久しぶりのブログ更新。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0712.JPG

とここまでツイートして、インターネットでこの現象を調べていたら、先にこの現象を取り上げてくださっている方がいました。


ぼくのツイートに当てはまった方はリンク先のブログでも「そうそう、それそれ!」となると思います。体験談では様々な考え方や解決策があって、とってもためになります。

ぼく自身はこの気質ではないのですが、ブログを読んでくれている方で困っている方もいるかと思い取り上げてみました。

自分を知ることで楽になることもある。
自分が言語化できないことを誰かがしてくれることで理解ができるようになる。

その助けになれたら幸いです。

締めの写真は昨日出演してきた芸人インプロ部!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1020.JPG

10年くらい前からRADWIMPSが大好きです。
ヒキコモリロリン、揶揄、へっくしゅんあたりが好きな人、仲良くしてください。

少し前に映画「君の名は。」で前前前世がヒットしましたね。
最初に聴いたときは、

「おいおいRADさんよぅ、そんな一般受けする方向に行っちまうのかい?俺の好きなあんたたちはどこに行っちまったんだい?」

と上から目線のコアファン気取りでしたが、何度も聴くうちにメロディが刷り込まれ、ついに口ずさみ出したときは

「これが、接触回数の多さによって相手を好きになっちゃうってやつか……あふん」

としみじみ感じたものです。
聴き込めば聴き込むほどに、遊び心たっぷりのフレーズや世界観。もうすっかり虜。
やっぱりぼくはRADWIMPSファンなんだね!


気分が良くなったところで、今日のブログタイトルへ進んでいきましょう。

現世を生きている人はみんな、前世を持っています。

雨が降ったら水たまりになって、蒸発して雲になり、また雨になるように

命も終わりを迎えて蒸発し、雲(魂の保管庫)で一度多くの魂と結びつき、また命として降ってくる

そう考えたほうが自然ですよね。
魂も循環してるんです。

生まれてくることができない魂もたくさんあります。雲の全てが雨になるわけではないように。

つまり、いまこの世に生きてる人はみんな、奇跡を経て、願いに触れてもう一度この世に生まれてきたんです。

やりたいことを、今度こそやるために。

今世のぼくは好きなことをやるために生きています。笑うことが大好きだから、インプロをして毎日笑って過ごしているし、人が新たなことを始めるのを応援するのが好きだから、インプロを教える場を開いています。

「会う人に楽しんでもらいたい」

という思いも当然あるのですが、一番大事なのはぼくが楽しんで、ぼくが笑って、ぼくが幸せになること。ぼくはわがままでいい。


最強の自分勝手。
最悪なほど傲慢。
開き直っちゃってる大馬鹿。


そう思われていい。
それくらい思いっ切りやりきって楽しんでる様を見た誰かがきっと笑ってくれるから。

ぼくが勇気を振り絞って好きなことをしまくって楽しんでいることが、誰かの背中を後押しするから。

ああ、こんな風に生きていいんだって。

ぼくはインプロを全力で楽しみ続けるし、面白がっちゃうし、それが人の幸せにつながると信じてやり続けます。

やりたいことをして、自分らしく生きよう。
やりたいことをして、笑って生きよう。
やりたいことをして、自由になろう。
やりたいことをして、人に優しくなろう。

やりたいことをしている人は、幸せです。
大丈夫。みんな、好きなことを堂々とやっていいんだよ。それを言葉にして教えてくれる人は少ないから、ぼくはしつこいくらいに叫び続ける。
それもぼくのやりたいことだから。
本気で、強く、願ってる。
みんな幸せになりますように。

前回の続き。
必要な人に届きますように。


頑張ることが、自分の呪縛になっている。
そこに気がつくことができたら、手放す時。
でも、どうすれば「頑張ること」を手放せるんだろう?

こんなことばかり考えているのだから、ぼくももちろん生来の「頑張っちゃう人」です。

自分に価値がないことに絶望し、死のうとして、でも死ねなくて、情けなさと生きることへの有り難さで一晩中泣いて。
そんな体験をしたにも関わらず、次の日には
「生まれ変わった気持ちで一所懸命頑張ろう!」

昼も夜もなく働き、残業ウェルカム、最小限の睡眠で毎日フラフラ、休日返済でセルフブラック。

せっかく頑張る必要がなくなったのに、気づけばまた同じことを繰り返す。



にゃーーー!!!!
どうしても頑張りすぎちゃう。。。



現在のぼくの収入源のひとつはインプロ体験ワークなのですが

最初のうちは
とにかく一所懸命に宣伝し、
値段も安くし、
日誌のようなものを必ず公開し、
少しでも多くの人が来てくれるようにと日々頑張っていました。



一所懸命に宣伝しないと、人は来てくれない。

あまり高くすると人は来てくれない。

そもそも自分のワークには値段をあげる価値はない。



これって「自分には人が来てくれるほどの価値はない」って言って回ってるのと同じことですよね。
前回言った「頑張っちゃうから報われない」のドツボくん。



そこに気がついたから、頑張ることをやめました。
具体的に言うと「好きなことだけをやる」ことにしました。
「やりたくないことはやらない」ことにしました。



一所懸命に宣伝するのをやめよう。気が向いたときでいい。
ワークの価格も、自分がときめく価格まで値上げしてみよう。
それでもぼくのところに来たいと思ってくれた人を心から大切にしよう。



最初はとても怖かった。
でも気づいてしまったから。
好きなことから始めないと、いつまでも好きなことはできないから。



その結果どうなったかというと、
頑張ってたころに比べて明らかに人が来てくれるようになりました。
いま、ぼくのインプロワークは毎週定員になっています。おかげさまで10月17日からは新しいワークも増設することになりました。



値上げしたのに、人は増えました。
ぼくの代わりに宣伝してくれる協力者が増えました。
以前から小学校などの教育機関でインプロを広めたかったのですが、その機会もどんどん増えてきました。来年にはPlatformで学校公演をすることも決まりました。

じゃあぼくが教育機関に何か営業をしたり、頼んだりしたのかというと、そんなことは一度もありません。それは苦手だし、やりたくないからやらなかった。ぼくがしたのは、小学校にインプロで遊びに行っただけ。



上手くいきはじめたきっかけはやっぱり、頑張ることをやめたこと。そもそも自分には価値があると認めてみた。
たったそれだけ。
すると、周りもぼくの価値を認めてくれるようになりました。



「頑張らない自分でも価値がある」と認めてから、力まず自然体でいられるようになりました。



もちろん今でもふとした瞬間に頑張ってしまうことはあるし、認めてもらいたくなるときはあるけれど、そんな時でも自分を落ち着かせてあげることができるようになりました。



「認められたいから、頑張ってる人」
「自然体で、好きなことをやってる人」



どっちを選ぶか?
ぼくが選んだのは好きなことをやる人。
これからの人生は楽しく生きるし、周りを楽しい気持ちにする。
自分にも相手にも、ラッキーハッピーまとめてプレゼントしちゃう。



自分の価値を認めれば
頑張らずに自然体でいられる
価値がある人に成果は勝手についてくる
つまり、頑張らなくても報われる



いやいや難しいよーっ!でも頑張らないようになりたいよーっ!という方にはもっと詳しく何度でも説明するし、そんなに変わりたいと思ってる人はとりあえずぼくのワークにくればいいよって思ってます。

ワークはちょっとハードル高い……と思うならまずはぼくのインプロショーを見てほしい。頑張ってない人がそこにいるから。きっとあなたの心に響く何かを届けるから。



いつでも、いつまでも、お待ちしてます。


このタイミングで気が向いたので宣伝です。
Platformの住吉美紅とぼくのふたりで
「どっかいほー」というLiveイベントをやってます。少ない座席、ラフな空間でインプロをしたり、トークしたり、リクエストに応えて何かしてみたり、といった「ぼくらとあなたの1時間」。
今月から思い切って値上げしました。

2017年9月19日(火)20時〜21時
東京 下北沢 ピカイチ にて
料金 5,000円
ご予約は以下のフォームから↓


もちろん頑張る気はゼロ。でも今ぼくはとてもワクワクしています。どんなLiveになるんだろう。
会えるのを楽しみにしています。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0712.JPG

↑このページのトップへ