ー雨降りの朝で今日も会えないや、なんとなく

くるりの岸田さんは、僕の大好きな曲でもある「ばらの花」のなかでこう歌っています。
_var_mobile_Media_DCIM_169APPLE_IMG_9171.JPG

でも、顔ハメ看板ちゃんには雨の日でも会えます。

もちろん外に置いてある顔ハメ看板ちゃんは、それこそ会えないやなんですが、そんなときは室内に設置されている顔ハメ看板ちゃんに会いに行けばいいんです。

もちろん顔ハメ看板ちゃんを愛しすぎていると、こんな力技もやっちゃうこともあるのですが
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6691.JPG
雨の日というのは、そもそもいつも設置されているはずの場所に顔ハメ看板ちゃんがいない場合があります。

だからこそ、雨の日は天気の影響を受けない室内がおススメすぎるのです。
_var_mobile_Media_DCIM_169APPLE_IMG_9503.JPG
今個人的に猛プッシュしておきたい室内顔ハメ看板ちゃんは、3/25まで川崎市市民ミュージアムで開催しているみうらじゅんフェス内に設置されていたこちらの看板!

看板自体もすんばらしいのですが、会場内に展示されたみうらじゅん氏がこれまで収集したモノの数や生み出したモノの数に良い意味で圧倒されます。
そして、その「数」を魅せるだけのさすがの発表力によって結果的に一日中居ちゃいます。
この顔ハメ看板ちゃんは、そんなみうらじゅんフェスのサイコーの記念写真アイテムとなるはずです。

ちなみに都内だとココもおススメです。
_var_mobile_Media_DCIM_165APPLE_IMG_5104.JPG
JR上野駅中央改札口から徒歩めっちゃすぐのところにあるぐるなび情報ラウンジ。
ここはコンシェルジュさんお手製のハンディ顔ハメ看板ちゃんが10枚ほど設置されているという超顔ハメパラダイス!

ここで存分に顔をハメたあとはコンシェルジュさんに上野の美味しいお店を教えてもらって、まちに繰り出しましょう。
僕はもうここの場所が好きすぎて、顔ハメミステリーツアーvol.3でも参加者と訪れたくらい一方的に愛しています。

_var_mobile_Media_DCIM_165APPLE_IMG_5059.JPG
なかでも、このアメ横顔ハメ看板ちゃんは、顔ハメミステリーツアーのためにコンシェルジュさんが忙しいお時間の合間を縫って作ってくださったハートフルな一作!
皆さんもお立ち寄りの際はぜひ顔をハメて下さいましまし。

そんなわけで、僕が言いたいのはただひとつ。
安心な僕らは旅に出ようぜ。
ってことなんですね。

↑かなり面白い予定なのでぜひぜひ来てね。
参加者まだまだ募集中ですぞう。

ご存知でしょうか?

顔ハメ看板ちゃん好きの顔ハメ看板ちゃん好きによる顔ハメ看板ちゃん好きのためのイベントが3/11まで名古屋テレビ塔で開催されているのですよ。

僕も先月、FMやまとで生放送を終えてそのまま新幹線で名古屋にゴー。
その後、無事に顔ハメ展を大満喫してきました。

_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8650.JPG

行けば分かるさ。
もうそれはそれは最強の顔ハメパラダイス。
合計19枚もの顔ハメ看板ちゃんがコンニチハしていて、顔ハメ看板ちゃん好きの人はもちろん、顔ハメ看板ちゃんには特段興味がないぞコラ!という人も楽しめる展示会ですなぁと思った次第でございます。

きょうはそんな圧倒的に面白い顔ハメ展の超個人的な楽しみ方を勝手に紹介します。

おススメとしては、名古屋のあれやこれやを大満喫したあとに、名古屋の思い出のシメとして顔ハメ展に参戦するのが一番良いかと思います。
なんてったって顔ハメ看板とは、世界で最もステキな記念撮影アイテムですからね。
味噌カツ食べて、お城行って、まちに出たりして大豪遊したその「わーー!名古屋楽しいぞー!」的な高揚感を19枚の穴に注入したいところ。

_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8565.JPG
ちなみに僕は名古屋の東山動物園に行きました。ここでも顔をハメましたぞ!

そしてそして、19枚どれもこれもすんばらしい顔ハメ看板ちゃんばかりだったんですが中でも僕が特に気に入った顔ハメ看板ちゃんが3枚あるので発表します。
尚、タイトルは完全無欠の僕の想像です。

①ウェルカム・ジラフ

顔ハメ展に入ると早速立ちはだかっているのがこの看板。ウェルカム顔ハメ看板ちゃんとでも言いましょうか。
まずキリンの胴体部分に穴。それだけでも奇抜だというのに、穴に笑顔の男性が描かれており、さらにそれをめくって自らが顔をハメるという超変態スタイル!
どこから考えたらそうなるのか。独創性に満ち満ちた顔ハメ看板ちゃんすぎるし、よく見ると笑顔の成人男性が子供のような笑顔でこちらを見つめているのも不気味です。
でも、正直言います。会場に設置されている全19枚の顔ハメ看板ちゃんのなかで、この看板が個人的には一番好き!すんばらしい!!

②鼻になろう
_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8675.JPG

鼻の穴に顔をハメる。こんな体験は初めてです。どう頑張っても美しく撮ることができない。僕はこの顔ハメ看板ちゃんのそんな破滅的なスタイルを評価したいのです。
鼻の穴を忠実に再現したこの看板の穴はどこまでもいびつ。また、決して健康的ではなさそうな唇の色も良いアクセントを出していますな。いやぁ、すんばらしい!!


③進化を感じてイェイイェイイェイ
_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8631.JPG

まず、人類の進化をちょうど感じまくっていそうな3人目に穴をあけているところがポイントが高いですな。そりゃあ進化感じてますからカメラ向けられたらピースするよね!ってな感じです。
この何も屈折していない、変に意表をつこうとしていない、いろんな意味でいやらしくない、真っすぐで素直な感性を投影した顔ハメ看板ちゃんには大きな拍手です。
あと、すごくどうでもいいですが僕が縄文顔ってのもあるせいか、個人的なフィット感が抜群!!
作者に会ってみたい気持ちにさせるすんばらしい顔ハメ看板ちゃんでございました!!

そんなわけで、今3つだけ紹介しましたが選ぶのに難航しまくるくらい他の看板もすんばらしかったです。

_var_mobile_Media_DCIM_168APPLE_IMG_8655.JPG
T3Vのライター・ぐっちょんさんともお話させて頂きました。

ちなみにこらちにも僕が参戦した顔ハメ展の模様が書かれていらっしゃるので読んでみてくださいまし。
◎顔ハメ展
期間:2018.3.11(日)まで!
営業時間10-21時
場所:名古屋テレビ塔
金額:大人500円 小中学生300円
小学生未満無料

去年の末くらいから開催しているこの顔ハメ展。名古屋で遊びまくったあとに、シメとして訪れることを再度おススメしておきます。
顔ハメ看板ちゃんがたくさん設置されているという数の脅威をまずは感じて呑み込まれて下さい。
そして呑み込まれたなら今度はひとつひとつじっくり一周見て、自分の好きな顔ハメ看板ちゃんを見つけて下さい。

その一枚から顔をハメて下さい。
顔ハメ看板愛を感じまくって、名古屋のことがますます大好きになりました。

町全体で面白いことをしようとしている姿はやっぱりカッコよいですなぁ。
顔ハメ展が終わっても何度でも名古屋に行こうと心に誓う、僕なのでした。


3/10には顔ハメミステリーツアーやるよ!
ただ今参加者募集中!
こっちもぜひぜひ来てね!!!

たくさんの顔ハメ看板ちゃんに顔をハメるのも楽しいけれど、1枚の顔ハメ看板ちゃんに時間をかけてゆっくりを顔をハメる。
これもまた風流なりってなもんです。

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6886.JPG
駒沢大学駅を最寄りとするBLUE LUG上馬。
自転車や、自転車に関するアイテムが多く取り揃えてあるお店です。

このシャレオツ且つ、このお店自体にも興味を持たせてくれるような顔ハメ看板ちゃんのフォルム。もう、たまんないです。
さっそく後ろに回り込んで、まずは状態をチェックします。
_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6896.JPG

しゃがみ込んだりもして、いろんな角度から顔ハメ看板ちゃんをチェックします。

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6904.JPG

顔をハメる前にどうやってハメようか、どんな気持ちでハメようか。イメージトレーニングも欠かせません。

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6897.JPG

一旦顔をハメて、フィット感も確かめましょう。

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6898.JPG

そしていよいよ顔ハメフォトを撮っていきます。
1枚だけではなく、何枚も、何枚も撮ります。

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6900.JPG
僕は顔ハメ看板ちゃんのことを、世界で最もステキな記念写真アイテムだと思っています。
なので、その場所の楽しさや、興奮をいかにそのまま顔面に投影するかを大切にしています。

顔ハメフォトを撮り終えたら、今度はセルフィーでも撮影します。

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6911.JPG

すべての行程を終えると、ちょっとだけ寂しい気持ちになってしまいました。
出逢いの数だけ、別れは訪れます。
けれど何度経験しても別れというものに「慣れ」はありません。

_var_mobile_Media_DCIM_146APPLE_IMG_6906.JPG

同行者には申し訳ないですが、ここは2人だけの時間にしてもらいました。
後ろから顔をハメた僕。今度は向かい合わせで惜別の時を味わいます。

でも、それでも、どうしても抑えられないときはあるもので。
dUQ7QVuvHo.jpg

そんなときは切ないくらいに顔ハメ看板ちゃんをうしろから。痛いくらいに抱きしめて。

こうして別れを告げ、お店を後にした僕。
もちろんその場所を楽しむことが一番なので、顔をハメる前にその場所を満喫してほしいというのが僕の願いではあります。

1枚にはいろんなストーリーがあります。
だからこそ大切に、楽しく顔をハメて、思い出にしていきたいわけですね。


そんな顔ハメ兄さん、3/10に顔ハメイベントやるよ!

おかげさまでバシバシ参戦者が集まってきてます。まだまだ募集中なので、希望者は上の記事を読んで僕まで連絡カモンベイべです。

↑顔ハメフォトは基本こちらに!フォローしてね!

あの日以降も何度かお店に行ってます。
一回顔をハメただけではもったいないですし、何よりお店自体も好きなので足を運びます。

顔ハメ看板巡りが趣味となると、自然と好きなスポットのバリエーションも増えるのでそういったところも魅力のひとつですなぁ。




↑このページのトップへ