フリーカラアゲ、フリードリンクで盛り揚がりましょう!

ご無沙汰しております。

やすひさてっぺい@日本唐揚協会 です。

寒い中、唐揚げの美味しさが身に染みる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

さてさて、表題でもお知らせしております通り、2013年の謝肉祭が開催されます。

続きはこちら

WordpressをPinterest風にかっこよくする為の試行錯誤を記載していく頁

Pinterest イメージ

まずは基本となるテンプレートの選定ですが、やすひさはこのサイトを参考にしてこのテンプレートに決定しました。

参考サイト1:Miyakawa Blog

Pinterest風へのそもそもの動機は、この前講演で講師としてご一緒した根本社長がPinterestをかなりカッコ良く活用していて、Apple社的な外枠のシンプルさと、コンテンツのカタログ化で個性が発揮できるこの表現方法は、素晴らしいと思っていました。

そんな最中、友人エビゾーの会社がPinterest風のオフィシャルサイトにリニューアルしていて「アリだな」と思っていました。

ただ、彼のサイトをiPadで見ると中途半端に2列になってしまい、(ここだけは微妙だなぁ)と思っていた矢先にドンピシャな提案が記載されていた上記参考サイトが飛び込んで来たので、迷わずこれで行くことに決めました。

というわけで、上記参考サイトを元にまずはテンプレートをダウンロードして反映させます。

参考サイト2:Shaken Grid (Lite) | Shaken and Stirred Web: Kick-ass WordPress Themes and Templates

ここでテンプレートをダウンロード。

外観>テーマ>テーマのインストール>アップロード

に移って、ダウンロードした.zipファイルのまま、指定してアップロードします。

テンプレートのインストールは、昔と違って相当楽チンになっています。

で、参考サイトの通り設定をしましたが、iPadでの表示は中途半端な二列のまま…

というわけで、調整が必要ということで全設定を公開します。

SGF-By-Yasuhisa.zip

表示部分で変更したところ一通りまとめて圧縮してあります。
FTPで上書きすれば、一気にいけます。

とは言え、心配だと思うので、バックアップはしてくださいね。

これで、とりあえずページ部分はOKです。

投稿の仕方でちょっと変えてあるのは、アイキャッチ画像がトップページにしか出ずに、記事内には表示されないという所でしょうか。
アイキャッチ画像を記事内でも表示させたい場合は、記事内にもう一度画像を貼る必要があります。
moreタグで、トップページに表示させる内容を区切ります。

これであなたのWordpressページもPinterest風に早変わり!

あけましておめでとうございます

やすひさ てっぺいです。

新年の挨拶、遅くなりまして申し訳ありません。

今年もよろしくお願い申し揚げます。

大変恐縮しておりますが、安久の初の著書『日本唐揚協会のつくりかた』というビジネス書が書店に並び始めまして、
何だか得体のしれない不安と、よくわからない期待と希望を感じている今日この頃、あなたはいかがお過ごしでしょうか。

やすひさは少し正月太りをした気がしてなりません。
でも、体重計には乗っていない状況でございます。

そんな状況下ではございますが、元気にやっていく2013にしたいと思います。

ということで、初の著書が書店に並び始め、予約段階ではAmazonビジネス書ランキング1位なんかも一瞬取ることが出来ましたし、
あなたに本当に恐悦至極ではございますが、元気にお祝いしてもらいたいと思ってメールを差し上げた次第でございます^^

日本には唐揚げに感謝をし、唐揚げを食べるお祭りがあるのですが、それが毎年2/9(ニク)の日に鶏行われます。
そのお祭りのトサカに「出版記念」を冠し、【出版記念 謝肉祭(しゃにくさい)】として、フリーカラアゲ、フリードリンクにて
一緒に盛り揚がり、お祝いしてもらいたいと思っています。

お忙しいとは思いますが、せっかくの機会ということで、お時間頂けやしないでしょうか。

唐揚界激震の重大発表もございます。

時間は18時から2時間程でございます。
場所は目黒の雅叙園です。

詳細は下記Webとなっております。

出版記念 謝肉祭(しゃにくさい)
⇒ http://www.reservestock.jp/events/10338/((proposal_code))

お時間の都合がつきましたら、ぜひよろしくお願い申し揚げます。

最後に、
雪が降ったり凍ったり、
寒い日が続きますが御身体ご自愛ください。

今年一年、あなたが素晴らしい日々を過ごせることをお祈り申しあげます。


↑このページのトップへ