大屋夏南 公式ブログ

1987 年11 月10 日生まれ。ブラジル出身。17 歳でモデルデビュー、 20歳の時にパリ・コレクションへ出演。 その後、海外経験を活かし数々の人気雑誌やファッションイベントに出演。現在は、otonaMUSE、Ginaのレギュラーモデルとして活躍の他、自身のパーソナルなライフスタイルや旅の経験をInstagram、YouTubeなどのソーシャルメディアにて発信。また、3冊目のスタイルブック「purple」を出版するなど様々な分野で活躍中。


気付いたらもう1ヶ月も経ってしまいました!!!!


Netflixフライデーです。



_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4778.PNG

いやあ、びっくり。

1ヶ月ってあっという間に経つのね。


今日はアメリカでも話題になっているあのリアリティーショーを紹介。


見始めたときはかなーり軽い気持ちで、ミラノに行くパッキングをしながら流し見できるものをと思ってつけました。


日本だと代表的なのはテラハかバチェラーくらいだけど、アメリカじゃあリアリティショーじゃない番組の方が少ないんじゃないかっていうほどで、またいつもの感じかなと思っていたらこれが一味違った😳


「一緒に住んで恋に落ちる」みたいのはもう定番中の定番だけど、今回のは相手の姿形を見ずにデートを重ねるというもの。


なんじゃそら?と思うかもしれないけど、ポッドと呼ばれるものに互いに入って、厚いすりガラスみたいなもので隔たれているから相手が見えない。


この状態で「話すだけ」のデートをみながそれぞれと重ね、その中から運命の相手を見つけたらプロポーズし、承諾してもらったら、すなわち婚約してから初めて相手の顔が見れるというもの。


そしてこの相手と4週間後に結婚するというのだから驚き。

さすがリアリティーショーの本場アメリカw


ここまでくればもうみんなわかると思うけど、その番組は「ラブ・イズ・ブラインド~外見なんて関係ない?!」です。



ラブ・イズ・ブラインド ~外見なんて関係ない?!~ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
ニック・ラシェイと妻のヴァネッサが進行役を務める恋愛実験。互いの顔を知らずに恋に落ち婚約までしたカップルは、初対面を果たした後も変わらぬ愛を貫けるのか。
www.netflix.com

そんなことってあるのかな?と思いながら見てたけど、話すだけのデートを重ねてみんな特別な絆が生まれていくのです。


まあでも、そうだよね、みんなそれぞれ悩みや葛藤を抱えていて、それを自分の見た目や相手の評価を気にしないで話せるような空間があれば、気を許してシェアしてその関係性は特別なものになっていく。


婚約したらハネムーンに行って、一緒に暮らし、結婚式の日をを迎えて、家族友人の前でさて「本当に結婚できますか?」となるのだけど、それぞれのカップルの進展が面白いので是非👀


友達グループとワイワイしながら見るのにもオススメです❣️






久しぶりになってしまいましたNetflixフライデー。



_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4778.PNG

この前YouTubeで話したら楽しみにしているとコメントが来て嬉しかったです❤️


最近は映画が続いていたけど、今回はドキュメンタリーを紹介。


いつものようにNetflixをつけたらホーム画面のトップに出てきた番組を見てびっくり。


なぜかというと私がいつも聞いているポッドキャストを運営している会社の番組ができていたから。


もともと興味のあったメンタルヘルスや精神的な話をよくテーマに取り扱っていたので興味深かったし、普段の自分だったら深掘りしないようなことも取り上げていたので新しい世界を垣間見ているようで楽しんでいました。


そこが今度はNetflixで番組を始めたんだからこれは観るしかない!とすぐに再生ボタンを押しました。


私はその日の昼間を費やして全てのエピソードを一気に見た。


そして次の日からまた1日に1エピソードと限って、なにか気になることがあったら一時停止してリサーチしながら見直した。


その番組は「グウィネス・パルトローのグープ・ラボ」




goopはあのグウィネス・パルトローが手がけるライフスタイルブランドで、個人的には独特なハイソな感じが、「んー」となってブランド自体にはそんなに興味がなかったけど、ここがやっているポッドキャストが面白いという記事を読んだので試しに聴いてみたらハマったのが最初でした。


予告編も各エピソードもなかなかインパクトのあるテーマだったけど、ポッドキャスト同様、ひとまずはオープンマインドな状態で見てみました。


世の中って知らないことがたくさんあって、自分が興味持たなかったらその存在すら知らないまま一生を終えることもたくさんある。


なんなら私は知ってる物事の何百倍もを見逃すことに、私は時々焦りを感じることほど(笑)


自分の世界を1番狭めるのは先入観だと思っていて、それを取っ払ったらもっと人生面白くなるだろうし、挑戦もしやすくなる。


なので、新しいことにどんどんダイブして欲しいなという思いも込めて今回はこれを紹介してみました。


良かったら😉




今週も金曜日がやってきました。


1週間が経つのは早いものでびっくりします。



_var_mobile_Media_DCIM_154APPLE_IMG_4778.PNG

今週はおすすめに行く前に、あの大好きなドラマのシーズン3が4月に公開になることを先日出演者のインスタで知りました。


まだ3ヶ月もあるけど、今から楽しみ😍


知ってる人も多いかもしれませんが、あのペーパーハウスのシーズン3がついに🥺


ちなみに私はトーキョーのインスタで知りました。現実世界のトーキョーもかわいい💕


もしまだペーパーハウス見てない人がいるのならば、すぐに、すぐに見て!


ここ数年で1番面白いドラマ!自信を持ってお勧めします❣️


さて今週も映画を紹介します。


私が好きな映画ベスト10に入る作品。


ざっくりしたあらすじはとても辛い離婚をした男性が、ある日発売した人工知能型OSに恋に落ちるという話。


正直私はSF映画があまり好きじゃないので、予告編を見ずにこれだけ聞いたらたぶん「なんじゃそら」と見向きもしないはず。


でもこの映画はあのスパイク・ジョーンズが手がけ、主演は今やジョーカー役で話題のホアキン・フェニックス、人工知能型OS役(声だけの出演)はスカーレット・ヨハンソン。


スパイク・ジョーンズ特有のノスタルジックで優しいような、悲しいような画作りと、ジョーカー役の時とは別人のホアキン・フェニックスの哀愁溢れる演技のコンビネーションでとても美しい映画になっています。


スカーレット・ヨハンソンの声の存在感もすごい。声だけの役なのに強烈な印象を残します。


もう分かっている人も多いと思いますが、その映画は「her/世界でひとつの彼女」です。





さっきも言ったように、色味や画が美しい作品ですが、サントラもいい。


見ていると、日常を忘れてどこか別の世界に連れて行ってくれるような力がこの映画にはあります😌


最近そう思える作品少ないと思うんですよね👀


悲しいんだけど、見終わった後は清々しく、なんだか主人公から強さをお裾分けしてもらったような気分になります。


初見でちょっと飛躍している気が…と思うところも、近年のテクノロジーの進化を考えてみればあながちありえない話じゃないのかもと思ったり、人間の関わり合い方について考えさせられる映画でもあったので是非見てほしいです🌟