みんな幸せになりたいと思ってる。だから一生懸命に働き、努力し、結果を出す。

ただその努力をしているのに、何故か自分が思っていた所とは違う場所に行ってしまう人たちが多いんです。

その理由は、
「幸せ」という「状態」がわからない。

これが大きな要因だと思います。

どんな時が幸せ?と聞かれたらご飯食べてる時!とか、◯◯している時という抽象的なことは聞くけど、実際はどうなったらあなたは幸せなんですか?という問いには止まる。

そう!幸せの状態がわからない!

自分自身もそれは起きた。何のためにやっているのか?そもそも何故やっているのか?

そう幸せになるためだ!…幸せってどういう状態なんだろ?…わかんねぇー。が答えでした。

つまり、ほとんどの人がやらないといけない事は明確なんです!ゴールを作るんではなく、幸せだな。と思える「状態」をどうしたら作れるのか?どういう「状態」が幸せなのか。

周りに目を向けず、自分と向き合うことからまずはスタートなんですね✨

読んでいただきありがとうございます!次回、幸せになる状態をどういう風に見つけるのか。9/30にお伝えします!!

いくらたくさん!こんな状態が幸せにしてくれます✨笑
_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3010.JPG


自分の周りにこういう人がいた。

「絶対に親父みたいにはなりたくない。」

人を頭ごなしに否定して、俺みたいになるな!と言っていた頑固な親父さん。

そんな彼はどうかというと、人を頭ごなしに否定して、頑なに曲げない男。

そう、彼は全力で親父さんのようになっていた。毎日のように、人に会うたびに、「親父のようになりたくない」と言っていた。

ただ脳って否定の言葉は受け取らず、名詞や動詞をインプットしているような気がする。

「親父になりたい」
そう聞こえたんだろう。

知らず知らずに言ってる言葉が、脳には強く刷り込まれていく。だからこそ口癖はプラスな事を言いたいですね^_^

_var_mobile_Media_DCIM_112APPLE_IMG_2186.JPG

↑このページのトップへ