まずは一昨日(16日の月曜日)の航海当直中にクランク室のオイルを抜取りクランク室の掃除をして新油(フェアコールA100)を張込み
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8550.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8551.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8552.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8553.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8554.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8555.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8556.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8557.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8558.HEIC
クランク室側蓋を復旧して油圧が上がるかテストするついでにアンロード弁出口のDrainパイプを外し指をあてて残圧がちゃんと抜けてるか確認
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8559.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8561.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8562.HEIC

4ヶ月に1回毎に来る低高圧吸吐出弁の開放点検整備は比較的バラし易い場所に設置している№2空気圧縮機を常用機にし整備する事に決めていたので就航から4ヶ月過ぎた本日(18日)の航海当直に実施。
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8651.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8650.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8648.HEIC
2I1z1_CqAf.heic
j1LA3zAIOc.heic
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8656.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8657.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8659.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8660.HEIC
高圧側の吸吐出弁を見てみると吸入弁はオイルが附着した様なベトベトな状態
( ̄□ ̄;)!!
吐出弁はオイルが炭化して硬質なカーボンが附着した様な状態で今まで経験した事が無いような状況
工工工エエエエエエェェェェェェ(゚Д゚)ェェェェェェエエエエエエ工工工

lc8s0iTbNK.heic
9tZuN5suPI.heic
dJ4PE2urip.heic
_var_mobile_Media_DCIM_178APPLE_IMG_8668.HEIC
こりゃ低圧側のシリンダーからオイルUPしよるな⁉︎と考えてみるも新造船なんでシリンダーの異常摩耗は考えられずリングの組み付けミスか?リングの面圧不足か?と疑ってみるも当直中にピストン抜きまではしたくないんで吸吐出弁を綺麗に掃除して経過観察でえぇんやないかと1人で納得して復旧