月別アーカイブ / 2013年03月

桜満開の目黒川に行ってきました。

 

よく見ると葉桜になり始めていますが、
うっとりするような景色が広がっていました。

どうして日本人は、桜が好きなんでしょうねぇ~。

 

満開の桜並木を見て「日本人でよかったなぁ」と
シミジミ感じました。

母に頼んで写真を一枚パチリ。

 

しっかり母の指が入っています

まぁ、ちゃんと桜が写っているので良しとしましょう。


ところで、私は花粉症に悩まされています。。。

先日、通っている病院で出された薬です。

 

アレグラだけでは足りず、頓服薬と目薬を出してもらいました。

マスクと薬でこの時期を乗り切るしかないですね。

花粉症持ちの皆様、お大事に~。

先程、世界フィギュアのアイスダンスを拝見しました。

リード兄弟、悔しそうでしたね。

解説の宮本さんもおっしゃっていましたが、
ツイズルが乱れた後、二人のタイミングが少しずつ
ずれてしまったように映りました。

でもリフトはとても良かったと思います。

しっかりとしたポジションをつくって確実にレベルを
とっていました。

私は今の二人にとっては自信が必要なんではないかと思います。

確かに枠取りはプレッシャーがかかりますが、
楽しんで滑ればきっと実力は発揮できると思うので
今後も前向きに頑張って欲しいと思います。

続いてトップ争い。

やはり今年のデイビス&ホワイト組は強かったですね。

個人的には、バーチュー&モイヤー組の方が好きなのですが、
今年の振り付けはデイビス&ホワイト組の方が好みでした。

ノートルダム・ド・パリをストーリー性を最後まで失わずに
演じきった感じが画面を通しても伺えました。

特にアイスダンスの中ではレベルが取れないステップ。
(100%クリーンなエッジワークでないとレベル4が取れません)

残念ながらレベル4は取れていませんでしたが、
とても一つ一つのエッジがクリアでディープ、
かつ流れがあり、ホールドチェンジさえ演技のように映りました。

全体的に要素のどれをとっても音楽と合っていて
チャンピオンにふさわしい演技だったと思います。

来シーズンの二人の滑りに、また期待したいと思います。

そしてカルメンを滑ったバーチュー&モイヤー組。

妖艶なバーチューと情熱的なモイヤーもとても素敵でした。

ただ、若干ですがステップでタイミングがずれてしまう点が
残念でした。

カップル競技は、お互いが大きく身体を使おうと頑張りすぎると
時としてタイミングが合わないことがあります。

今回のフリーのバーチュー&モイヤーは普段の二人に比べると
若干ですがそんな感じがしました。

それでもリフトなどでは本当に難しい内容で、
互いに信頼しきっていなければ、できないようなポジションが多く、
二人のパートナーシップに改めて感服しました。

前述通り、私は個人的にはバーチュー&モイヤー組の方が
好みなので、来シーズンの二人に期待しています。


アイスダンス、日本の枠取りに向けて・・・
キャシー&クリス、頑張れ~!!

世界フィギュア女子フリーを遅ればせながら
先程拝見しました。

浅田選手、銅メダルおめでとうございます!

浅田選手は出だしやや硬い感じがしましたが、
後半に向けてどんどん勢いを感じさせてくれました。

トリプルアクセルも降りることはできませんでしたが、
しっかり認定されて、大きな収穫のある世界フィギュアに
なったと思います。

スローパートの表情もさらに豊かになっていましたね。

あの表情をみたら「真央ちゃん」とは言いづらいほど
大人びた表現だと思います。

シーズン後半になり浅田選手はジャンプの注目度が上がりましたが、
ステップもさらに磨きがかかっていました。

ワンフットでの細かなステップ、早いツイズルは
浅田選手の持ち味。

進化し続ける浅田選手。

来シーズンが実り多くなるよう、祈っています。

つづいて村上選手。

素晴らしいフリーの演技でした。

「力強い女性」を見事に演じていたと思います。

ジャンプも高さがあり、演技全体の迫力も増していました。

文字通り伸び盛りなんでしょうね。

今回の世界フィギュアで村上選手はSP、フリーともに
良い演技をしたことで、来シーズン、村上選手への印象は
さらに良くなりプラスに働くと思います。

成長とともにプレッシャーは強くなると思いますが、
「スケートが好き」という気持ちを忘れずに
頑張って欲しいと願っています。

最後はあっこちゃん。

今シーズンはあっこちゃんにとって苦しいシーズンになりました。

でも調子が悪い中で試合をこなすことは、
後々、大きな意味を持ってくると思います。

ジャンプはなかなか決まりませんでしたが、
最後まで身体を大きく使い、「オー」の世界を表現しようと
滑り切る姿は、とても素敵でした。

ひたむきで前向きなあっこちゃんのスケートに
感動する方も多いのではないかと思います。

来シーズンはあっこちゃんのアマチュア人生において
最後のシーズンです。

是非、笑うことが多いシーズンになってほしいと
心から願っています。

女子の皆さん、お疲れさまでした!

↑このページのトップへ