがあったので泣く泣く断念。
まぁそもそもチケットの競争率も高かったようなのでボクみたいな者が行くわけにもなかなか、ね。

そして今回の新体制ライブ。
ボクとしては約1年半前のebichu prideの経験から、残された6人がどんなライブを見せてくれるのか楽しみに会場へ向かったのでありました。

ボクの手元のチケットに記された番号は「A27」。
27番目の入場という良番チケットではありましたが…うーん、気が引ける。
ということで昔から馴染みのロケッターさんに譲り、110番台での入場となりました。
優しくて紳士的でしょ?誰か褒めて…w

ちなみにそのロケッターさんから「これを」と渡されたのはフラッグ。
DSC_0232.JPG
あ、知ってる知ってる。「MOTTO MOTTO」で振るんだよね。
これで装備も完璧だぜ。
うきうきで入場。

会場となったザ・ガーデンルームは2/11の桜エビ~ずワンマン以来の来場。
中へ入ると…こんなに狭かったかなぁ…?
人間の記憶とは曖昧なものでキャパはスタンディング500とのことですが、印象としてはやや余裕のある、だけどスカスカではないという(こちらとしては)良い集客だったと思います。
ステージ向かって左に女性エリア、右側に関係者エリアあり。
ボクは左側の中央より前めにポジション確保。


場内BGMとしてかかっていたEDM調の曲が一際ボリュームを上げ、場内暗転。
ヲタが沸くなかステージ上のパーテーションから「おかしな」のそれぞれのパートに合わせて一人ずつ躍り出るメンバーたち。

曲中のセリフパート、
「一緒にいよう?」
は公野さん。
まるで語尾に「♥️」がくっついているかのような可愛らしさで場内のヲタは絶叫&ノックアウト。

「なかよし」「ハチ公」ではドラァグクイーンのオネエさん3人も登場。
IMG_20190619_202742.jpg
どんな世界観だよw
と思ったのですが、リーダー的存在の枝豆順子さん(中野区在住:45歳)は「なかよし」の振り付けを担当されたとのこと。
ご本人曰く、「こんな化け物に依頼するとか、スタダはアタマおかしい」。
そんな枝豆さんのケツを触りまくる公野さん。
なんでも楽屋では前も触っていたそうで…。(公野本人は必死に否定)

「ハニトラ」はもう当たり前の盛り上がり。
繰り出すタイミングも絶妙にピッタリ。
冒頭の「播磨がセンター」のコールはフォーメーション変更により「播磨が上手」へとマイナーチェンジ。

そして…このイントロは…?
「MOTTO MOTTO」だー!!
急いでフラッグを掲げるボク。
そして気付いたんです。
「フラッグ、振ったことがない…」って。。。
しかしそこは一介のヲタ、周りのロケッターさんを参考にフリフリ。
フラッグの動きが揃うとキレイですね。
しかし歌わない時もあるだろうにフラッグを毎回持ち歩くの大変だろうなぁw

終盤では「ギリサマ」も。
Zepp以来に聴きましたがちょっと懐かしめの曲で嬉しくなっちゃう。
この日もボクの「WARE-WARE-WA」は聴けず。残念。

本編ラストは「フレンドリーム」。
これが圧巻の出来でした。
力強くて伸びやかな歌声が重なるにつれ、どんどん加速していくようで。
そして歌い切ったらパッとステージからメンバーがハケて。
もうこれでいんじゃない?アンコールいらないんじゃない?っていうくらいに。
KND_6526_fixw_750_lt.jpg
ま、起きますけどね。アンコールw

再登場したメンバーはもう一度「おかしな」を歌い、フィニッシュ。
前述のセリフパート、実は日替わりとのことで

 播磨「令和も、令奈と一緒にいよう?」
 会場「ヒューwwwww」

誰もが笑顔で会場を後にしたのでした。


01.おかしなわたしとはちみつのきみ
02.ザラメおしゃべり
03.放課後リフレイン
04.夜空にきらめく花
05.なかよしグループ
06.忠犬ハチ公
07.ハニートランポリン
08.花火と漫画とチョコと雨
09.MOTTO MOTTO!!
10.ギリギリサマー
11.フレンドリーム

E1.おかしなわたしとはちみつのきみ


衣装は新衣装。
IMG_20190619_202957.jpg
なんだか森さんが一番似合っていたかなー。感じ方は人それぞれですが。

あと澪風さんの髪色が
IMG_20190619_202754.jpg
レッドに。
どうやら一時的なやつではなくホントに染めたっぽいのですが、とても似合っていると思いました。
もう大学生ですもの。どんどん好きにしたらいいよねー。


「泣き笑い」と銘打たれた今回のライブ、ともすると少し湿っぽい内容になるのかな、とも思っていたのですがそんなこと全然なかった。

それどころかロケッターさんは
「あのパート、どうなるかな」
「このダンスのフォーメーション、変わるかな」
と、変化を楽しんでいたように思います。

これってなかなかスゴいと思うのです。

今まで頼りにしてきたリーダーがいなくなって、最初のライブ。
様々な感情を呼んでも不思議じゃないのに、この多幸感。

その大きな要因となったのは
KND_5435_fixw_750_lt.jpg
雨宮かのんさん本人であったのは間違いないはずです。
…まぁ部外者があれこれ言うのも不粋なのでこのくらいにしておきますけど。

とにかく楽しくて、たくさん笑ったライブ。
これからのグループの飛躍も、時々観に行かせてもらいたいなぁ。
IMG_20190619_202804.jpg


1部の様子はナタリーさんで。




今日はここまで。