昨日、名古屋市内のアダルトグッズのお店に、またまた一人で出かけていき、
女性内性器のトレーニンググッズを買ってきました。
DSC_1610_20190206113417174.jpg
ちょっとだけ、画像加工してますが…。

これを未加工の状態で、Facebookに投稿したところ、
「やらしいなー」とコメントされまして、
「恥ずかしい」とも言われました。

“本当にそうなのかな?”と私は思ったんです。

その人にはそうなのかもしれない、
けど、私はそうは思わない。

これ知らない人には、どういうものなのか分からんと思うし、
デリケートゾーンケアの視点からしても、
膣トレはお勧めするものですし、
膣トレって、イヤらしい事ではないんですよね。
これは、そのために使用する道具というだけ、私にとっては。

膣トレの目的は、人それぞれ違うでしょう。
パートナーとのまぐわいを、もっと楽しむためにするという人もいるだろうし、
子宮下垂防止を始めとする、自分自身の健康のためにするという人もいるだろうし。


こういった道具が、
アダルトグッズ店に置いてあるから、イヤらしいと思われてしまうのでしょうか。

これがもし、婦人科のお医者さんに尿漏れ予防のためにと勧められたとしたら、
どう捉えられるのでしょうか。


これと似たような話で、
最近はドラッグストアの一角に、
男性用のTENGAが置いてあったりしますが、
それも人によっては「イヤらしい」と思われるそうですね。


大人の性的行為やグッズ全般を「イヤらしい」と感じてしまう感覚や風潮が、
私はとても悲しく感じます。


私の思う性教育は、
「性=いやらしい」
の枠組みを壊す目的もあります。

まぐわいを楽しむための“いやらしい”という味付けは、あっても良いと思いますが、
その一部分を抜き出して、
それがあたかも全部のような解釈に、
「それ本当にそう?」
と疑ってみてもいいのではないでしょうか。

性の話題を、
明るく正しくアッケラカンと出来る人を増やすためにも、
大人の性共育って必要だなと思うのです。



LINE@『あさみん通信』やってます。
お友だち追加してくださると、
喜びます🎵😆⬇️⬇️
大人のための性共育インストラクター
加凜 あさ美 (あさみん)
性教育をまともに受けて来なかった大人世代の性知識をアップデートしていただくための発信をしています😺


先月25日、『デリケートゾーンケア アンバサダー』の養成講座を受けてきました。

女性の外性器やチツのお手入れに関してのアドバイスができて、
必要に応じて専門家(医師や助産師)に繋げる橋渡しもできるというものです。


アマナ性共育協会でも、
そのあたりの事は勉強してきていますが、
改めて別の方面からの見方も取り入れてみようと思ったんですね。

そこでも言われていたのですが、
男性器には愛称があるのに、
女性器には無いということ。
(ま◯こは放送禁止用語なんですって😣)

女性器は持ち主に見ることもされず、
誰でも使える愛称で呼ばれることもなく、
命を産み出す大切な場所なのに、
孤独に耐えてきていたのです。
まるで、日本の多くの女性の生き方そのものに感じませんか?(大げさ?😅)

アンバサダー講座では、女性器の愛称を「みほと」と呼んでました。
「ほと」は古い日本語でチツのこと。
「み」は美しいで、
美しい女性器=みほと  です。
うん、良いお名前❤️
世間で定着すると良いな🎵

と言うことで、
今月(2月)16日 土曜日14時~
我が『サロンかりん庵』で
デリケートゾーンケアのお話会をいたします。

2017年に刊行された「ちつのトリセツ」。
IMG_20170426_190756313.jpg
このブログでも紹介したことがありましたが、
女性器をしっかりケアすることで、女性本体の不調も改善されることがあるのです。

そもそも、人は一つの受精卵が細胞分裂を繰り返してこの体になっていることを考えたら、有り得ない話で片付けられる事ではありませんよね。

デリケートゾーンのケア。
本当は実際に見て触れて、お手入れするのが望ましいですが、
触れることに対して強い抵抗感がある方は、
関連する経絡やツボの刺激でも🆗とのこと。

「私、性欲強くないので」と言う方は、
ひょっとしたらデリケートゾーンに無関心な方が多いのかもしれませんね。

表面に見えるお顔のお手入れに熱心なように、
隠れてるもう一つの自分のお顔のお手入れにも熱心になりましょう。
これからの女性の当たり前の嗜みですよ🎵

お話会で、デリケートゾーンについてざっくばらんにお話ししましょう。☺️



LINE@『あさみん通信』やってます。
お友だち追加してくださると、
喜びます🎵😆⬇️⬇️
大人のための性共育インストラクター
加凜 あさ美 (あさみん)
性教育をまともに受けて来なかった大人世代の性知識をアップデートしていただくための発信をしています😺


一昨日から2月になりました。
そして、今日は節分、明日は立春ですよ。
光陰矢のごとし で時が過ぎてしまうのは、
ある意味ぼ~っと毎日をやり過ごしてるからなんですね。
気をつけなければ…😅

さて、、、
先日、ある俳優が派遣型マッサージ業の女性に、強制性交等を働いたとして逮捕されたという出来事がありました。

その新聞記事を読んでいた母が発した言葉に、すごくモヤッとしたんですね。

「そういう仕事しとって、訴えるのが間違ってる」

昨今よく言われている、強制性交等の被害者に対する二次被害を与える言葉です。


派遣型サービスは今は多種多様にあります。
ひょっとしたら、母は派遣型風俗の女性だと思っていたのかもしれません。
(とは言え、派遣型ヘルス嬢に本番強要したり、同意なく挿入するのは反則行為です。)

マッサージの仕事で派遣されてる女性に、性的なサービスを強要したり、
まして同意のない性交等を行おうとするのは、男性側の明らかな越権行為です。

“お金をもらっているのだし、
わざわざ呼ばれた先に行ってるのだから、
そういうことをされても仕方ない”
と捉えてる人って、
多分、母以外にもかなりの人数がいるのではないでしょうか?


男性と女性が部屋に一緒に居る
         +
体に触れるサービスを提供する
         ||
性的な接触があってもいい
    ではない‼️

と言うことを、もう一度認識していく必要があるなと思ったしだいです。



LINE@『あさみん通信』やってます。
お友だち追加してくださると、
喜びます🎵😆⬇️⬇️
大人のための性共育インストラクター
加凜 あさ美 (あさみん)
性教育をまともに受けて来なかった大人世代の性知識をアップデートしていただくための発信をしています😺

↑このページのトップへ