月別アーカイブ / 2016年02月








おっす。日曜日です。
風邪などひかれてませんか。
ご飯モリモリ食べてますか。
笑ってますか。それが最高です。






これが何かわかりますか

image





数日前ボクのカバンの中から出て来たんです
謎な物体過ぎて正直一人でひきました
なんか怖いでしょこんな良くわからんやつがいきなりカバンから出て来たら
ドローン的なやつ誰かに入れられたのかなとか思って重見とかをまず疑いました

で、昨夜ウォークマン君を充電しよう思ったらなぜなこれしかないんです

image


あれ?って思った。だってこれにはコンセント付の相方がいたはずだしそれなきゃ充電できないじゃないかと
でも一瞬状況良くわからずこのコードを携帯のパワー充電器に繋いだりしたけど、?、それだとどこから充電がウォークマンに送りこまれるんだ?とか思って色々やってもうぐっちゃぐちゃになった


そしたらカバンの中からなんか銀色の小さな棒みたいなんが1つ出てきて…
あれ…もしかしたら…もしかすると…これって…
恐る恐るはめてみたら…

image


嘘ーっ、さっきの変な物体はこれが取れたやつだったのッ!?ってなって
しかも片方しかねーのかよってなって
一応差し込んだけど無理に決まってるわな

どこで取れたんだろ
カバン投げ置いた時に振動とかで取れたんかな
わからないけど、これはもうダメだから今日ヤマダ電機行って買って来た

image



そしたら出口んとこでスロットマシーンみたいな抽選会やってて、店員さん達が一所懸命日曜の買い物客に是非是非と盛り上げてたからやってあげた方が良いんだろう思い誰も並んでなかったらやったんすよ

そしたら、スイカ、スイカ、スイカ!って並んだんだよッ
キターーーッ!
遂に流れキターーーッ思ったら5等だった

image


これもらったよ。どうやら5等は残念賞的なやつみたい。でもその次にやった方はスロットが止まった瞬間店員さんが鐘鳴らしてすんげぇ皆さん盛り上がってた










そんな日。 
では、今夜は音楽がある場所に少しだけ行ってきます。ゆらゆらと

image






誤字脱字ない辺りでおやすみんさい。









一般発売開始して本気で待ってるやつはこれ!

舞台「大きな木の下で」〜あの頃俺らの毎日はウザいくらいアツかった〜



先行販売チケットサイト
↓↓↓↓↓
http://www.sep-planning.com/sep-hp/okinaki_ticket.html



【日時】

2016年3月16日(水)~3月21日(月・祝)

16日(水)19:00公演
17日(木)19:00公演
18日(金)19:00公演
19日(土)14:00公演
19日(土)18:00公演
20日(日)14:00公演
20日(日)18:00公演
21日(月・祝)14:00公演


【会場】
俳優座劇場(六本木)


【演出/脚本】
秦秀明(TEAM DD)/ニイボシアタル(TEAM DD)


【出演者】

宮城大樹・佃井皆美・早乙女じょうじ・宮下雄也・磯貝龍虎・青木空夢
石田佳蓮・足立英昭・齋藤教兵   
柏進 / 岡田達也 / なだぎ武 他


【チケット】
受付日時:~ 2月5日(金)18:00まで(抽選)
当選発表:2月7日(日)夜 (振込期日は~12日(金)まで)

5800円(全席指定・税込)











by柏進









おっす。柏進です。東京は雨の土曜日夜です。
昨日は文学座さんを観に行き若き才能集団のその恵まれた環境に少し自分なんて者を考えながら布団にくるまった。速攻寝落ちしたから文学的な夜に想ふみたいなんじゃなくただちょっとだけって感じ

ボクにとって芝居はいわば成人してからのもう一人の親みたいなもんで、芝居から笑顔になり芝居から叱咤され芝居に反抗期なって芝居からご飯を食べて
出会う芝居が違う環境だったら今も全然違ったのかなと思うとなんか不思議だ

こんなデキの悪い息子を育てたボクのもう一人の親はしょうもないけどなんだか魅力的でもある
そしてボクが唯一怒られない場所は舞台上にいる時なんだ!
だから舞台上はボクにとっての秘密の癒しの隠れ家でもある。そこにいる時だけは自由にやらかしても大丈夫だって言う秘密の隠れ家。
そこにひとり、ひとりと仲間を引き込んでパーティーをやるんだよ。そのパーティがちょっと面白かったりするから見せたくなるんだ

そんなのを黙って見守っててくれてるのがお芝居さんなんだろう。孝行しなくちゃなー。
アナタがいなかったらボクはいなかったのだから。でも最近少しまた反抗期ダヨ。アナタが何を提示してきてもボクは反発する。だってわからないのだもの。難しいのだもの。アナタより恋の方が楽しい時もあるのだよ。大人だもの。

だから土曜の夜位デートさせておくれ。















ギラっ
image


ワタルもうすぐ帰るから待ってて。
今夜は何する?飯は食うとして。
そのあとだよ。そのあと。
なんでもいいよ。本当にオレはなんでもいい。
でも出掛けなくても良くね?
オレはいつだってベッタリのまったり派だよ。









一般発売開始して本気で待ってるやつはこれ!

舞台「大きな木の下で」〜あの頃俺らの毎日はウザいくらいアツかった〜



先行販売チケットサイト
↓↓↓↓↓
http://www.sep-planning.com/sep-hp/okinaki_ticket.html



【日時】

2016年3月16日(水)~3月21日(月・祝)

16日(水)19:00公演
17日(木)19:00公演
18日(金)19:00公演
19日(土)14:00公演
19日(土)18:00公演
20日(日)14:00公演
20日(日)18:00公演
21日(月・祝)14:00公演


【会場】
俳優座劇場(六本木)


【演出/脚本】
秦秀明(TEAM DD)/ニイボシアタル(TEAM DD)


【出演者】

宮城大樹・佃井皆美・早乙女じょうじ・宮下雄也・磯貝龍虎・青木空夢
石田佳蓮・足立英昭・齋藤教兵   
柏進 / 岡田達也 / なだぎ武 他


【チケット】
受付日時:~ 2月5日(金)18:00まで(抽選)
当選発表:2月7日(日)夜 (振込期日は~12日(金)まで)

5800円(全席指定・税込)











by柏進







文学座研究生でありワタルームプロデュースでは演助や、もちろんボクの精神的支えになってくれてる西村知泰君の文学座付属演劇研究所55期生昼間部卒業公演を観に行かせて頂きました!


image



いつも彼がボクのプロデュースの感想を長文で、しかも素晴らしく品性のある文面をブログに書いてくれるのでボクも書きたいのですが、あんな文はボクには書けないから溢れる思いを抑えつつ端的に、いや端的にも書けない



なんて言うか今日ムシャクシャしたんだけど、観に行ったら直りました。
それが感想です。これ以上の言葉はない。
だって本当に気持ちが納まったのだから。
この場合のおさまるは納まるか修まるか収まる治まるかどれだっ、西村君教えて!





文学座の若き研究生の方々の芝居は骨太で真っ直ぐでわき目もふらずただ役を清潔に一所懸命演じられてました

ボクは芝居が仕事だと思ってるから楽しもうなんて気はさらさらなく楽しんでもらおうしか思わないけど。でも楽しんでもらう為には自分が楽しむと言うか生き生き演じることが結果見る側を一番ハッピーに

今夜見た芝居にはそれがあって。本も演出もそれはそれは素晴らしいです。そりゃそうです。文学座坂口芳貞氏が演出され、本公演同様宮本研氏が書かれた本なのだから。唸ります。
でも何よりキャストの方々が真っ直ぐぶつけるんです、相手に真っ直ぐ
全てのセリフがそうだった
本当にひとつも、ひとつも小手先な喋り口がなくただただ真っ直ぐ

清らかだったな。本当に美しかっなな。
ハンサムとべっぴんさんまみれ
そして全員の役の完成度の高さがハンパじゃなかった
あれ、本当にどうやったんだろ…
全員天才なのかな。でも全員天才なんてことないだろうからやっぱりキャスト一人一人の生半可じゃない努力と演出家の力量が宇宙レベルなんだとしか思わない
あとは劇団への愛と言うひとつの同じ向かう未来があるからなんだかとてつもない現象が起きるのだろう
そうじゃなく全員天才ならボクはもう芝居辞めて兼ねてからの夢であるパイロットかドトールの店長に転身します





由緒ある文学座アトリエの会場内では素敵な浴衣の方がハキハキとお出迎えしてくださり

重みある落ち着いた素敵な客席と素敵な空間
キャストの装いは足の先から頭の先まで19世紀後半の日本人を上品に再現し、情緒溢れる幕間の音と光と装置転換

そんなのに素晴らしい本がのっかってしかも全員見事に役をこなしてるみたいなのはもう参りましたしかない
綺麗な日本語も沢山出て来たし、内容も深い
なんて言うかボクはアホだから詳しく説明して間違ったら申し訳ないから書かないけど、本当にすげぇんだよ
マリカが携帯拾って走って届けたからうんちゃらとかそんなのとまるで違うんだわ!





西村知泰君。いい役だった
登場した瞬間いい役だなこれッて思ったんだよ
まだ何も喋ってないのに
なんか伝わったんだよ
なんつーか、役の色のオーラが溢れてるみたいな
で、やっぱりすげぇいい役やってんだよ
あんなに昔の日本人が似合う役者そうはいない気がするが、彼がそんな少し古風で奥ゆかしく清潔で誠実な男だから納得しかない
アイツ素敵だ
あの若さであれやれちゃう彼はいずれ大変なことになんぞあれ
もしボクがあの若さであれやれてたら大変なことになってたと思うもんな
でもやれてなかったから今大変なことになってません!
そんな話はどうでも良く、文学座さんとかにはやっぱり凄い逸材がちゃんと集まるんだな
だって西村君はワタルームじゃなくちゃんと文学座に進路を定めてるんですもの
ワタルームもハッピーだけは負けないようにしたいけどなー









あ、1000円ですよ、この公演
信じられない1000円です
土日まだ二日間あります
素晴らしいです。
そしてカーテンコール
あんなに涙出たカーテンコールはボク初めてです
素敵過ぎるの観れます
あのカーテンコールだけでももう一回千円出して見る価値ある!






そんなんで終演後は西村君と面会
image







オレ、少し調子に乗ってたわと謝ってきました!



そんなんで会場にいた重見君とも久々再会
これがまた嬉かった
凄いの見せられ過ぎて二人で肩を落とし愚痴り合いながら帰りましたが
でもここで今夜の奇跡は終わらなかった
信濃町からボクはワタルームに行くから中野方面へ乗りシゲと喋りながら中野着いたとこで気づいたのです
シゲ、なんで中野で降りるの!?って
そしたら重見君、信じられないことを言ってきた

「いや、少しでも柏さんと喋りたくて、本当は逆方面行く予定だったんですけどまた反対乗るんで大丈夫です!」って
ボクはもう、重見君と付き合おうかと思ったよ
この人ならワタシを幸せにしてくれるって…
それかこの人なんかボクを気分良くさせ最終的に騙そうとしてるのかなまで思った
それ位ありえないレベルなことですよこれは

結局改札まで送ってくれて重見君はま駅の雑踏の中へ消えて行きました







西村君、重見君、素敵な仲間を持つボクは幸せです。
そして、彼らの手本になろうなんてまるで思わないし思えんけど
彼らを手本に自分も一歩上へ行ければいいかなとは今思ってもいいっすよね









文学座さんにノックアウトされた今夜
でも落ち込みません
同じとこで勝負したら1000年経っても敵わないので、ボクがやれるところを追求します
で、今日ボクが感じたような気持ちをボクのお客様にも感じて頂けるよう頑張ろうと思うのです






















だからまた、マリカに携帯拾わせます。












たまには超夜分に失礼してみました
ホヤホヤな内に書きたかったので
では。おやすみんさい。







驚愕の文学座お芝居はこちら↓
チケットお買い上げの際は受付で西村扱いでとおっしゃればハッピーだな!


文学座附属演劇研究所55期昼間部 卒業発表会
『からゆきさん』
作:宮本研
演出:坂口芳貞

日程:
2016年2月
20日(土) 14:00 18:30
21日(日) 14:00
料金:1000円
場所:信濃町 文学座アトリエ

※要予約
ご予約・お問い合わせ:03-3351-7265(文学座)










一般発売開始して本気で待ってるやつはこれ!

舞台「大きな木の下で」〜あの頃俺らの毎日はウザいくらいアツかった〜



先行販売チケットサイト
↓↓↓↓↓
http://www.sep-planning.com/sep-hp/okinaki_ticket.html



【日時】

2016年3月16日(水)~3月21日(月・祝)

16日(水)19:00公演
17日(木)19:00公演
18日(金)19:00公演
19日(土)14:00公演
19日(土)18:00公演
20日(日)14:00公演
20日(日)18:00公演
21日(月・祝)14:00公演


【会場】
俳優座劇場(六本木)


【演出/脚本】
秦秀明(TEAM DD)/ニイボシアタル(TEAM DD)


【出演者】

宮城大樹・佃井皆美・早乙女じょうじ・宮下雄也・磯貝龍虎・青木空夢
石田佳蓮・足立英昭・齋藤教兵   
柏進 / 岡田達也 / なだぎ武 他


【チケット】
受付日時:~ 2月5日(金)18:00まで(抽選)
当選発表:2月7日(日)夜 (振込期日は~12日(金)まで)

5800円(全席指定・税込)








by柏進


↑このページのトップへ