8/11 ときめき宣伝部「ときめきグリーンひよりん生誕祭」@八王子市南大沢文化会館
KCvOBvuILL.jpeg
今年もひとちゃんこと坂井仁香ちゃんと同日で開催された生誕祭。
1部がひとちゃん、2部がひよりんの構成でしたがボクは仕事の流れが読めず、申し込みに出遅れた結果ひよりんだけチケットを確保するのが精一杯でして。

今回の会場のキャパは500。少ないよ狭いよチケットとれないよ。
モチベーション低下は否めませんでしたが、
LINEライブでの中継を眺めてたら俄然やる気が出るんだから我ながら単純。
電車に飛び乗って現地へ向かったのでした。


到着してまずは物販へ。
1部の生誕生写真も買えるとのことで1セットずつ購入。
最近はエビ中さんもなかなかサインが出ないので久しぶりの感覚。
まぁどこに行っても1セットしか買わないから当たるわけないんですけどね。

着席。
ボクはドセンのJ列。10列目ですね。
会場は狭いながらも傾斜がついていて視界良好。

01.夏祭り
02.サンタさん
03.青春アンセム
04.TRAP
05.プリンセスプリンセスプリンセス
06.初恋サイクリング
07.ドンウォーリー
08.レモンジュース
09.フレフレ
10.私の道
11.亜麻色の髪の乙女
12.夢見る少女じゃいられない
13.狙い撃ち
14.早口ことば(ドリフ)
15.夏祭り
16.すきっ

↑セトリはTwitter上の情報を繋ぎ合わせただけなので間違いあるかも。
曲名も一部略しています。メンドくさいのでw
YTK9_6r9sp.jpeg
登場は客席後方からひよりん一人で夏祭りを歌いながら。
うーん間近で見ると小柄でかわいいぞ。

ステージでメンバーと合流し、そこから曲を次々と投入。
チケットがとりづらいくらいキャパの少ない会場でしたがそれが逆に客席の一体感を生んでコールがスゴい!
PPPでは「ひよりもパーフェクトになりたい!」という主役の願いを叶えるべく、全力で叫ぶヲタたち。

レモンジュース。
びっちょりで聴きたかったからなぁ。
久しぶりに聴けてよかった。

10.私の道~13.狙い撃ちはひよりんソロコーナー。
私の道では去年に引き続きピアノでを弾きながら。
TtW8que1ly.jpeg
ピアノ、上手になってたなぁ。
ひよりん自身の歌声がキレイでかわいいのでこういう演出だとホントにハマる。
いやしかし選曲のセンスw
我々にはありがたいけど「え、昭和生まれ?」と疑ってしまいそうなチョイス。

14.早口ことばはアレです。ドリフのアレ。生麦生米生卵♪ね。
セブンティーンモデルのひとちゃんがドリフの振り付けをやっているのはなかなかの衝撃でした。

ここでまさかの本編終了。

アンコールは登場曲でもあった夏祭りからスタート。
この「最初にソロで歌った曲をもう一度メンバーと歌う」というのはどのくらい狙っていたのかは分かりかねますが、復習をしているようでなかなか心地よくて楽しかったな。

ラストはひよりん曲と言ってもいい「すきっ」で締め。
「みんなが」「すきっすきっすきっすき♪」と歌いだすはずが「宣伝部員さんが」と言い間違えてしまい、なんとも字余りな感じで曲に突入する爆笑ハプニングあり。


ライブ中の転換時間にはVTRによる演出も。
記念日を迎えるひよりんは「メンバーに顔面パイをしたい」というドッキリ計画をぶち上げるも、それを事前に知っていたメンバーに返り討ちにあうというお約束展開w
E9ntYT_R1G.jpeg
ひよりんを羽交い絞めにしていたバンビちゃんも流れ弾をくらい、顔半分くらいがシュレック状態に。

と、まぁ笑顔の絶えないライブ。
いつの間にか彼女の代名詞として定着した向日葵のように、周りの人を楽しくさせることに特化したかのような時間。
そしてその裏には各メンバーの地道な努力によるライブパートのレベルアップが感じられるようなステージでした。


おはるはなんだか動きもダンスも大人っぽくなってたなぁ。
pQN4Vrckrk.jpeg
そりゃ高3ですものね。年相応ってやつ。
最初に出会ったの時は中学生だったんでした。時間の経過って怖い。
お見送りハイタッチではしっかりとボクに言葉も掛けてくれたので言うことなし。


もう今週末はファミえんですね。
暑い日が続きますが、体調を整えて現地でお会いしましょう。






今日はここまで。