窓の近くにいるとフワ~っと感じる心地よい風

このぐらいの季節が一番気持ち良いのかな。
秋のはじまる季節も好きだけど、やっぱり夏の準備をする今が好き。
こんな気持ち良い昼下がりに、お気に入りのワンピースを着てパソコン仕事をする私。
・・・今日の私イケてる、なんて心でガッツポーズしながら窓を全開にして身体中で風を感じる。

日々の悩みのちっぽけさに呆れて、この時間を大切にしようって穏やかな気持ち。
キックボクシングにハマっていて週に3回は通っているため、一向に消えてこないアザが可愛くさえ感じてくる穏やかさ。


なんてコーヒーを飲みながら優雅な時間に浸っていた。








???





?????????







なんか焦げ臭い。
そしてうるさい。。。


キッチンをチェックするも、火のついている様子はないし。
なんだろ・・・と思いながら、ベランダにでてみる。




すると、
さっきの焦げ臭さとともに大量の煙が飛んできた。
お気に入りのワンピースなのに。





お隣さんのビルは大きな屋上があり、ちょうどその屋上と同じ目線にある私の部屋。
スパイダーマンがいたら「ホイっ」っとジャンプできそうな距離である。



煙が薄くなった瞬間、30名は余裕で超えるだろう大学生(らしき人たち)が楽しげにびーびーきゅーをしているのが見えた。

びーびーきゅーとはバーベキューのこと。




焦げ臭い理由はこれか。
賑やかな理由もこれか。



片手にコーヒーを握って、煙が充満しているベランダで棒立ちしていると風が煙を連れて行ってくれた。一瞬だけ。

大学生たちが向かいの家のベランダで棒立ちしている私に気づき、ちょっとだけビクッとする。



そりゃそうだ。煙の中からワンピースの女が一人ひょっこりでてきたらホラーものだし。




ニコッと笑い(あ、すっぴんだった)、すぐに部屋に引っ込むのは悔しかったのでほんの少しだけベランダの椅子に座ってみた。
べつに、煙平気です私、みたいな。べつに、一人で優雅な時間過ごしていますし私、みたいな。




容赦なく襲ってくる煙。

風で煙がなくなったとしても大学生たちが一瞬見え、また消えていく。
煙で目が痛くなってきたため、私の目は細く、眉間にはシワがよっていただろう。
煙がなくなるたびに大学生がビクっと驚くのがちょっとおもしろくなってきた。
なんとも性悪な女、神山まりあだ。ぶははははは


楽しそうな声が聞こえてうらやまし・・・じゃなくて、微笑ましい
若い男女なのでお酒でキャッキャ騒ぎ、ショットのコールが飛ぶたびに「ほほほ」と心のなかでマダム笑いしてみる。
バーベキューの匂いは焦げ臭さのなかにもちろんまじり、だんだんとお腹もすいてきた。



私は一人で優雅な時間を過ごしている。
別にうらやましくなんかないし。



・・・うらやましくなんて・・・ないし。



ワンピースの謎の女にみはられているかわいそうな大学生は、私の存在に気づきつつも目の前にあるバーベキューと友達との時間を楽しみ始めた。



煙の中からこんにちはゴッコはもう終わってしまったのか。
ちぇっ





ハッと我に返り、大学生の身になってみて自分の行動がホラー以上に怖いことにきづいた。
いやいや、煙のなかから10分くらいボーっとお向かいさんがみえてたらこわいでしょー
しかも時たま微笑みをうかべて。


いかんいかんと思いながら部屋の中に撤収。

部屋から外を覗いてみる。


たのしそう。



うらやましい。








一人の優雅な時間を過ごす贅沢を感じた初夏の昼間ではあったが、今日の気づきは違う。

こんないい天気の贅沢な日は、お外に出て友達と会う日には最高の日だといことだ。
一人の楽しみ方と大勢の楽しみ方、どっちも贅沢な時間の過ごし方だ。




パソコンをオフにして読む予定だった本をしまう私は、完全に「隣の芝生がめちゃくちゃ青く見えてしまったパターン」である。







今夜は家でお豆腐をやいてほうれん草とナスと食べつつ一杯かなーなんて考えていた。

別にうらやましくなんてない。
ただ、言えることは、豆腐は明日も食べられる。










予定変更


今夜は友達とビアガーデンに行きます。(決定事項)