GWからスタートしたとき宣のライブハウスツアー。
先週も渋谷での公演でしたがボクは仕事でスルー。
満を持して2週目の今回、1部2部通しでの初参加となりました。

先に一応説明だけしておくと、今回のツアーは
「あまりネタバレさせないで」
というお触れがメンバーブログなどでそれとなくアナウンスされておりまして…。
よってそういった記述のないように書き進めていきますのでご容赦を。


◇5/12 ときめき♥️宣伝部 春のライブハウスロックオンツアー2019@渋谷CLUB QUATTRO
DSC_0108.JPG

とき宣のクアトロというと、3年前の「クアトロックオン」が思い出されるわけですが。
久しぶりに当時の記事を見ると、みんな若いというか、幼い。
この時やっとメジャーデビューが発表されたくらいの頃。
勢いで突っ走っていたあの頃と違う景色を見せてくれるのか、期待を胸に会場へ。
(ちなみに3年前はとき宣1部→横浜エビ2S→とき宣3部という動きをした思い出)


今回の整理番号は1部が270番、2部が50番。
もうこうなったら1部は準備運動ということでいいじゃないの、ということにして最後方PA卓前に陣取り。
身長が高い方々がいらしてどうなるかと思いましたが、なんとなーくうまいこと観れたのでラッキー。

2部は勇猛果敢にフロアを突っ切り、やや下手の4列目を確保。
いやー、このくらいのポジションは久々。
視界良好どころかステージに手が届きそうな感覚。
いつ、どこのライブでもこうありたいものです。


IMG_20190514_194758.jpg
セトリは1部2部ともにさほど大きく変わらないものでしたが、新旧入り混じったバランスの良いものだったと思います。

古い曲を久々に聴いた、ってボクらは何気なく口にしてしまいがちだけど、ジュリアちゃんのことを考えるとそう簡単なことではないんですよね。
6fDqAFtVup.jpeg
ある意味それらの曲も新曲というか。
歌とダンスを覚えるのって大変だろうなぁ…。
そしてライブを終えると頭の中には(ホントの)新曲の印象も強く残っていて。
なんだか層が厚いというかいろいろな表情を見せてくれるような時間でした。


既にいくつかのツアーに参加している同行者によると、モニターを使った演出は一貫として行われており、今回もしっかり採用されていましたが内容がいつもと少し違ったとのこと。
このモニター、開演前から映像が流れていて待ち時間も飽きないし、ライブのコンセプトというか設定も事前に知ることができてなかなかの優れもの演出でしたね。


これ書いちゃっていいのかわからないけど、衣装も良かった。
small.jpeg
この青ベースの爽やかなやつも可愛くていいんだけど、後半のチェンジした衣装はちょっとびっくり。
至近距離だった2部はもう目が釘付け。どこにとは言わないけどw

しかも先述した通り、緘口令が敷かれているためボクはこのことを全く知らなかったし、純粋に良い意味で驚きがあって嬉しかった。
未だに写真も出てきてませんしね。
ネタバレ禁止、とか言われるとモヤモヤしちゃうことが多いんだけど、こういう緘口令なら大歓迎。




2部の本編ラスト、(たぶん)2曲は坂井仁香ちゃんが不参加でした。
IMG_20190514_195254.jpg
いつ舞台からいなくなったのか分からないくらいスッと下がってしまったので歌いだすまで気が付きませんでしたが、そのちょっと前、なんだか苦しそうな表情をする瞬間があるなーとは思っていたんです。
詳細は分かりませんが大事には至らなかったようでアンコールには戻ってくれて、いつも通り元気にニコニコしてくれていましたけど。

前方エリアにいて気付いたのは、とにかく照明って暑いということ。
客席であの暑さなんだからステージ上はどんななんだよと。
しかも歌って踊って…。
とにかく本人が大丈夫と言っているので余計な心配はしないようにしておきます。
衣装とかでのトラブルの可能性もありますしね。

ツアー残り1公演。
とにかく無事に終わりますように。


そしてひとちゃん不在となったステージでの2曲。
どうなるかと思いましたが残されたメンバーがそれぞれを補うような素晴らしいカバーリングを見せてくれました。

特におはるは1曲まるまるひとちゃんパートを担ってたかな。(違ったらゴメン)
もう1曲はおはるひよりんばんびが中心となってカバー。(違ったらゴメン)
IMG_20190514_194610.jpg

恐らく急遽の措置だったと思うんだけど、あまりにスムーズでしばらくひとちゃんがいないことに気付かなかった人もいるんじゃないかな。
アクシデントではあったけれど、グループとしての成長が垣間見えた瞬間でもありました。




とき宣は7/28にびっちょり祭り@東武動物公園、
12/21にクリスマスライブ@中野サンプラザ、
が決定済み。
なんだか先のことすぎて目眩がする感じですが、うまいことスケジュールを合わせて何とか行きたいな。


今日はここまで。



今さらながら、大阪の記事です。
いや、というのも帰京してすぐに仕事が始まっちゃたり風邪気味になっちゃたりでブログなんか書く時間がなくてですねぇ…。
しかも容量が少ない頭なんでライブについてはすでに忘却の彼方というありさまでして。
なので完全に「こういうことがあったなぁ」程度の個人的備忘です。


◇5/2 私立恵比寿中学 ライブハウスツアー2019~Listen to the MUSiC~@Zepp Namba
DSC_0076.JPG
今回の舞台は大阪。
ボクは基本的に遠征はしない性質でして、遠出するとしても日帰りが主。
しかし今ツアーは関東圏での公演がなく、ある種の飢餓状態に陥りながら大阪行きを決めたのでした。
(エビ中で名古屋から西に行ったのは初めて)

交通はいっちょまえに飛行機をチョイス。
もう新幹線より安いんですね。そして早い。
こりゃいいやー、なんて喜び勇んで乗り込みましたが、すっかり忘れていました。
自分が飛行機苦手なことを。
もうね、伊丹に着いて膝がっくがく。
手の震えとともに難波方面を目指したのでした。(アル中じゃないよ)

現地には昼前に着いて会場の場所を確認。
常人はギリギリでいいんでしょうけど、なにせボクですからね。
しっかり位置を把握しておかないと。

その後は顔見知りさんとお食事に行ったり物販に並んだり、Twitterで募ったグッズのトレードなんぞをこなして一旦チェックインと荷物置きを兼ねてお宿へ。
で、そこから現場へ戻るのが手間どりまして…Zeppに到着したらすでに自分の番号の呼び出しが終わっていたというw
まぁ良番でもないしいいのいいの、とゆったり入場するも人の流れというかあれよあれよという間に上手の端っこだけれどそこそこ前になってしまうという謎展開へ。
ライブハウスの妙味ってやつでしょうか。
決して人を押しのけたりしてませんからね。

そしてライブ。
レポとしてはこれで終了です。(手抜き)

少し言い添えるならやはり「梅」かな。
しかも衣装もちゃんと着てきてくれました。
メンバーが登場した時のどよめき、スゴかったなぁ。
令和にかけた演出も良かった。

あとは「トレンディガール」初披露。
美怜ちゃんもしっかりと参加してくれて感動でうるうるだったんですが、もっともっと場数を踏めばもっと良くなる予感でいっぱい。
流れるようなメロディ、少し肩の力を抜いた歌声。
どんな会場でも映える1曲になるんじゃないかしら。

「サドンデス」も久しぶりでした。
敗退理由などの詳細は黒虎にてどうぞ。
莉子ちゃんのお言葉がボクの全てです。

その美怜ちゃんは6曲かな、たくさん曲に参加してくれました。
IMG_20190505_203251.jpg
九州や札幌は行けなかったんで分からないですけど、たぶん今ツアー最多ですよね。
グランデさんも相変わらずがんばってくれているし、どんどん出演時間を増やしてほしいところ。
ですが、くれぐれも無理はせずにというところです。
好事魔多し、ですものね。


ライブ終演後は食べて呑んでの食い倒れ。
翌日も朝からよく食べました。
DSC_0090.JPG
なんば~新世界は思ったよりコンパクトに集中していて楽だったし、道頓堀までのんびり歩いたり。
大阪は約10年ぶりの訪問でしたけど、変わったなーと思うところもたくさんありましたね。
あ、やっぱり外国の人が多かったかな。
あとは街がキレイになった印象かなw

先述のとおり遠征しないので、そういったことも思い出深い小旅行となりました。
DSC_0081.JPG
(宿は1泊1.5K!)


この大阪でボクのツアーは終了。
3公演。少ない。
物足りなさはありますけど、全通してもきっと
「もっと観たい」
と思うんだろうし、MUSiCフェスで爆発できるよう今から準備していこうかなと。

そうそう。
その前に対バンイベントですね。
あとはパシャサ振り替えがあったりツーショもあったり。

ファミえんどうなるんでしょうかね?
なしの可能性もあるのかなー?

なんてヲタが言っても仕方なし。
与えられたものを全力で楽しむしかないのです。






今日はここまで。


令和最初の現場はまさかの東北産でした。


◇5/1 いぎなり東北産「Burnin'Heart」リリイベ@錦糸町タワレコ
DSC_0067.JPG

前日ちょっと出遅れた反省があったのに、この日も到着は物販開始30分前。
もちろんすでに長蛇の列。
人間って反省しないなぁ…。
そしてもう東北産の都内イベントはそんな時間に行ってたらダメですね。

店内へ通され物販が始まりましたが、これがまた遅くてですねぇ…。
買い終わった時には2時間以上経過していました。
もうヘトヘトw
でもステージ前で行列していたタイミングでがっつりリハーサルを観られたからいいか。

この日のレギュレーションは上限が10から6に変更。
優先券も1部か2部を選んでの自引き。
つまり通しで優先観覧ができない方式。
さらに物販の進みが遅いため、1部開始を1時間遅らせるという緊急措置も。
それもこれも人が集まりすぎた影響と思われますが、嬉しいことでもありますね。

ボクは2部の優先券を選択し、40番というなかなかの番号をゲット。
特典はランダムツーショ1、グループ握手1。

ランダムツーショはいろいろな人に助けられました。
ありがとうございます。

ということで諸々が終わったボクは優雅にドトールなんか入りまして、ひと息ついて5分前にタワレコへ戻ると…
もう出囃子が鳴ってるじゃない!早いよ!w

1部
01.ワンダフル東北
02.我ら
03.Burnin'Heart
04.Love is here
05.トラベル
06.乾杯ニッポン

1部はエリア外最後方でのんびりと観覧。
ここはステージが高いのでこれでもしっかりとお顔が見えますね。
ただ店内POPの遮蔽物があるのでさすがに9人いっぺんに、とはいかず。
まぁ仕方なし。
優先エリアはえらい盛り上がり。
店内だよいいのかよ。

メンバーは髪を下ろしていた前日と打って変わって全員ツインテで登場。
自分を「5歳児」といったひかるん、
みうちゃんに乾杯ニッポンで
「うるさい5歳児」
とめった切りにあう。
IMG_20190501_192052.jpg

2部はスタッフさんのgdgdな誘導のもと優先入場。
大宮もこの日の1部もエリア外だったので気合が入るってもんです。
女限エリア後ろ最前列を確保。いいぞ。

2部
01.コンビニエント・エゴ
02.我ら
03.Burnin'Heart
04.Love is here
05.恋はじめ
06.天下一品

新曲たちはだいぶ耳に馴染んできました。
フリコピらしき動きもちょこまかマネしたりして。
うーん。楽しい。

「我ら」で吉瀬さんが言う
「たのしんじゅ」
をパクっていじるメンバー続出。
怒るふりして照れる吉瀬さん。
はぁ。じゅっち…。

優先エリアに入ってそのコールの凄まじさをまざまざと体感しました。
もうね、「うるせーよ!」って言いたいくらい。
みんな楽しそう。
ボクも楽しい。

そんな状態が続いて発表されたのは8/31の東京初ワンマンライブ。
からの天下一品はメンバーもヲタも汗だくで。
まるでライブハウスのよう。
ようやく「東北産を観た」って感じ。
満足です。
IMG_20190501_201645.jpg
なんでも令和始まって以来、史上最高の集客だったとのこと。
良かったなぁ。


この日の客入りと会場の熱があれば、桜エビツーマンも東京ワンマンも必ず成功する。
そう思わせるだけのものがありました。
楽しみですね。
みんな行きましょう。


この記事がアップされる頃、ボクは大阪に向かう機上の人になっているはずです。
…遅れたり電車間違えなければ。

久しぶりのエビ中ライブ。
しっかり楽しみますよー。
IMG_20190501_072608.jpg





今日はここまで。





↑このページのトップへ