こんばんは!青春高校3年C組のカンウサンです。最近は、季節の変わり目ということで気温の変化が激しいですね。そろそろ長袖を着ようと思ったら暑くなるし、半袖を着た日だけは寒くなったりなかなか気まぐれな毎日です。そのせいか、青春高校でも風邪が流行っています。楽屋でマスクをつけた生徒が増えましたし、鼻をかむ音が止まらないです。特に、女子アイドル部は体調を崩した子が結構多くて、公演やイベントに参加できなかったりしたのでとても心配です。またインフルエンザが流行っているらしいので皆さんも気をつけてください。


インフルエンザというと、今年の1月に全国的にインフルエンザが流行って毎日のようにニュースに出ましたよね。僕も去年の12月にインフルエンザにかかって、夜に汗まみれになって寝れなかった記憶があります。熱があるのに寒いという不思議な体験をしてとても辛かったです。でも、家に引きこもって1週間休んだら治りました。


しかし、2週間後のある朝に起きたら、耳が痛くて舌の感覚がなくなりました。うがいをしようとしたら口の中の水が流れ出ました。右の顔が全く動かなくなりました。病院で聞いた病名は「顔面神経麻痺」でした。


残っていたインフルエンザのウィルスが神経を攻撃して発症したという顔面神経麻痺」は3ヶ月、4ヶ月が経っても治らないでした。毎日病院に行っても変わりがない。他の人は治る病気なのになんで俺は治らないんだろ。学校にも行かず、毎日イライラするだけでした。一生笑えないと思ったら悔しくて、でもため息をつく親を見て申し訳なくて、怒りをただ一人で飲み込みました。この病気の特徴は、物理的痛みはないけど自信をなくしてしゃがませるところです。人の心をむしばむとても憂鬱な病気です。



IMG_20190531_185447.jpg

青春高校に出る僕を一回でも見たことがある方ならどこか違和感を感じたことがあると思います。僕は笑うときに片手の口元だけ上がリます。正直青春高校のオーディションに応募したときも「こんな顔をした人を表に出せるわけ無いだろ」と思いました。僕の予想通り、オーディションウィークの初日に、「顔が崩れている」と言われました。それをなんとか隠そうと思ってその後は笑わないようにしました。そしたら、「怖い、気持ち悪い」とか言われましたよね。やっぱ僕は番組には向いてないと思いました。青春高校の入学が決まったときに笑うも泣くもせず、下を向いたのは複雑な気持ちだったからです。


IMG_20190531_183810.jpg

僕の病気はまだ治っていないです。一生治らないかも知れないと思ったら今でも怖くて不安です。でも、ファンの人に「笑うときのカンくんかわいい」と言われたときはとても嬉しくて思わず泣いてしまいました。僕の弱みを愛してくれる優しい人もいる。世の中は決して敵ばかりじゃないと思いました。僕は誰しも一つの欠点を持っていると思います。僕の場合はそれが表に出るだけだと。そして、見るによっては僕が自ら欠点だと思ったことが欠点ではないかも知れないいうことが分かりました。これからも頑張ります。でも、みなさんはインフルエンザにかからないようにしてくださいね