今日、やっとiPhone5をゲットしました。

でも、テザリングができない問題にはまってしまいました(T^T)

各人、障害が起きているようで、それぞれ対応しているみたいですが、今日のところはむつかしそうです。

残念…

行ってきました!

karafes

最高です!楽しかったです!

 

運営の素晴らしさが、どんどん尖ってきています。

 

大分NOASFMの地元貢献は、地元への何かしらの貢献、還元を考えている人間にとって、かなりたくさんのヒントが詰まっていると思います。

 

地域を盛り上げることで、情報や、文化や、人、財、の流動が行われます。

 

動きの中から、新しいヒントや行動が生まれることは言わずもがなですが、今の日本の地方をもっと盛り上げることで、もっともっと豊かな世界が実現できると思っています。

 

その中でNOASFMは、情報発信はもちろん、世界最大の唐揚げイベントを自ら運営し、それを各地へ伝播させていくことで地域ブランドを確立しています。

 

やすひさが日本唐揚協会会長という肩書抜きにして、いつまでもNOASさんとは仲良く良い関係で行けたらと素直に思いました。

 

からあげフェスティバルのレポートも、一応ですけど軽く書きました。よかったら読んでみてください。

 

からあげフェスティバルのレポートはコチラです


 

 

散々勿体つけてアレなんですが、やすひさの最終目標は世界平和ですので、おいしさは分かち合うべきだという結論に至りました。



ということで、食べたことのある方はご自宅でどうぞ。

食べたことのない人は、試しにどうぞ。

 

日本唐揚協会 会長特製 唐揚げレシピ


 

【材料】

  • 鶏肉

  • スタミナ源たれ([スタミナ源たれ 410g][スタミナ源たれ 1L][スタミナ源たれ1.8L] 最近ではスーパーでも売ってます)

  • 小麦粉

  • 片栗粉

  • (コーンスターチ)

  • 粗挽き黒こしょう

  • 油(キャノーラ油推奨 or 素油=鶏ガラ素揚げ油)



  1. [ボール] x1

  2. [バット] x1

  3. ([ザル] x1)


 

【準備】
普段は特に事前準備はいりません。
特にこだわって作る際にのみ、事前に素油(もとあぶら)を作ります。
素油は鶏ガラを低温(160℃以下)でじっくり揚げる。
焦げる前に上げて素油の完成。

  1. 鶏肉を適度な食べやすい大きさに切る (大きいとジューシー、小さいと食べやすい)

  2. ボールに源たれと鶏肉を入れる(鶏肉100gに対して源たれ10g。お肉だけを持ち上げてタレがこぼれない位の量でOK。多すぎると黒い焦げた唐揚げになるので注意、粗挽き黒こしょうをお好みで)

  3. よ~く揉み込み揉み込みまくる(疲れるまで)

  4. 30分以上24時間以内寝かせる(揉み込みで結構時間短縮可能)

  5. バットに粉を入れる(片栗粉:小麦粉:コーンスターチ=5:4:1。コーンスターチを使わない場合、7:3くらい)

  6. 肉に粉をつける(とにかく薄くつける事を意識する。ザルなどでふるい落とす。)

  7. 揚げる(180℃をなるべく保つ。ブラウン寄りのゴールドがベストカラー。途中でより空気に触れさせる為に持ち上げると、二度揚げ効果でカリッと感が増します)

  8. 完成!


かなり手順を細かくしたにも関わらず、8項目で完成です。

かなり簡単なです!

 

女子の皆様、今どきの男性は、唐揚げをおいしく作る女性には、だいたいやられます。

女子力アップの一環として、レパートリーの一つに入れてみてはいかがでしょうか?

 

ちなみに、これだけだとチョット大人には甘すぎるかもしれません。黒こしょうはかなり強めでも美味しいです。

 

↑このページのトップへ