月別アーカイブ / 2014年02月

女子フリー、本当に良かった!

正直、今日はスケートの解説っぽい文章は
書きたくない気分です。

だって、皆さんも感動したでしょう?

それが全てだと思います。

良いものは良い、誰にでも伝わるものですから。

村上選手、浅田選手、あっこちゃん、皆笑顔で終わってくれて
嬉しかったです。

そして3選手、感動をありがとう。

まだ19歳の村上選手にとっては、今回の五輪は
大きな収穫になったと思います。

大きなプレッシャーの中で、後半に向けてどんどん
伸びのある滑りになったのは素晴らしかったですね。

今回の経験を胸に、強くなっていってほしいと願っています。

そして、浅田選手。

もう言葉もありません。

トリプルアクセルを着氷し、3フリップ+3ループを降りた後、
涙が溢れ出てきてしまいました。

最後のステップのときには号泣です。

あまりに私が泣くので、うちの空(猫)が心配して
そばを離れなかったほどです。笑

本当に苦しかったと思います。

実は朝日新聞オリンピックニュースによると、
『浅田選手は佐藤信夫コーチに
「何かあったら先生が助けに行くから」と言われ、
演技に望んだそうです』とありました。

これを読んで、また大泣きした私ですが、
浅田選手はこの言葉に救われたのかもしれません。

信夫先生、やっぱり最高のコーチです。

最後に浅田選手らしい演技を出し切れて本当に良かった。

感動をありがとうございました。

そして、あっこちゃん。

決して万全でない中で、確かにジャンプのミスはありましたが、
あの空気感は素晴らしかった。

こちらも泣いてしまいました。笑

スケーティングもよく滑っていましたね。

本当にキレイで、こちらは高橋選手に感じたような、
あっこちゃんのスケートに合わせて音楽が流れているような
そんな印象を受けました。

あっこちゃんの指先の動きから、
なにか小さな灯りが放たれるようなそんな温かさを感じました。

あっこちゃん、ちゃんと五輪の舞台を満喫できたかな?

私たちは、ちゃんとあっこちゃんの心を受け取りました。

ありがとうね~。

おつかれさまでした。

それにしても、日本には素晴らしいスケーターが沢山いて
心から誇りに思います。

村上選手、浅田選手、あっこちゃんだけでなく、
羽生選手、高橋選手、町田選手、キャシー&クリス、高橋&木原組、
皆さん、本当に感動をありがとうございました。

日本選手全員に大きなハグを贈ります。

まだ気持ちがなんとなく切り替わらない私です。。。

今日のラジオ出演でもコメントしているときに
なぜか涙が出そうになりました。

多分、浅田選手はもっと泣きたいでしょうね。

本当はフリーの前に一度思いっきり泣けると
心のゴミが洗い流せるんだろうになぁ・・・なんて思います。

さて、明日もニッポン放送「上柳昌彦のごごばん!」に
ラジオ出演します。

お時間あればお聞きください。

ニッポン放送「上柳昌彦のごごばん!」
2月21日(金) 昼1時~放送

日本中が注目している女子SPが始まりました。

観ていても胸が苦しくなるくらいドキドキしますね。

まずは、村上選手から。

最初の3トゥループ+3トゥループが凄くキレイに決まっただけに
次のフリップがシングルになったのは驚きました。

調子が悪かった、というよりは、
僅かに気持ちに魔が差したのでしょうか?

ただ全体的にスピードがあったのは良かったです。

テレビ画面からでもスピード感が伝わってきたので、
実際にはかなりスピードがあったのではないかと思います。

またフリップと次の2アクセルの間が短かったにもかかわらず、
落ち着いて2アクセルを決めたのも大きかったですね。

精神的にも強くなってきている村上選手を感じました。

折角の初めての五輪なので、
フリーは変に気負うことなく伸び伸びと滑って欲しいと思います。

そしてあっこちゃん。

ウォーミングアップでの3トゥループ+3トゥループが決まらず、
不安を抱えてのスタートとなってしまったようで、
若干思い切りが悪かったのかもしれません。

ただ、そのあとの3フリップをコンビネーションにできた点は、
やはりベテランだと思います。

何より全体の滑りがとても良かったのが嬉しかったです。

一歩一歩が滑らかで伸びやかで、
ステップも見ごたえがありました。

また、あっこちゃんならではの世界観や温かさ、情感が
伝わってきて心を込めて滑っていることがよくわかりました。

その点がセカンドマークが伸びた要因でしょう。

明日のフリーでは、「あっこちゃんを支えた周囲の方のために」
という心を大切に力を出し切れることを祈っています。

最後は浅田選手です。

うーん、正直、なんと書いていいかわからないです。

練習でも調子は良さそうでしたし、
今シーズンは仮に3アクセルで失敗しても
その後のジャンプはしっかり決めていたので、
まさかコンビネーションが入らない・・・なんてことが起こるとは。

「五輪の魔物」というやつなんでしょうか?

ただ、団体のときよりも全体のスピードはあったと思いますし、
流れもあったと思います。

明日のフリーまでに気持ちを上手く切り替えて
最後は笑顔で終えてくれることを心から願っています。

↑このページのトップへ