月別アーカイブ / 2014年10月

この度、G.M. Image Consulting 社会貢献チームによる新しい企画「女子高校生会議室」が始動いたしました。


若い世代に「自信」を持ってもらい、「夢」と「可能性」を見出してほしい。

そんな思いを込めて、スタートしたプロジェクトです。

前例のない企画のため皆で意見を出し合って1からスタートしてまいりました。



開催にむけ、日本の高校生を応援するボランティアスタッフを3名募集いたします。

詳細は下記フォームをご覧ください!


皆で「女子高校生会議室」をつくりあげられたら、これ以上幸せなことはございません★


ご応募、お待ちしております。





「女子高校生会議室」ボランティアスタッフ採用応募フォーム

偉い人から偉くない人へ、


一瞬で変わってしまうこの世の中に一番必要なものってなんなんだろうって考えてみた。





どんなにお金を持っていても、どんなに地位があっても、


一瞬にして空っぽになる可能性はあるのだもの。






私たちは付属品に頼りすぎていると思うのよ。

金、家、服、車、最新の流行、地位・・・・・



もちろんそのおかげで、日常が鮮やかになる。



でもさ、



付属品がからっぽになっちゃったら何が残るのかな。

不変的なものは滅多に存在しないし。




今、あなたがもし人を見下しているのであれば、


今、あなたがもし人を付属品で判断しているのであれば、





次出会う人がターニングポイントのキッカケ。



バックグラウンドなんてその瞬間どうだっていい、目の前の人の目をまっすぐ、しっかり見る。

そうしたらその人の感情や人間性がジンワリ伝わってくるはず。

訴えたいことも、伝えたい話も、人間性までジンワリ伝わってくる。



きっと怖いんだな。

きっとうれしいんだな。

きっと緊張しているんだな。

悲しいのかな。



言葉だけで人生は語れない、目は自分の歴史を直接経験してきた賜物。

だからこそ言葉よりも何よりもハートに伝わってくるのだと思う。





おんなじ人間。

偉い人も偉くない人も、生きている人も死にそうな人もいるこの世の中に、いったい何が必要とされているのだろう。




すばらしい人間はかならずしも偉い人間と結びつくわけでない。




私が思うに、付属品がなくなってもキラキラしている人とは、


・自分と相手が同じ人間であることを知り、

・かっこつけや偽りなしに同じ目線に立ち、

・よそ見をすることなくまっすぐに目をみて話をする   

・偏見なく、一人間として、寄り添える


人だと思うのです。






どんな偉業を遂げた人でも、人を付属品で評価したり差別する人は


いつかスッポンポンになちゃったときに、気づくかもしれない。





これは幸運にも私を愛してくれる人々から学んだこと。

目をしっかり見て、職業も年齢も聞かず、人間性だけで人生をかけようとしてくれる人から学んだこと。



そういえば、

父は今まで一度も私の友人や恋人の詳細を全く聞いたことがない。

相手の目をみて、お話をして、「いいやつだ」というからね。


これって、

父の懐のおっきさと、人間的魅力がギュッと詰まったところだと思うのよ。






人間的魅力よりも、付属品の価値が高まってきた世の中で、いったい本当の判断基準ってなんだろうと立ち止まった時。


すべてを忘れて、相手の目だけを信じてお話してみよう。

なによりも、変わらない価値のあるもの、それは目に表れる人間性だと思うのだ。





偉い人も偉くない人も、お金持ちも貧乏も、幸せな人も不幸せな人も、



同じ目をもつ生き物だからねえ




love, always



Maria

☻ハッピーハロウィン☻

この時期になると、芋栗かぼちゃが食べたくなる。。

そして、この秋冬はハッピーニュースで溢れている、なんだかあったかい冬♥︎


ハロウィン目前で大好きな夫婦の家で
たまらん仔猫発見


{D4D5196B-FDFA-423D-B39A-27168B0E2E73:01}


鼻血。

パパもメロメロ
{E9C81F6C-5428-478C-81FB-C532715956ED:01}


ママもメロメロ。


最高のホッコリをもらって、
ハロウィン先取りして。



ケセラセラな時間はあっという間だったけど、幸せたくさん


さぁ、今年のハロウィンは何になりますか?

どうしよう。
悩む悩む…いひひひひ



↑このページのトップへ