月別アーカイブ / 2018年07月

№2,G/Eng LOクーラーのLO連結管Oリングよりの漏油量が多くドックまで後1年弱無視して運航するのもオイルが漏れて汚いので部品を発注してたんだけど中々送って来ず昨日やっと入手出来たんで今日は水切りの荷役中に早速バラしてOリングを交換する事に
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6102.JPG
LOクーラパーツリスト
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6100.JPG
№2,G/Eng LOクーラ
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6099.JPG
赤丸の箇所が連結管Oリング部
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6114.HEIC
過給機LOライン圧力計ラインを取り外しLOクーラ蓋を開放
NU5NkvGo9i.jpg
取り外したLOクーラ蓋
wl4MRyXtOU.jpg
問題のLOクーラ連結管Oリングは硬化しOリング溝とOリングの面が面一になっておりました
ldfDl_728k.jpg
今回の開放で使用するPk及びOリング類
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6123.HEIC
LOクーラー蓋のコア接触面のOリングも不良なので取り外し
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6124.HEIC
Oリング取り外し
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6125.HEIC
連結管の溝にスリーボンドを塗布してOリング取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6126.HEIC
コア接触面のOリング取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6129.HEIC
スリーボンドを塗布してLOクーラ蓋Pkを取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6130.HEIC
復旧TestRun

作業時間08:00〜10:50(約2時間50分)

1/Eに過給機LOラインの戻りパイプを取り付けさせたら上下逆に取り付け様としてフランジと合わず首を傾げて悩んで
(゚o゚;;時間ばかり掛かかるんで最初から最後まで全てワィがやりました⤵︎

CFOセットリングTk加熱器の温調が効かなくなり設定温度を超えてまで温め様とするんでオーバーサーモが効いて高温警報が頻繁に鳴り響き喧しんで停泊中は停止して航海中のみ温水ヒーティングで加熱し運航しとりましたが、発注から約2カ月かかって温調器が届いたんで早速交換作業を
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6087.HEIC
(右)CFOセットリングTk
(左)CFOサービスTk
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6088.HEIC
UuooOE8osB.jpg
CFOセットリングTk加熱器
7pFcFCudJ4.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6091.HEIC
効かなくなった温調器を摘出して
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6086.HEIC
新入りの温調器さん
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6093.HEIC
新入りの温調器さんに配線の端子をセットして
hQfD6B3Jq3.jpg
取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6095.HEIC
摘出した温調器くんの感音筒からコントローラまでのラインを点検するもガスが漏れてる様な箇所は無く⁈コントローラ内部の不良かな⁈

_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5988.HEIC
給水盤を塩酸から引き上げて
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5989.HEIC
PkとOリングを取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5990.HEIC
復旧
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5992.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5993.HEIC
給水盤を取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5994.HEIC
回転体ブッシュ
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5995.HEIC
回転体ブッシュに光明丹を塗って
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5996.HEIC
回転体ブッシュを軸に取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_155APPLE_IMG_5997.HEIC
ブッシュを取外しあたりを確認
L6EJYHF9es.jpg
ギヤ室を掃除して
N5wN7g_Qvt.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6003.HEIC
オイルをチャージ
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6004.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6005.HEIC
水抜きノズルを取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6006.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6007.HEIC
回転体胴ブッシュ面に光明丹を塗っといて
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6008.HEIC
パイロットバルブ洗浄掃除
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6009.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6010.HEIC
Oリング取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6011.HEIC
パイロットバルブにたっぷりとオイルを塗布して
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6012.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6013.HEIC
回転体胴へ挿入
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6014.HEIC
Oリングへオイルを塗布して
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6016.HEIC
弁Oリングにもオイルを塗布し
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6017.HEIC
回転体胴へ弁を取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6021.HEIC
洗浄した分離板を回転体胴へ取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6022.HEIC
水取り板を取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6018.HEIC
回転体蓋Oリングへオイルを塗布して
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6019.HEIC
回転体ナットのネジ山へ焼き付き防止剤を塗布
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6023.HEIC
回転体蓋を取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6024.HEIC
分離板圧縮治具を締め付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6025.HEIC
回転体ナットを締め付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6026.HEIC
回転体ナット・回転体胴・回転体蓋の合いマークを確認
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6027.HEIC
回転体をフレームへ取り付け
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6028.HEIC
回転体を吊り上げて回転体胴とブッシュのあたりを確認
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6029.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6030.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6031.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6032.HEIC
軽重液インペラ等を取り付け復旧
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6034.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_156APPLE_IMG_6035.HEIC
作動水電磁弁SV1閉弁SV2開弁を手動で操作して回転体弁Pkを水圧で確実に取り付け後片付けして作業終了
復旧後にTestRunをしようと思うも油温が31.5℃と低いので後日TestRun予定
(機関入口油温が38℃以下では異常流出するので)

作業時間08:30〜10:40(約2時間10分)

↑このページのトップへ