物言えぬ小さな命…医療側の対応一つで消えてしまう命です。
それが例え受付であったとしても…

犬ならいいとか、猫ぐらい、そんな考えなら受付にでさえいないで欲しい。

ましてそれを、飼い主が悪いって言い方をするなんて…

許せません

その結果、ここで痛みと戦っている小さな命…

私は自分が痛い方がどんなに楽なんだろうと思い、胸が痛みます

どうか、命と向き合うお仕事の方…

どんな小さな命も全て尊いと肝に銘じてください。


今回は凄い経験をされたお客様のケースです。

 

幼少期に病気で体中に発疹が出たことがあるそうです。


その発疹は水脹れとなりなり痛々しかったそうで、病院で検査をしても原因不明だったそうです…


奇跡的に助かるも、退院後…交通事故で頭がい骨骨折の重体になり…


またまた、奇跡的に助かる…

 

そんな奇跡的な現象が去年と今年に又、起こってそうです。

2回とも交通事故。

 

ご本人には過失がない状況ばかり。

 

本題です…

 

他の相談でお越しになった今回のお客様ですが…

何やら背後に白く大きな方がいらっしゃる…

 

よく目を凝らして拝見すると…

「観音様」です。

 

運の良さは、この観音様のお陰ですね

 

皆様の全てに観音様が居るわけではありませんが…

背後で守ってくれている方は居ます

 

一番、身近に考えてい頂けるのはご先祖様…

 

祖父母や両親、先だったご兄弟の方も居ます。

 

そんな大切なご家族に会いに行ってみてはいかがですか?



↑このページのトップへ