hello:)


今回は少し宣伝もありなんだけど、

是非読んでもらえたら。


各SNSなんかでは発表してチケットの販売も始まったんだけど、

2月23日に「フィッシュオン岡崎店」さんにてイベントを開催します。


ずっと構想はあったんだけど、

音楽と釣りのクロスカルチャーイベント。


「釣堀でDJパーティー」

「DJパーティーで釣り大会」

って感じで、一気に2つ楽しんじゃおうぜって感じで。



svYYo8r5xX.jpg


チケット販売はコチラ!!

https://mosh.theshop.jp/


「え?釣堀?」

「エサでしょ?」

「ブラックバス釣るワケじゃないんでしょ?」

って言われたりも正直あったんだけど…


確かにオレはブラックバスを対象にした、

ルアーフィッシングのプロアングラーです。


もっと言えば正直"ブラックバス以外の魚にほとんど興味がない"

と言っても全然過言じゃない。


ではなぜこんなイベントをするのかってのを、

簡単に伝えておきたいなと…


まず釣り。

釣りってさ、楽しいんだ。

どっぷりハマってる人はわかってると思うけど。


じゃそう言うのを伝えたいなって思った時、

やっぱり「アタリの出る楽しさ」や「魚の引きを味わう楽しさ」=「釣れる楽しさ」じゃん?

ハマればハマるほどそうじゃない所に面白さが出てくるんだけど、

それでもやっぱり原点はそこだと思うし、

釣りをしてない人にはまずそこからだと思うのね。

だから、手軽で身近で、道具も全部貸してくれる釣堀がいいって思ったわけ。

そこでまずは魚釣りの雰囲気や楽しさに触れてもらいたいなって事。


そこからがやっぱりスタートで、

そりゃそこから「ルアーで釣ってみたいな」「ブラックバス釣ってみたいな」

なんて思ってくれたら最高だけど、

まずは

「釣り楽しいじゃん!」

これでいいんだ。

それを少しでも知って欲しい。

そのキッカケが、DJパーティーに来るって事で出来る。


そして音楽。

結構音楽ってのはどこにでもあふれてて、

みんなそれぞれ好きな音楽ってあると思うんだけど、

なかなかコンサートや、もっと言えば小さなライブハウス規模の会場へ行こうってなる人って、

やっぱりそれだけ好きだったり、周りにそういう人がいて誘われなきゃ機会がなかったりだと思うのよね。


今回はDJって言う形だけど、オレは"音が鳴るリアルな現場"だと思ってる。

今までは部屋で、または車で、移動中のイヤホンでしか聴いてなかった音楽を、

大勢の人と一緒に楽しむ、そんな場所に触れるキッカケを作りたかった。


そう、このイベントは、

お互いのカルチャーに触れるキッカケになって欲しい

ってのがオレの思い。


もし、この空気にちょっと気になる思いがある人は、

是非是非参加してください。


以下、イベント内容などなどなど…


◆日時

2020年2月23日(日)

18:00~21:00

◆場所

フィッシュオン岡崎店

愛知県岡崎市法性寺町荒子33

◆参加費

1人2000円

親子券(大人1人+小学生以下の子ども1人)

1組3000円


・道具は全て貸出で、持ち込みは禁止です。


・時間を区切って釣り大会も開催!(上位入賞者には豪華賞品あり)


・女性などエサや魚を触りたくない(触れない)場合はスタッフがお手伝いします。


・18歳未満の方は必ず保護者同伴で参加してください。


・お子様向けのミニ池(金魚釣り)もあります。



…いきなり思いついて、

思いついた3時間以内には会場と日程を押さえた。


そして準備も1ヶ月。

どれだけの事が出来て、

どれだけの不備が当日あるか分かんないけど、

出来る限りみんなに楽しんでもらえるイベントになるように、

そして2つのオレの大好きなカルチャーの未来に繋がるように、

オレも準備を進めます。


そして、この思いに賛同してくれたメーカー/ブランド様がいます。

普段オレの活動をサポートしてくれているスポンサーメーカー以外の企業様も、

「面白そうだね」って、今回のイベントに協力してくれた。


Megabass

東レ ソラローム

ICHIKAWA FISHING

GOLD Works

VONZIPPER

DAKINE

O.S.P

seedless

(順不同)


現時点でこれだけのご協賛をいただいています。

釣具メーカーだけじゃなく、

アウトドアギアや音楽と関係性が深いアパレルブランドまで…


本当にありがたい事です。


そしてそんなメーカー/ブランド様のお陰で、

大会の上位入賞者の賞品や、

もしかしたら参加記念でプレゼンとかも出来るかもしれない。


是非、これをキッカケにお互いのカルチャーやその楽しみ、

そしてそのシーンを盛り上げてくれているメーカー/ブランド様の名前なども知ってもらえたらと思ってる。


楽しむ場所、楽しむ方法は色々あればいいいと思うし、

そしてその空間を共有できる人が多いほど、より楽しいものになると思ってる。


両方のカルチャーの中で育ててもらい、

今も活動してるオレに出来て、

一緒に楽しんもらえるイベントとして考えてみた。

都合など合う人は、是非是非遊びましょ。


peace☮

hello:)

2019年も今日で終わりです。
色んなことがあったようでなかったようで…
色んなことを考えたような考えなかったような笑

特に振り返るような事もないかな〜て思ってるんだけど、
これはいい意味で。
未来にしっかり目が向いてるって事です。

少なくとも大きな転機として、自分のやりたい事を思いっきり打ち込める環境を作った事。
もちろん釣りもだけど、それだけじゃなく音楽にしても“やりたい事”全部において。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0838.JPG

それには現実的にお金の話が付いて回るんだけど、
そんな事で言い訳作るのもやだったし、
方法を見つけられた事が大きかったかな。

とても環境も大事だったし、
意識を高く持てる所にいたかったからすごくいい選択だったと今思うかな。

そんな環境の中、今は思い描いてる未来を虎視眈々と狙ってられる感じ。
やっぱり毎日が「ライブ」て感じのが性に合ってるみたい。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0992.JPG

そんな選択を出来たのも、
スポンサーであるメーカー各社様(メガバス、東レモノフィラメント、ボンジッパー、バンデル)のサポートのお陰であるし、
そんな活動を見て認めてくれた新規スポンサーメーカー各社様(ゴールドワークス、ダカイン、イチカワフィッシング)のお陰。
これからはこの恩を自分の活動からしっかり返していくターンに入ってると思ってる。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1035.JPG

そして何より、バンドもそうだしプロアングラーとしての活動もそうなんだけど、
見てくれる人、応援してくれる人がいて初めて意味が出来て、価値が生まれて、続ける事が出来る。
そんな皆々様に感謝です。
いつも本当にありがとう。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1454.JPG

2019年、関わってくれた全ての人とブラックバスに感謝です。

よいお年を!!

2019.12.31
peace☮

hello:)

SNSの方ではお伝えしてたんだけど、
フックメーカーであるICHIKAWA FISHINGさんとスポンサー契約をさせていただきました。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1332.PNG

これ、見て。

_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1337.HEIC

これはオレがずっと大好きで使っていたオフセットフック、PK-2。
先日、ほんの数週間前にB-FARMさんで取り寄せてもらい補充していたもの。
イチカワさんのフックはずっと好きで使っていて、それはスポンサーだとか、サポート契約関係なしにただただユーザーさんと同じくお店で買っていた。

イベントさせてもらうお店なんかで見つけるたびにちょくちょくと補充したりしていたから、
色んな地域のショップのスタッフさんも知ってると思う。

試しに使ってみた事から始まり、
ある時「あれ? このフック使ってる時やたら掛かりがいいかも」って思って気にして見るようになって、
やっぱりいい所に針がしっかり刺さってることが多くてそれを見るたびにドンドンと信頼が厚くなっていったのね。

これに関しては現場でオレが感じていたリアルな感想。

そして、その現場で積み重ねた信頼ってのはホンモノだと思ってるし、だからずっと使ってきた。
YouTubeなんかでも何度か紹介していると思う。
あれは一切提供やサポートってのは関係なくてただただリアルを伝えてただけ。

そんな信頼をしていたフックのプロモーションの一端でも担える役割をいただけたのは、
本当に嬉しい事だし感謝です。

なんせそれもこれも、普段からオレの活動を見てくれていたり、
応援してくれているみんながいるからこそだと、
月並みだけどやっぱり改めて思うわけです。
ありがとう。

来年に向けて、色んなメーカーさん、ブランドさんが新たにサポートしてくれている。

嬉しいよ、そりゃオレの普段の活動を評価してもらえてると思うと嬉しいけど、
同時に責任も大きくなっていると感じる。

「使わせていただけるから(ハッキリ言っちゃえば"もらえるなら")ありがたい」でサポートを受けているメーカーさんはオレには一切ない。
いただけばいただく以上にそのメーカーさんにとってメリットが無ければオレとの関係は意味のないものになってしまうし、
そしてオレの居場所はなくなる。
そう思えば、その期待やサポートにはそれ相応の活動と結果を出さなきゃな、と思うとその責務は重いと感じる。

これからもそんな思いは忘れず、
だけどやっぱり"遊び"は忘れず、
イケてるバスフィッシングをお届けしまっす。

peace☮

↑このページのトップへ