月別アーカイブ / 2014年05月

母に注意されてしまった


眉間のシワさん。

{73CE803C-4668-4B68-B0A5-4951C000A73F:01}

眉間のシワがクセになったら終わりだわ~!!!!


年はとるもので。
綺麗なおばあちゃんになるべく、
今からキチンとケアしなければですな。


むーーーーって考え事している時に自然に出ていたらしい眉間のシワさん。


心配事や悩み事は抱えすぎず、

今の時間を大切に大切に生きたら眉間のシワなんてでてこないはず☻



てことで、もう一生会わないであろう眉間のシワ子。
私は今を生きるのだ!!
またいつか、お会いしましょう!ふふ





皆様、おでこをひろーーーく、素敵なHappy Mondayをお過ごしくださいね☻



Love,


Maria


夜風の冷たさの中でトボトボと
ポーッと考える。



幸せってなぁにーって質問に皆がこう答えたから。

「仕事終わりのビール」

「日曜の寝坊」

「彼氏との長電話」

「お布団に入った瞬間」

「赤ちゃん抱っこした時」



だーれも大規模なこと言ってこないの。
この質問に対して。



そこでね、
やっぱりって思ったわけです。


大きな幸せは、小さな幸せのハシゴを一つ一つ登った後に見える屋上みたいなもんなんだなって。



私は毎朝コーヒー飲む時間が大好き。


私の幸せはこ~んなちっぽけなことだけど、これがなくなったらポッカリと穴があく。
無くても時間を過ごすことはできるけど、朝の数時間はずっとポッカリ穴があいている。


この数時間の中でどれくらいの幸せのハシゴを踏み外しちゃっただろう。

なんだかモヤモヤした気持ちはすべてに反応して、幸せを幸せにしてくれなくなっちゃった。





最近はおかげさまで仕事も頑張ることができ、目標も達成できました。
心の余裕ができた今だからこそ、コーヒーをのむ時間の幸せを大切にしなきゃいけないなぁって思うのです。

そしたらもっと頑張れる気がするの。




毎日を構成する小さな幸せはなんですか?

それは大きな幸せを創るハシゴなんだよ☻





なんて、

みんなの話をきいて夜風に吹かれ、
それでいてホワホワとホロ酔いが気持ち良い。


携帯は鳴っているが、Blogを書くのに夢中。
ごめんごめん




お。
明日は代々木公園でタイフェスだってね☻

カレーを食べる予定だったが、気になりすぎてしょうがない…

最高の日曜日をお過ごしくださいね。
んー、カレーか…タイ料理か…んーーーーーーーー



今年の目標の一つ。


ピアノとお習字をまた再開したいなあ。


お茶も。





小学校の時から習い事は週4か5

ピアノ、お習字、NHKの合唱団



すべてが大好きで、新しい何かを学ぶときの鳥肌が忘れられない。



合唱に関しては10年間、練習や演奏会、海外遠征で土日や夏休みはほとんどなし。

たまにね、あの時の映像を見るのだけど。鳥肌が立つくらい、上手い。

ちびっこ達とは思えない透き通った声をして聖歌や日本の曲を歌う姿はみんな天使みたいだよ。




友達が学校の後に遊ぶ約束をしているのを、いいなーって思ったり

お習字をおさぼりして、月謝を払うときに罪悪感でいっぱいになったり

ピアノの宿題忘れたけど、やったって泣いて言い張ったり

NHK西口まで父が送ってくれる毎週末




子供だもん、もっと遊びたい。




でもね、


休みたいと思ったことはあっても、絶対にやめなかった。

昔の民謡を歌うと喜ぶおばあちゃんがいたし、綺麗な字を書くと壁に貼ってくれる母がいた。

ピアノの演奏で楽しそうに歌う妹もいた。



チビなりのプライドと意地


そして何よりも

何も考えず、ただ毎日の刺激にあふれていた日々

忙しいのが大好きな私は目標を設定し、夢中になるあの時間が大好物だったのだろうな。




学びたいこと、夢中になることをやらせてくれた両親に感謝だね。


私の子供には未来を広げるために、何ができるのだろうって考えちゃう。


子供の可能性は無限にあって、その選択をお手伝いするのが両親。なんて責任重大なのだろう・・・






あの時はなにも考えなかったけど、今考えると心があったかくなる。



またピアノとお習字を再開しよう。

そしたら今度は私が子供に夢中になる楽しさを伝えられるかもしれないからさ。






今日はオフ。

本当は遠くに友達たちと行くはずでしたが、お寝坊さんしちゃいまして、先に行ってもらうという始末。

きっとこのブログを見た友人は怒るのだろうな。ふふふ

はい、ごめんなさい。



習い事云々の前に「神山ーーーーーーーーーーー!!!!!!」と怒る声を全力で受け止めることからはじめたいと思います。ひぇええええええ

↑このページのトップへ