「恨」の文化

 また、おなじみの市民団体のデモを見ていても攻撃対象を定めることによって主張と結束が強まっていくことを見ると、韓国では「痛みや悲しみを分かち合い相手を思いやる」という概念や理性よりも「傷口をえぐるかのような言動」や「意にそぐわないものは徹底的に攻撃する」ということによって世論が盛り上げられている。

 そして、こうした感情表現は教育においても見られ、矛盾を感じざるを得ないと言える。

 例えば、韓国では国際結婚家庭の増加にともない「様々な国を理解する」ということを目的に「多文化教育」が盛んに行われている。しかし、その反面で、日本を敵視した教育も平行するとは矛盾してると言える。

 いくら「相互理解」、「国際化」などと耳障りの良いことを言いながら「歴史問題」と称して特定の国である日本を標的に攻撃するかのようなことを教育を通じて平然と行うことは、子ども達に対する愛情すら感じられない。

 こうした韓国人の意識は時として「恨(ハン)の文化」とも呼ばれ、それは「恨みやつらみの感情の中に無念や悲哀、柵からの解放欲求、(恨の対象となる相手への)憧憬や妬みといった様々な感情を表す」とされている。

  被害妄想でもそれが出てくるからタチが悪い・・・。
  子孫達に誰かを恨むよう教育し続けてるのは韓国の子供達が生涯にわたって負の感情に支配され続ける事であり、精神衛生上よくない。
 韓国の子孫達が韓国の恨み、被害妄想という負のスパイラルの犠牲者になり続けている。
  日韓ハーフの子供達が
  韓国で日本人の血が混ざってるからといじめられ、教師にも韓国人の親にも『日本人の血が入ってるから』と我慢させられ助けてもらえないというケースも案外多く、反日教育をし続けるのならば
子供達のためにも日韓の結婚や交流など控えるべきである。

↑このページのトップへ