月別アーカイブ / 2020年04月

某製鉄所のオペレーターさん仕事が無いんで、俺様(オペレーター)が生き残る為お前ら(チャーター船)は順番に3カ月間船を繋げとお達しがあり本船が第1回目に指名されて船を繋ぐ事になり、また連休明けには後任の機関長と交代と言うこともあって来月(5月)に整備予定の項目を繋船岸壁があく5月4日までにする事に。

で今日は主機1・2・3番のFIV(燃料噴射弁)を交換
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4035.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4036.HEIC
抜き出しする1・2・3番Cyl
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4049.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4050.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4040.HEIC
抜き出した1・2・3番FIV(燃料噴射弁)
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4051.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4052.JPG
ノズル取付け座面を摺り合わせ
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4044.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4045.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4043.HEIC
摺り合わせ後綺麗に掃除
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4039.HEIC
新たに取付けるFIV(燃料噴射弁)
_var_mobile_Media_DCIM_174APPLE_IMG_4048.JPG
各部のPartsを取付けて本日の作業は終了

ステべへ何度もホールドの前後左右にはホールドビルジウェルの上蓋があり骨(補強材)が入って無いんで上から勢いよくバケットを落としたら曲がるから注意しろって言うてもニワトリ並みの知能なんか⁈直ぐに忘れて勢いよく落としやがるんでホールドビルジウェルの上蓋が曲がり隙間から積荷の貨物がビルジウェルへ流入して掃除が大変なんで注文していた鋼材も手に入ったので作製して交換することに!
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3945.HEIC
ホールド内中央付近より船尾方向
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3932.HEIC
バケットを勢いよく落とされ曲がった上蓋
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3933.HEIC
隙間から貨物が流入して大変なんで
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3936.HEIC
取付けボルトを外して上蓋を取り外し
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3937.HEIC
貨物の残渣があるけど固まっているんで取り除くのが面倒やから見なかった事に
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3934.HEIC
注文していた板厚5㎜×50㎝四方の鋼板
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3935.HEIC
寸法を測りマーキングして
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3947.JPG
ガスにて切断
gkneQvxoRU.jpg
仮合わせして
5EA3hDfu0_.jpg
ピッタリ合う様に砥石で削って
E9fuhjjp6U.jpg
ピッタリと合う様になったんで
fX48D9HOly.jpg
此方側の上蓋は開ける事が無いのでボルト留めではなく溶接タップ付けで固定することに
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3944.HEIC
タップ付けが済んで作業箇所周辺を掃き掃除して作業終了

ローサルCを使用しだしてから
CFO移送ポンプストレーナとFO清浄機供給ポンプストレーナの詰まり(汚れ)が酷かったんだけど近頃は主機FO2次エレメントの詰まり(汚れ)も酷い時があり!でも主機FO1次及びFO流量計ストレーナの詰まりは無し⁈
ローサルCの流路はCFOストレージTk⇨CFO移送ポンプストレーナ⇨CFO移送ポンプ⇨CFOセットリングTk⇨FO清浄機供給ポンプストレーナ⇨FO清浄機⇨CFOサービスTk⇨主機FO1次ストレーナ⇨主機FO流量計ストレーナ⇨FO供給ポンプ⇨主機前ヒーター⇨主機FO2次エレメント⇨主機となっており流路の上流側が汚れ(詰まる)なら判るけど上流側のストレーナは詰まり無し!
そこで主機前ヒーター内にスラッジが蓄積されているのでは?と考え開放点検してみる事に。

_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3674.HEIC
主機FO2次エレメントの汚れ
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
いつエンジンが止まってもおかしくない状態
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3778.HEIC
主機前FOヒーターを開放する前にヒーター内の残油を抜こうとするもドレン抜きバルブが詰まって抜けないんでDrain抜きバルブを先に取り外して掃除
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3813.HEIC
残油を落としてシーズヒーターを抜き出し
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3814.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3815.HEIC
残油を落す時にスラッジも抜けているはずなんやけど、まだこれだけのスラッジが蓄積
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3816.HEIC
iurtvqHkgt.jpg
シーズヒーターにもスラッジが附着してるんでエンジンクリーナーで灯油を吹かして洗浄
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3819.HEIC
シーズヒーター洗浄後
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3821.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3820.HEIC
ヒーター内部掃除後
_var_mobile_Media_DCIM_173APPLE_IMG_3822.HEIC
各部復旧して通油

ローサルCを使用しだしてからスラッジの発生が多くなったんでユ○シ○ルのメーカーが商品化している高価なスラッジ分散剤をCFOストレージTkへ投入しているんだけど殆ど効き目無し!
主機FO2次エレメントが詰まらない様に毎航海の当直時に主機前FOヒーターのドレン抜きをして様子をみるしかないのかな⁈

↑このページのトップへ