2018-03-28-10-56-14.jpg
母の入院のために病院へ付き添いそのまま仕事へ。
こういうとき時間にそんな厳しくない職場で良かったと思う。
駅に向かう途中通った公園が桜満開で、出社前にまたなんか泣けてきたり。
母親の車椅子、初めて押したなぁ。
頑張んないとなぁ。
具体的になにを、とかはわからないんだけどとりあえずできることは全部。
全部ね~。
伊達眼鏡かけてきてよかった、新しく買った1000円眼鏡、あんま似合ってないけど顔を隠すのにはちょうどいいや~

実は今年二回目だ。
一回目は尾てい骨。今回は足。
ワンシーズンに一回骨を折る気かこの人は、と正直笑ってしまったが、
家族がそれにより本気で「母に禁酒させよう」と考え出してしまった。
それはなんか、ちょっと嫌だな、とか思ってしまう。



母が外で飲む回数が増えたのは、父が亡くなってからだ。
亡くなる前は父に咎められていたので自由に飲みにもでかけられなかったし、
父は2年ほど入退院を繰り返し長い闘病の末亡くなった。
それを全部、自分のやりたいこともせず身近で見守り支えたのは他の誰でもない母だった。
子育てを終え、父も仕事をもうすぐ定年で、家も建て替えが決まってて、やっと二人の時間をゆっくりすごせると思った最中。
一生を寄り添うと決めた人が、自分が思っていたよりもずっと早く亡くなること。
それまでの弱っていく時間を一緒に過ごすこと。
それをほぼ一人でやりきったのは母であって、私はそれをした人が自由に飲み歩くくらい、許されてもいいんじゃないのかなと思う。
というか、飲むことでしか消化できない、誤魔化せない気持ちが湧いてくることもある。
私も、いまだにそうだし。
私だって前はこんなに毎日飲んだりしていなかったし(そもそも父が厳しくてそんなに飲み歩けなかった)、昔は家で飲む意味もわからないくらいだったけど、
思い出したり考えたり泣いたり、そういう気持ちがいつまでもお腹の奥底にあって、
ふとした瞬間に悲しくて悲しくて折れそうになって、そういう時間を無くしたくてお酒に頼る。
外で人と飲んで話すのは、最高に気が紛れて楽しいし。
母にそういう時間が増えたのも、しょうがないことのように思う。
とはいえ頻繁に怪我をされるのは家族にとって迷惑この上ないことだというのもわかるので、
できるかぎり私も協力するくらいしかできることはないのだけど………
母の気持ちがわかるだけに、母に危ないからお酒をやめなさい、なんて気軽に言いたくはないなぁと思ってしまうのです。


母は桜が咲く度に、父が生前亡くなる間際、病室で桜を見たがっていた話をする。
兄弟達は「それ何回も聞いたよ」と相手にしないけど、
私はその話をお酒を飲みながら、何年でも何回でも、聞いてあげたいなと思う。
父が亡くなってもうすぐ3年。
あっという間に時間が経ったし私の環境も変わったけど、
3年経ってもまだまだ全然遺族のままだ。マジで一生こんな気持ち抱えて歩くのかと思ったら人生しんどくてたまんない。
でも母は、私以上にしんどくて重い気持ちがあると思うので。
今週末からまた忙しくなる、母のために兄弟と議論で戦わなくてはいけない。
勝負するためのエネルギーを貯めるため、私は今日もお酒を飲むのです………。

駄菓子の王様(別部署の方でした)がくれた駄菓子詰め合わせ、ビニールのリュックになってるんだけど、
2018-03-15-19-45-47.jpg
around30がこれもって電車のるのヤバすぎて一人でゲラゲラ笑ってる(真顔)←(矛盾)
部署の女子に「かなかなさんなら違和感ないですよ」と言われたけど馬鹿にしてるのか?
馬鹿にしてるな!こら!
でもわかるぅ~~私もあんま違和感無いな~と思った~~~~☆
なんならこれだけ背負って帰ってもいいかもしれない。
ほらわたし、ゆるキャラみたいなとこあるし?
ゆるキャラボディだし?(ただのデブ)
デフォルメ顔だし?(ただ薄っぺらのブス)
可愛らしい袋くらいなんも問題ないよね!って思いながら電車に乗ったら自意識過剰系M性癖発動してちょっと気持ちよくなってしまった。
恥ずかしいよぉ……ファンシーな袋持って歩く頭のおかしい女だと思われちゃうぅ………見ないで、いや、もっと見て………!

現実的に考えたら東京CITYの人間はそんなに周囲のこと気にしていないし、
おばさんがファンシーな袋持っていたところで「娘さんの荷物かな?」くらいにしか思われないので(書いてて悲しい)
寂しさを紛らわすために5歳の娘が隣に居る設定で手を繋ぎお話ししながら気持ちよく帰ろうと思います。
都内でそんな私を見かけても、他人のふりなんてしないでくださいね?


(風邪で頭やられ気味ブログシリーズ)

↑このページのトップへ