久しぶりのブログになったけどみんなは元気ですかって言う前置きはさておき、思いもよらない事が起きるのが人生でさ

1544965316761.jpg
気のおけないスタッフ達と鍋待ち中………









主翼を欠きながら走り続けてきた2年。色々な人にお世話になりながら生かしてもらってきた。そんな中主軸で支えてきてくれたチームワタの5人のメンバーとも次のロケ飛ばで一旦お開きにしようと思っててね

当たり前じゃないことが当たり前になって来ちゃって、気づけばわがまま言いたい放題の何年かだったけど、今思うのは当たり前じゃなかったんだなって言う感謝しかなくて

ボクはこんな奴だから当然キャラも突っ込まれることが多くて。実際もバカだからだけど、だからやっぱりキャラもバカなやつが多くて。それによって普段もキャラなまんまだと思い込んで下から出るとたちまち上から来るような瞬間にわりとよく出くわすんだ。これはもうキャラの宿命なんだろうし、それがたいていは心地良いんだけどさ。でもそうじゃない感覚のやつにたまに出くわすとやっぱりクソッタレ!って思っちゃって

そんなケースの時はたいてい当たり前じゃないことを当たり前に取られ慣れられちゃった結果ライン超えてくるみたいなことが多くて
で、ムキーーーってね笑
 




ただね、今言いたいことは後輩達を集めて結成したチームワタのスタッフ達は当たり前になっちゃうボクに対し最後まで当たり前にならず新鮮な感動をいつも持ってくれてて厳しさも欠かずおまえがチャンピオンだって唱え続けてくれる根気と愛もあって信じて信じて一緒に横を走って来てくれてさ

だから、なんかバンドだか劇団だかを一旦解散するような気持ちでね。いっぱい喧嘩なったし本気で倒れるまで働いてくれたしたくさん笑ったし一緒に泣きはしなかったけどオレが泣きやむのをみんな待ってくれたんだ

だからそんな解散ライブはそんなスタッフ達にとにかく楽しんで欲しくて。楽しくなかったから意味ないよね。その中には役者もいて。出てなんぼなのに、裏側で陽の目を見ないところで支えてくれた人達だから。柏がつまらなかったらみんなもつまらないに決まってるし

でね、不器用なボクには仕事で楽しい瞬間なんて訪れたことなくて。芝居作るのも役作るのも本番も楽しかったことなんかなくて。ずっとただ、掻きむしってただけだけど、



今はじめて最高に楽しいんだ




大切な日にワタルームを選んでくれたり行きたかったって思ってくれたボクにとっては世界一のお客様に向けて作るすべてが楽しいし、ワタルームプロデュースに陽永のテイストが散りばめられるどころかほぼ陽永イズム(笑)になってきた結果、そこに自分のプロデュースなのに「挑戦」って言葉が生まれ、ワタルーム史上あとにも先にもきっと1度しかないであろう回想シーンなるものまでやっちゃうし

陽永、面白いよ。本当なんだろうねアイツ


TSURU君はさ、毎年恒例の年忘れワンマン忘年会ライブやるんだけど。今年は22日。それでいつも年は終わりなんだよ
1544965076887.jpg





でも今年はもうひとつ、芝居が入っちゃってね
 

「ロケットを飛ばして」
1540778953342.jpg
2018年12月24日にやるんです




なんでやってくれたのかわからないよね。笑
歌を歌う人は自分のライブで終わりたいよそりゃ
でも、本当だったらライブで終わりだったけどこんな機会いただいてそれがまたなんかすげえ楽しい年末なったって、緊張するって良いですよねってね言うんだ

ボクの芝居には2度目の出演だけど、慣れないんだよ。新鮮でいてくれる。当たり前にならないんだ。あの日より随分小さな箱だけど、いつだって、「やれる」なんて思ってなくて「やるなら頑張らなきゃやれないしやる意味がない」なんだろう。わからないけどさ


長く続ける為にやってるんじゃなくみんなに会いたいから歌ってるだけだって言うTSURU君の気持ちが「緊張」や「謙虚」や「考察」だったり「好奇心」を生むんだなって



当たり前は当たり前じゃなくそこには誰かの汗だったり犠牲だったり思いがきっとあるんだよね
そんなのだけは見逃さない男の子でいたい




ボクはなにが言いたかったんだろう
わからないけど、怒濤に楽しくて心地良い時間を作る

ラスト一週間
笑いっぱなしで準備するよ…!










終わったらさ。縁の下に隠れて脱水なるまで頬っぺたにしょっぱい水流すよ











だからさ


















風邪ひかないでね。笑







1回だけ。好きなだけ楽しんでみようって思う。気づかせてくれた奴らの為にな…!
1544965255086.jpg
蕎麦に変身♪♪♪
最近あんま面白くないな、オレ
柏進(ワタルーム)