月別アーカイブ / 2019年04月

全国から先生方が集まり墨田区で講習会を開催致しました
北は北海道から南は沖縄、九州まで30名程の先生方が参加させて6時間程の講習会を行いました。昨日の
講習内容は 最新のリハビリテーションと経営についてです

冷え治療を取りいれたリハビリテーション等様々な分野で冷えの概念は応用する事が出来ます
冷えを改善しながらリハビリテーションを行うと患者さんの改善が早まります

それでは手が温かい人は心が冷たいのか?
とも言われてしまいそうなフレーズですが
これって根拠があるのでしょうか?
私達は毎日患者さんの体を触ります。時として患者さんの手や腕が冷たく感じる事があります
血行が悪いなぁ
どこかにエントラップメント(絞扼)や神経障害があるのではとすぐに考えてしまいますが
もっと単純にリラックスしていないのでは?
緊張している、或いは緊張させてしまっているのでは?

患者さんの手を触って冷たいと感じたら患者さんの身体がリラックスしていない
もう少し考えると治療出来る状態ではないと言う事になります

手が冷たい人は血行を司る自律神経が反応しやすい人で
ある意味刺激に敏感で繊細な人です

手を何気なく温めると心がホッとする事を考えると手は心や身体の反応点であり治療ポイントでもあります

何気なく使っている手ですが最高の精密器官です。乾燥やひび割れがあると性能が低下します

一生の宝としてケアを怠る事なく大切にして下さい


寒いですね。東京では桜がすでに散っているのちに
冬と錯覚してしまうほどです
こんな時は首筋を冷やさないでください
襟付きのシャツやストールで首を守って下さい
不思議と手先が温かく感じてきます
寝ている時に薄手のタオルや使わなくなったストールを首に巻いてねると快適にねれますし朝の低血圧の予防にもなります
ポイントは薄手です



↑このページのトップへ