月別アーカイブ / 2018年07月



1531707071673.jpg



















ゴルフショップで見つけたなんかを入れるバック。マリカにあげるメイクボックス。まさかファンデーションやパウダーを食うはめになるとは思わなかっただろ。でもバックとして生まれて来たんだ。なんだって腹いっぱい食っちまえじゃいいじゃんね。マニュアルなんかどうでも良いんだ。キミとボクが楽しけりゃ。
20180729_222319.png
チケ発。もうすぐできあがるよ。
待っててくれてありがとう。
柏進(ワタルーム)













20180726_154131.jpg
日本一な病院の最上階のレストランからの景色。






ボクの席からはちょうど建設中のビルにギリギリ隠れるか隠れないかでスカイツリーが小さく見えてる。















大切な人のお見舞いに行ってきた。  












天下のその病院の豪華絢爛さに目ん玉真ん丸なりながらおよそ半日位いた。いくら歩いても歩ききれない程広いその病院内を探検したらTULLY'SやDOUTORを発見したり可愛らしい飾り付けがしてある中庭のテラスにちょっと出てみたり








20180726_154552.jpg
挙げ句にゃ最上階に。そう。こんな景色があるレストラン見っけて豪華な飯まで食って来た。







20180726_155555.jpg
精養軒のビーフシチュー。くっそ旨くてイスから転げるかと思ったよ
病院内の精養軒から、精養軒本店が見える粋なオマケつき。寄ると見えるよ。精養軒。
20180726_154451.jpg








テーマパークみたいな病院だったよ。歩いても歩いても感動した。だって病院なんて良いことなんかなんもないじゃん。行かなくて良いなら誰だって行きたくないしさ。
それは入院する側もお見舞いする側も同じでさ。せっかくなら本当のテーマパークで会いたいじゃんね。





でも、どうしたって行かなきゃいけない時は出てくるわけでさ。だったら少しでも気持ちが楽になるようお洒落で楽しくなりそうな場所で出迎えて。


もちろんみんな色々な事情があってさ。重い病気や事故で楽しいなんか言ってられない人が沢山いるのはわかってるし、そんな甘いもんじゃないけどさ。でもだからって病院暗くしてもなんも変わらないしさ。

















ハッピーの方に行きたいって思ってる。少しでもハッピーの方に行きたいって思ってる。ハッピーじゃない方に行きたい人なんかいない。ハッピーの方に行きたいって思ってる。










そんなこと考えながら病院内歩き回ってたら、観劇のおもてなしについてちょっと考えてさ

幸せ絶頂の中、楽しみたいだけで来てくれる人達もいる。それはそんなハッピーなことないわけでさ。一緒に更にハッピーに走れば良いじゃんね


でも、日々色んなことが次から次と襲ってくるからさ。ハッピーじゃない時にチケット取っちゃって来てくれる人もいるだろうし、ハッピーじゃないからなんか少しでもハッピーになれたらなで来てくれる人もいると思うんだ。






要するにハッピーになりたくなくて来る人は多分おそらく滅多にいないわけだ。そんな人達にハッピーを取り戻してもらって帰ってもらう!そんな病院で言うなら怪我や病気を治すお医者さんみたいなことができるとは思ってないっ

抱えてることとかその重さなんか人それぞれだし。それを治療しますなんて上から言えるわけないしできっこない!なんもできない!だから日々を大切に!とか近い人を大切に!とかそんなことを伝えたいわけじゃないし、おまえに私が抱えてる何がわかるんだって言われたらわからないもん。なんもわからないっ



でも、今日の病院みたいに、テラスを作ってカフェ置いて、少しでもインテリアを綺麗に柔らかい色にして歩く道を心地良い場所にするくらいのことは努力すればできると思う。

だからボクは医者になりたいわけじゃないんだ。可愛い壁やカフェになって。ハッピーの方に行ける小さなオブジェのひとつになって。そうなれたら良いななんだ。で、ハッピーに行けたじゃなく、ハッピーな方に行きたいって思ってくれたらもうそれは最高でさ




で、ボクのオブジェが頭の中に残って部屋の片隅に飾ってたまに眺めてたまに殴ったりして、たまに抱きしめてくれたりはしないだろうけど抱きしめてよ本当にっ、なんなんすかっ。殴るだけかっ。大好き。



















ガンバレ。ガンバレ。
大切なのは諦めないことだと思う。
絶対に。


うっしゃっ!ハッピーの方に行くぞー

IMG_q0lz9d.jpg
ワシが天下のワタルームじゃっ(小さな村の)
ワォーーーーーン!!!!!!!!!!
柏進(ワタルーム) 





ピアノのある街。開幕まであと3日。今回の芝居はフリーエスの肥田強志がずっとボクと仲良くしてくれてたから前回出演してから10年ずっと繋がってられてさ。そんな肥田から連絡もらったとこから始まったんだ。理屈じゃなく大切にしたい繋がりとか、ボクのプロデュースを支えてきてくれた彼へ何かの恩返しになればとかそんないろんな気持ちから出演させていただいた作品でさ。



始まってみたら、演出野依君にはじまり主演の三上陽永君とか南翔太君とか永島雄三君とかヤバいくらい面白い奴らにたくさん会えて。若さってだけでそれだけで美しい初舞台の人達がたくさんいてオレの100倍男前で気持ちが良い女優陣がまたちゃきちゃきしててさ。で、筆ペン貸してくれたあの人が隣にいて…


なんだかクソ暑い夏のはじまりに思いがけない青春と出会わせてもらっちゃったよ。





1529679190030.jpg






明日は稽古場ラストだよ。
夏に会えた人達と思いっきり大人げなくいちゃつきながら全力で野依が書いた台詞をそこにあるただの会話にしてくるよ。










1531745723024.jpg
今夜はもうひと踏ん張り。移動!
柏進(ワタルーム)

↑このページのトップへ