月別アーカイブ / 2019年02月

頼んでいた配管材料が入ってたんで海水サービスポンプ出口〜集合管入口のラインを作製開始
PDg8d2Al0B.jpg
航海中にある程度、長さを測ってエルボを溶接
Hi2zvTbvRc.jpg
で停泊中に腐蝕漏水しているパイプを取り外し
_var_mobile_Media_DCIM_162APPLE_IMG_2616.HEIC
型取り
BT2zW0fJaE.jpg
古いパイプを外して
5kuSX4NqRT.jpg
新しく作るパイプを合わせタップ付け
rLogpJZDj9.jpg
型取りが出来たんで後は航海中に溶接して作製(でも今日は時化て気分が悪いんで凪ぐまで放置)

で古いパイプは腐蝕している処を肉盛り溶接して新しいパイプが出来るまで取付け

ワィの交代で乗ってる機関長の身内が急逝したとの連絡があり急遽坂出まで出頭して本日入獄なんで慌ててチケットの手配
_var_mobile_Media_DCIM_162APPLE_IMG_2424.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_162APPLE_IMG_2435.JPG


(ニュースより抜粋)
県漁協七ヶ浜支所を訪れたのは兵庫県の船会社「井本商運」の役員と担当者です。
この問題は、先月20日、仙台港に停泊していた井本商運の貨物船「なとり」から重油約1500リットルが漏れ出し、沖合で養殖していたノリや養殖いかだに付着したものです。
4日は井本商運の関係者が、事故後初めて、県や漁協の担当者と、これまでの調査結果や今後の対策を話し合いました。
この中で、
井本商運は流出に気付くのが遅れた理由について、「重油が漏れ出た際に鳴る警報が鳴らなかった」と説明しました。
j2K7pGsLgg.jpg
流出した油種・液面計警報の種類にもよるけど、CFOなら作動部が固着したまま全く気付かなかったんやろなぁ!
やっぱり警報の効力テストは定期的に実施するべきやねぇ!

↑このページのトップへ