月別アーカイブ / 2019年01月











みなさん、こんにちは。






今日はお知らせですっ






全国のイオンモールで
バレンタインフェアが開催されます。





こちら
新しいビジュアルです…!



_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2776.JPG


『バレンタインは、キモチと。
〜贈る心はひとつじゃない。〜』





私も小学生の頃、沢山チョコ作って
お友達と交換とかしてたなあ。

年に一度しかないイベントだから張り切って
徹夜してお母さんと作ってた思い出、、





2月14日に向けて、イオンモールが
華やかなムードに
なっていくのが素敵ですね…^ ^




店頭にポスタービジュアルが
飾られているみたいなので、
良ければ是非チェックしてみてください!









では。







清原果耶












みなさん、おはようございます☀︎




昨日は
映画 「愛唄-約束のナクヒト-」で
大阪、京都、名古屋の映画館で舞台挨拶を行いました。
会場にお越し下さった皆さん、本当にありがとうございました。



ついに、
「愛唄-約束のナクヒト-」も旅立ってしまいました。
今の気持ちは
寂しい・嬉しい・嬉しいくらいの配分。




凪を生きてから
言葉の色が気にかかるようになりました。


本来の意味とは
全く別の角度から救ってくれることもあったり、逆もまた然り
言葉は 話す側によっては
花弁にも 棘にもなってしまう。




なのでもしかしたら歪な形かも知れませんが
丁寧に、私が感じたことをお話しするように
心掛けているつもりです。



それがお固く見えてしまっている時も
あるのかなあ、なんていうのが
最近の悩みでもあるのですが。
そういう一面も
私らしさかな






人間は真っ直ぐに立とうとしても
風が吹けば身体が揺れて
針が振れば傷付くものです。


自暴自棄になっているトオルの
人生を変える 友 と 詩との出会い。
そういう出会いは それぞれに色んなタイミングで訪れているのだと思います。
けれど掬い上げられるかどうかは本人次第なのかな、とも。






自分の人生を生きるのは
自分しかいない。
沢山の奇跡の積み重ねで立っていること。
沢山の出会いに支えられていること。


今 この一瞬を大切に切り取って
出会うこと全てに愛と敬意を払って
生きていきたいものです。





メッセージの受け取り方は それぞれ違えど
映画を観てくださった方々の 
これから に眩しいくらいの光が差しますように。





私にとってもこれから先、
きっと心の支えになる
大切な 大切な作品となりました。








そして、



舞台挨拶終了後に
お誕生日のお祝いをして頂きました…!





_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2758.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2759.JPG
ろうそくはなかったので消すふりを、、笑



嬉しかったな、
本当に幸せ者です。



この二日間で 感じた想いをしっかりと背負って
前に進みたいと思います。
そして、また皆さんとご一緒させて頂けるよう精進致します。








この作品が
どうか、皆さんの心に届きますように。








 



では。









清原果耶








みなさん、こんばんは。




今日は 「デイアンドナイト」 
そして 「愛唄-約束のナクヒト-」の
舞台挨拶を行いました!

それぞれの会場にお越し下さった皆さん
本当にありがとうございました。

楽しんで頂けたでしょうか…。



1日に 2つの作品の舞台挨拶に参加させて頂くことは初めての経験だったので、
少々慌ただしい日でもありつつ
充実した時間を過ごせました。







「デイアンドナイト」は
今日、完全に手元から離れてしまったので
少し寂しい想いも抱えつつ
企画が立ち上がってから
6年もの月日を経て生まれたこの作品を
全国の皆さんに観て頂けること、
そして、その大切に温められてきた作品に出演させて頂けたことを誇りに思います。


この作品のクランクアップ後に
企画・主演を務められた阿部進之介さんに
清原さんが奈々で良かった。というお言葉を頂きました。

デイアンドナイト の世界で
正解も見つけきれず
もがいていた私にはそのお言葉が
とてもとても暖かく、深く胸に刺さって
必死に奈々を生きて良かった。と思えました。

誰かにとっての正義を
簡単に否定してしまっていいのか、
誰かにとっての悪に
共感することが全てなのか。

デイアンドナイト が
皆さんにとっての 善と悪とは何かを
探すきっかけになれば嬉しいです。
答えがない作品なので
十人十色の感想が浮かんでくるんじゃないかな、と思います。。



「デイアンドナイト」に携わってくださった
全ての皆さんに 心からの感謝を。
奈々 を生きた証が
作品という形として残っていく奇跡に感謝を。

皆さん
是非、劇場でご覧下さると嬉しいです…!!




_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2724.JPG









そして、です






なんと「デイアンドナイト」舞台挨拶の合間に
皆さんに誕生日を祝って頂きました!!

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2722.JPG
次の誕生日で17歳になります。
まだまだ実感はないものの
今年もまた1つ、歳を重ねるようです。

お祝いして頂いた時は
本当に嬉しくて言葉が出ませんでした、、
こんなに素敵なチームの一員であれること
改めて誇りに思います。
今回お世話になった皆さんに
いつか恩返しができるように
これからも頑張りたいと思います。








「デイアンドナイト」の舞台挨拶から
「愛唄-約束のナクヒト-」の舞台挨拶に
移動する際に
山田孝之さんが現場まで送り届けてくださいました。。
山田さんとインスタライブをしながら
新宿の街中を歩くなんて
誰が想像出来るのでしょうか…

いつも私の背中を押してくださる山田さん。
沢山助けて頂きました。

今度はいつか山田さんとお芝居させて頂ける日が来るように、、頑張ります。









「愛唄-約束のナクヒト-」では
舞台挨拶に No titleの皆さんが
駆けつけてくださって、
「 約束 × No title 」を披露して頂いたりと
より映画を楽しみに観て頂けるような企画を行いました。


私は ほのかさんの歌声と
あんべさん、ぽちさんの演奏を
生で聴かせて頂けて感無量です。

音楽という要素は
この作品になくてはならない存在なので
GReeeeNさん、そしてNo titleの皆さんにも
主題歌、という形で力強く支えて頂いて
より物語が 鮮やかになっていると思います。
言葉だけだと足りないくらい、
皆さんには感謝してもしきれないです。


青春、恋愛の要素だけではなく
人生という大きいスケールの中で
大切にしたい人、ものを見つけ
今を真剣に生きようとする彼らの姿勢が
観てくださった方々の心を動かしますように。


明日も、舞台挨拶があるので
この作品の魅力を精一杯お届け出来たら、と思っています。







興奮冷めやらぬ。

明日を迎えるために
今日は出来るだけ早く寝ます。







では。






_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2723.JPG

ケーキ美味しかったです。
本当に嬉しい。








Kaya

↑このページのトップへ