月別アーカイブ / 2019年03月

シルクの最大の特徴はシルクを構成しているタンパク質のアミノ酸構成が人に1番近いと言われます

生体親和性が1番近い繊維がシルクです
身体にとって1番違和感が無い繊維です

シルクを肌に着けると肌の上にもう一枚皮膚がある様になり優しく包まれた感覚になります

シルクは発散性と吸湿性が高いので肌とシルクの間に汗が滞る事はありません
この辺りが綿より優れている点です

またシルクは保温性も高いため薄くて暖かいのも特徴ですが発散性も高いため1年中使用できます

シルク製品を購入すると
製品表示にクズ繭か生糸と書いてあります
生糸でないとシルク本来の性能が出づらいので購入する場合は注意して下さい

40歳男性
症状
全身倦怠感と異常に暑がりクーラー好き
手足は冷たくない
肩コリが強く過去1年間で5キロ以上太った
学生時代はスポーツ好き

冷えの自覚が無い冷えの症例です
検査の結果
深部体温は35.3度、足の血流量は4ml /100g
自律神経の特徴は交感神経優位

本人の1番の訴えは室内が異常に暑く感じるです

診断としては深部体温が下がり深部にあるべき血液が体表に流れて暑く感じている内臓冷えの状態で
冷え症ではありません
男性に多いパターンです

治療
深部体温を上げる事を実際に毎日実践しました

生姜味噌汁を1日3回この当時はヒハツが有りませんでした
根菜を1日1回は必ず、好きなコーヒーは控えて紅茶にかえてシャワーではなく入浴も出来るだけ行い

夜間のラーメン、チャーハンは控えましたが基本食事制限はしませんでした
運動は学生時代に一生分行ったので何もしません
当時はEMSも使用していませんでした
みごと3カ月で深部体温は1.5度上がり異常な暑さは8月の時点で収まりました
効果的だったのは生姜味噌汁で今なら生姜ヒハツ味噌汁だと思います
食事はファミレスでも必ず生姜は多めにもらい味噌汁に入れるという地道な努力で
体重も6カ月で12キロ落ち改めて健康を意識するキッカケになりました
これは私の経験談です

暑がりさんほど内臓は冷えていますので注意して下さい



↑このページのトップへ