月別アーカイブ / 2020年03月

船尾ウインチ両端ドラムのクラッチバーとクラッチバー取付け台座にかなりの隙間ができクラッチの溝からクラッチバーの突起部が外れる事があるので休暇明け乗船後の本日久しぶりに時間が出来たのでクラッチバーが外れない様に修繕する事に
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2682.HEIC
左舷側ウインチドラム
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2684.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2683.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2868.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2869.HEIC
クラッチの溝とクラッチバー突起部の状況
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2870.HEIC
クラッチバーを取り外し
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2871.HEIC
ペンキと錆を落として
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2873.HEIC
クラッチバーの作動範囲を溶接肉盛り
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2880.HEIC
錆び止めペン塗布して
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2874.HEIC
クラッチバーを取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2875.HEIC
クラッチの溝とクラッチバーの突起部の嵌り具合を確認⇨隙間が無くなりOK

_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2877.HEIC
右舷側のウインチドラムも同じ様に
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2876.HEIC
クラッチバーを取り外しして台座を溶接肉盛り
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2881.HEIC
錆び止めペン塗布して
_var_mobile_Media_DCIM_172APPLE_IMG_2878.HEIC
クラッチバーを取り付けクラッチの溝とクラッチバーの突起部の嵌り具合を確認⇨右舷側もOK

↑このページのトップへ