元朝日新聞記者の植村隆氏が、「署名入り新聞記事の内容は捏造である」と記されて名誉を棄損されたとして櫻井よし子氏やその原稿を載せた出版社を提訴している裁判の第二回口頭弁論が6月10日、札幌地裁で行われた。

 私はこの裁判を支える会の共同代表を務めているのだが、大学の授業があって残念ながら傍聴することはできなかった。

 無事終了したという報告とともに、先ほど、被告となっている出版社のひとつである「ワック」の準備書面が植村さんの弁護団からメールで送られてきたのだが、それがなかなかすごいものであった。

 全文をここにあげることは控えたいが、「ワック」の代理人である弁護士が作成したと思われるその準備書面の前半部では、吉田清治氏の証言がいかに間違っていたが延々と述べられている。そこは朝日新聞の慰安婦報道を批判する人たちがよく持ち出す話の域を出ておらず、とくに驚くこともない。
 
 問題は後半部だ。書面は朝日新聞がそれを取り上げた咎を責めるとともに、突如、吉田証言の間違いが発覚したあとに植村氏はこういう記事を書くべきだった、といったアドバイス(?)を行う。その文体というか口調があまりにフランクすぎるのだ。
 一部を引用しよう。

「即ち、原告の記事は、要するにこれまで日本人慰安婦はいましたが、朝鮮人慰安婦の人も見付かりました。しかし挺身隊出身ではなく、日本軍に暴行脅迫で連れ去られた人でもありませんでしたというべきものであり、だから吉田清治証言によりガックリしていた日本国民の皆様、良かったですねとでも書くべきものであったろう。それが最も正確だからである。」

 この後も、こんなカジュアルな口調の文章が何か所にも登場する。
 いささか駄洒落めいてしまうが、「裁判に公式に提出された準備書面に『ガックリ』などの単語があって『ビックリ』」だ。 
 私はこういった書面に明るいわけではないが、最近は裁判でも、ツイッターのつぶやきか個人ブログのような書き方がトレンドなのだろうか。もちろん、大切なのは書面の内容であって文体ではないが、このやっつけ感満載の文章から内容も推して知るべし、とだけはつけ加えておこう。
 早く被告サイドが全文をどこかに公開してくれないかなー(とカジュアル風に)。

北海道で行方がわからなくなっていた男児が無事保護された。
よかった…。

「心のケア」は必要ない(たぶん)。

暖かいおうちでおなかいっぱい食べてゆっくり眠る。
この間、何があったかも無理にきかない。
でも、学校でも家でもはれものにさわるように扱わない。
友だちどうしで「どこ行ってたんだよー!」くらいはオッケー。
このまま忘れるならそれでよし。
報道はこれにて終了。

こんなところが注意点じゃないでしょうか。
心は思ってるよりタフなものですし。
専門家が出て行けばいいってもんじゃありません。

 北海道七飯町の林道で、両親に置き去りにされた小学2年の男児が行方不明になっている事件は、6日目を迎えた2日になっても、まだ有力な手がかりが得られていない。置き去りにされた子どもの状況や心境を想像し、胸を痛めている人も多いのではないだろうか。

 こういう事件が起きると、「親によるしつけはどこまで許されるのか」といった議論がわき起こる。
 私がひとことだけ言いたいのは、「親のうさ晴らし、怒りのはけ口としてのしつけ」はやめてほしい、ということだ。
 もちろん、親だって人間だから、子どもの言葉や行動にカチンと来ることもあるだろう。とくに何度注意しても言うことをきかない場合など、つい「いなくなればいいのに」といった思いが心をよぎることがあるかもしれない。どんなに愛し合ってる男女でも、親子でも、飼い主とペットでも、「何をしても許す、寛大な気持ちでいられる」というわけではないからだ。

 しかし、親と子どもの場合は、圧倒的な力の差がある。それは体力、知力、財力すべての差だ。そういうアンバランスな関係の中では、「強い立場」にある側は相当、相手に思いやりの心を持たなければならない。おとなどうしならカーッとなったら「どこかに消えて!」と言葉にしたり、「じゃ、もう帰る!」と席を立ってその場を去ったりすることも許されるかもしれない。

 しかし、力の差がある関係では感情をそのまま言葉や行動に移してはならない。
 いつどんなときも、頭の一部にはちょっぴりの冷静さを保ちながら、「いまの気持ちをこのまま言葉にしてよいかな」「これをすることがこの子のためになるかな」と考えてみてほしい。もちろん、100%計算してのしつけでなくてもよいし、親子なんだからたまには互いが感情的になることも必要だ。

 とはいえ、親と子には「圧倒的な力の差」があり、場合によってはからだやこころが傷つき、それが長くのこる場合もあることは、忘れないでほしいのだ。
 北海道の児童が「なんだ、こんなところで世話になってたのか、よかったね」と無事に発見されることを、心から祈っている。

↑このページのトップへ