東京と大阪で開催したソロライブに足を運んでくださったみなさん、本当にありがとうございました。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9104.HEIC
ycg1bLkSfJ.jpg
来てくださったお客さんからネガティブな声は届いておらず、それなりに楽しんでいただけたのはよかったです。

ただ、このままふり返らずに"やっただけ"になるのは嫌なので、感じたことを記録しておこうと思う。


☆オリジナル曲を増やそう
今回歌った曲の中で、3/10はカバーだったんだけど、ソロライブにしては他人の楽曲を歌いすぎかなと。
ぼくは、歌うことで「自分の想い」を伝えていきたいと考えているから、本来カバーをする必要はなくて。
オリジナルの楽曲数が足りないという理由で、数合わせのためにカバー曲をセトリに入れてしまうようなことは、今後絶対にしないでおこう。
そのためにどんどんオリジナルをつくっていく。

☆セトリ上でカバー曲をまとめよう
「自分のルーツを知ってもらう」という目的をもってカバーするなら、それはそれでいいと思う。
オリジナルの楽曲数が少ないなら、スパッとそう切り替えればよかった。
東京のライブでは、詞の内容に合わせてセトリを考えたので、オリジナルを歌ったりカバーしたりとあっちゃこっちゃ。
それだと「何を伝えたいのか」がわかりづらくなってしまう。
だから大阪では「カバーの時間」をつくった。
そうすることで、全体の流れがスムーズになって、よりお客さんに優しいライブをつくれたんじゃないかな。

☆サポートメンバーに的確な演奏指示を出せるようになろう
楽曲ごとに「どのように演奏してほしいか」を明確に伝えられないと、自分の想いと演奏がうまく交わらない。
まだまだ経験値が低く、ギターを触りはじめた程度でろくに楽器も弾けないので、そもそも演奏にこだわりをもてなかった。
基本任せっきり。情けないよね。
ギターの練習を継続しつつ、もっと色んな音楽を聴いて、「◯◯(曲名)っぽく演奏してください」と言えるようになるだけで全然違う。
普段楽曲をつくっている段階から、ライブでの演奏イメージを膨らませてみたり、もっと視野を広げて音楽に向き合う必要があると痛感させられた2日間だった。

☆演奏を止める勇気をもとう
「本番はリハーサル通りにいくことの方が少ない」と身に染みて感じた。
その場の雰囲気とかノリもあるし、別に違ってもいいんだろうけど、もっと臨機応変に対応できるようになる必要がある。
例えば曲がはじまった段階で、あまりにもテンポが違ってそこに違和感をもつならば、遮ってやり直しちゃうのもアリだったなと反省。

☆ライブのコンセプト(全体像)を大切にしよう
MCになると、ついつい野球取材の旅の話をしてしまうんだけど、これってライブに来てくれているお客さんからすると、どうでもいい話だなと。
当然ライブのコンセプト次第で中身は変わるけど、少なくとも今回は、純粋に音楽を聴きにきていただいて、歌を通して元気をもって帰ってもらうことが目的だったから、ペケポン。
ライブのコンセプトを全然意識できていなかった。
ただ好きなことを話すだけじゃダメなんよね。


ふり返ればふり返るほど低レベルな現状に嫌気がさすけど、誰もが通る道。
ぼくは信念はあるけどプライドはまるっきしないので、自分のダメな部分もどんどんさらけ出していこうと思う。
同じアーティストの方に読んでいただいて、何か一つでも気づきにしていただけたら嬉しい。

先にソロライブの開催を宣言してしまって、強引に進めたこともあり、楽曲をつくったりサポートメンバーを集めたりと開催直前まですごいバタバタしてしまった。
それでも、やると決めたことをやりきれた事実だけは評価してあげて、また次に向かってがんばろうと思う。

下半期はCD制作を中心に動くことになるけど、応援してくださっている方にありがとうの気持ちを絶えずもって、一つでもたくさん「できなかったことができるようになる経験」を積み重ねていく。

やるっきゃない!ワクワク!

目の前のことにいっぱいいっぱいになってしまうと、すーぐおろそかになってしまう「感謝のきもちくん」。
JKKIV5vp7n.jpg
日頃から応援してくださっているみなさま、いつもありがとうございます。
ブログを読んでくださっているあなたにも、ありがとう。


歌をやっていると、CDを手にとっていただいたり、ライブ会場に足を運んでいただいたりすることに、大きな喜びを感じます。

これはわかりやすいですよね。
自分の制作物やパフォーマンスへの対価を受け取ることができるので。


それに加えて、「時間を使ってくれる優しさ」を見過ごしちゃいけないなって思うんです。


SHOWROOMの動画配信は、誰でも無料で視聴できます。
そこにお金は発生しないけど、確実に時間は過ぎゆくわけです。

ぼくの配信を楽しんでくださる方は、お金に変えられない貴重な時間(寿命)を割いて、歌を聴いてくれています。
いつも本当にありがとう。

この事実、絶対に忘れちゃいけない。
毎日聴いてくださるリスナーさんのおかげで、1年以上も配信を続けてこれました。
たくさんの支えがあって、CDをリリースできたりTV番組に出演できたり、いろんな経験を積むことができています。


なにも、SHOWROOMの配信だけじゃない。
活動のアドバイスをくれる方、SNS上でぼくのことを宣伝してくれる方、みなさん一人ひとりの優しさが大きな力になっています。


人様に時間を使ってもらえるということは、とても幸せなことです。
ぼくのことを1秒でも考えてくださる方がいれば、ありがとうと伝えたい。

どんな時でも、こういう心持ちでいる。
チャンスを掴みきる人間であり続けるために、必要なこと。


もちろん、作品にお金を払っていただけることも励みになります。
だけど、あまりお金にとらわれない方がイイ。


ぼくは、ただただ時間を使ってくださる方々もめいっぱい大切にして、キチンと感謝のきもちを伝えていきます。

ひとりでできることは限られている。
周囲の方々の助けがないと、一切ステップアップできません。
本当に本当にありがとうございます。


しっかり初心に立ち返って、大阪のソロライブを迎える!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9069.HEIC今週日曜日は、いよいよ生まれ故郷の大阪でソロライブです。

てことで、リハーサルしてきました。

ギター1本のアコースティックライブ。
サポートは、普段から楽曲制作でお世話になっている、ギタリストの堀次一輝(@kz_guitarist)くんにお願いしています。

語るように弾くかずきくんのアコースティックサウンドに乗せて、一生懸命歌うので、ぜひぜひ遊びにきてください!

トラックでは聴けない音、会場でしか味わえない雰囲気を楽しんでほしい!!

_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8532.JPG
チケットのお取り置きはtwitterにてお受付しています。


▽BAR JEAN(阪神九条駅)までの行き方

ffEHRg_ujH.jpg
6/9(土)の東京ソロライブにお越しくださったみなさん、本当にありがとうございました!

ふり返りは、今週末の大阪ソロライブが終わってからにします。
w8b2zb3ymt.jpg

↑このページのトップへ